金沢の山の麓にクマが出てきているようです。
先日も、こんなところに出たの?
と思うような所(里山の麓)にクマが出て、
ウォーキング途中の方が、顔や手を噛みつかれた事件(軽傷)がありました。

今、癒しを求めて山歩きや、癒しスポットに出かける方が増えています。

まだ・・・生死にかかわるような大きな事故等は報告されていませんが、クマが出てきているようです。

彼らにとっては、我々は縄張りを汚す邪魔者でしかありませんから、
出くわすと攻撃されるわけです。

クマは臆病と言いますが、臆病と言うことは、すぐにパニックとなり、人を襲うのです。

要するに、攻撃は最大の防御と言うことでしょうか?

普段はどんぐりなどを食べているクマですが、
一度人を襲い味を覚えてしまうと・・・・とても危険なクマとなってしまうため、
クマ狩りが必要になるようです。

① 森に餌が無く、山から餌を求めて降りてくる。

② たまたま人と会い、恐怖から襲う。
③ 危険なクマへと変化する。

④ クマ狩り。

⑤ クマの数が減り、クマ絶滅に近づく。

と去年でもクマの話題が全国で報道されていました。

なぜ森に餌がないのか・・・・・木が生い茂っているのにと思う方もいることでしょう?

でも山の森は、殆どが人工林・・・杉なのです。

人が立ち寄らない山の奥に行っても、杉が目立ちます。

それは、人がどんぐりなどの木をなぎ倒して、杉を植えていったためです。

そのため、動物たちは餌がなくなり、山奥へと追いやられることとなりました。

でもその山の上ではどんぐりなどは育ちません。

少ない餌を探して食べなければいけないのです。

この所の異常気象により、只でさえ少ない木の実が全くない状態だと、
動物たちは山から下りてきます。

クマ・・・イノシシ・・・鹿・・・
そして、農地を荒らしたり、ごみを荒らしたり、果樹園を荒らしたりするのです。

そして、たまたま・・・山の近くにいた人を襲うのです。

私は、山が大好きです。

森林浴は、森林成分・・・フイトンチッドが多く、癒されます。

しかし、最近山には近づかないようにしています。

街中の自然を楽しむようにしています。

そうそう・・・・

店は金沢の街の中の

 

住宅地、クマは来ないので安全です!




tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト