この画像は、無農薬自家栽培の生姜です。
この前は、梅醤番茶の作り方をここで紹介いたしました。
そこで、今回はそれに含まれます「生姜」について語りましょう
私の店「自然食穀菜食の食堂 健康食工房たかの」では、いつの時期でも使えるように生姜収穫後、冷凍庫で丸ごと保存しています。
生姜は、昔から殺菌作用や冷え性対策や湿布の素材や食中毒の予防などとして、利用されてきた歴史があります。
その有効な成分の殆んどは、皮の近い部分(皮と言っても良い部分)にあり、生姜は皮ごと使うのが理想です。
主に有名な成分は、「ショウガオール」「ジンゲロール」です。

ジンゲロール:生食で直ぐに利用しないと効果が無い。
(血管拡張・血流・消化機能補助・血液循環改善)

ショウガオール:ジンゲロールを加熱するとショウガオールに変化。
(血管拡張・血行改善・冷え対策)

今、寒い時期、生姜がブームですが皮ごと利用することをお勧めします。

写真: この画像は、無農薬自家栽培の生姜です。
この前は、梅醤番茶の作り方をここで紹介いたしました。
そこで、今回はそれに含まれます「生姜」について語りましょう
私の店「自然食穀菜食の食堂 健康食工房たかの」では、いつの時期でも使えるように生姜収穫後、冷凍庫で丸ごと保存しています。
生姜は、昔から殺菌作用や冷え性対策や湿布の素材や食中毒の予防などとして、利用されてきた歴史があります。
その有効な成分の殆んどは、皮の近い部分(皮と言っても良い部分)にあり、生姜は皮ごと使うのが理想です。
主に有名な成分は、「ショウガオール」「ジンゲロール」です。

ジンゲロール:生食で直ぐに利用しないと効果が無い。
(血管拡張・血流・消化機能補助・血液循環改善)

ショウガオール:ジンゲロールを加熱するとショウガオールに変化。
(血管拡張・血行改善・冷え対策)

今、寒い時期、生姜がブームですが皮ごと利用することをお勧めします。

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm