水は生命の源、私たちの体の70%以上は水で出来ています。
また、植物などからいただける水は、限られています。
しかし、塩素などは、植物の栄養素を壊してしまいかねません。
より自然な水は、最も人にとって必要です。
料理には、水が必ず必要です。
食と水は、離して考えることは出来ないほど重要な要素です。 
日本の水の多くが軟水で、古来から我々は、軟水で生活し、硬水は、我々日本人には、不向きだと思われます。
ヨーロッパなど硬水の食文化と違い、日本人の古来からの食文化は、軟水を基本として発展・伝承されてきました。
水の硬度を極力上げず、マイナスイオンを多く含む水が、日本人にとって、理想的な水であると思われます。
硬水は、カルシウム・マグネシウムを多く含み健康に良いと思う方もいるかと思いますが、飲料水・調理用としてそのままで使ったり、飲むことはお勧めいたしません。
また、軟水よりも水そのものが、柔らかくなく、食器洗いや入浴の際、肌荒れになる可能性もあり、また汚れが落ちにくいなど、洗髪・洗浄等に適していません。
調理においては、食材が硬くなり、ご飯なども柔らかく炊き込むことが困難であり、食材そのものの、旨みや美味しさを引き出せないなど、硬水そのままの状態では、煮炊き物には、不向きな水であり、軟水に慣れ親しんだ、日本人にとって飲料水としても不向きなのです。
近年、諸外国から飲料水が輸入されてきていますが、極力、硬度の低い数値の物を、ラベル等で確認し、使用する事をお勧めいたします。
硬水で、調理する場合は、そのまま使わず、硬水を軟水にかえる事が必要です。
ヨーロッパの人々のように、硬水を軟水のように、変化させる方法として、スープストックを作り使用するなどの工夫が必要です。
写真: 水は生命の源、私たちの体の70%以上は水で出来ています。
また、植物などからいただける水は、限られています。
しかし、塩素などは、植物の栄養素を壊してしまいかねません。
より自然な水は、最も人にとって必要です。
料理には、水が必ず必要です。
食と水は、離して考えることは出来ないほど重要な要素です。 
日本の水の多くが軟水で、古来から我々は、軟水で生活し、硬水は、我々日本人には、不向きだと思われます。
ヨーロッパなど硬水の食文化と違い、日本人の古来からの食文化は、軟水を基本として発展・伝承されてきました。
水の硬度を極力上げず、マイナスイオンを多く含む水が、日本人にとって、理想的な水であると思われます。
硬水は、カルシウム・マグネシウムを多く含み健康に良いと思う方もいるかと思いますが、飲料水・調理用としてそのままで使ったり、飲むことはお勧めいたしません。
また、軟水よりも水そのものが、柔らかくなく、食器洗いや入浴の際、肌荒れになる可能性もあり、また汚れが落ちにくいなど、洗髪・洗浄等に適していません。
調理においては、食材が硬くなり、ご飯なども柔らかく炊き込むことが困難であり、食材そのものの、旨みや美味しさを引き出せないなど、硬水そのままの状態では、煮炊き物には、不向きな水であり、軟水に慣れ親しんだ、日本人にとって飲料水としても不向きなのです。
近年、諸外国から飲料水が輸入されてきていますが、極力、硬度の低い数値の物を、ラベル等で確認し、使用する事をお勧めいたします。
硬水で、調理する場合は、そのまま使わず、硬水を軟水にかえる事が必要です。
ヨーロッパの人々のように、硬水を軟水のように、変化させる方法として、スープストックを作り使用するなどの工夫が必要です。


takano cafe Restaurant
(健康食工房たかの)は石川県金沢市にある、
心と身体が癒され内側から元気にをスローガンに掲げる
Vegan Macrobiotic food
(ヴィーガンマクロビオティックフード)
のカフェ食堂です。

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm