私の店では、ごはんを「発芽玄米のご飯」と「白米に近いご飯」から選べるようにしています。
殆どの方が「発芽玄米のごはん」を選ばれますが、体調やお好みにより選択できるようにしているのです。
画像は、「白米に近いご飯」ですが、実際は、玄米を70%精米した少し色がついているご飯です。
精米機を購入して毎朝精米して炊飯しています。
以前は「白米に近いご飯」に、雑穀や押し麦を入れたりしていたこともありますが、それでは麦アレルギーの方や消化系の弱い方にはやさしくないと思い、「白米に近いご飯」には何もいれずに炊飯しています。
玄米を食べる基本「ペースト状になるまで噛んで唾液と絡めて頂く」それが出来れば消化系の弱い方でも頂けると思いますが、そこまで噛んで食べれる玄米食の達人は今は少ないと思われます。
では、話が出たところで玄米の効果を最大限に出せる食べ方を語りましょうか?
マクロビオティック 玄米菜食 穀物菜食の食べ方で、避けることの出来ない常識的な食べ方があります。
それは最大の基本であり、常識すぎる域であるために、各種セミナーや書籍でも、良く説明されていない場合があるため見落とす方もいるのです。
それは、「良く噛んで唾液と混ぜ合わせて食べる」ことなのです。
特に、効果を最大限に必要とされる方や、病気治しなど治療の一つの要素としてドクターの支持の元、マクロビオティック食事法を実践されている方、食養生で、この食事を召しあがっている方には、特に食べ方は重要なのです。
玄米に限らず、全ての食べ物、口に入れて喉を通す液体に至るまで、唾液と混ぜ合わせて、固形物ならペースト状になってから喉に流します。
固形物を一口口の中に入れたら、一旦、箸を下に置き、最低40回以上、良く噛んで唾液と混ぜて頂くのです。
理想的には、噛んでいる間に液体状になり、自然と喉に流れて行く感覚です。
液体の場合は、一口口の中に入れて、噛むように良く唾液と混ぜ合わせて、人肌かそれよりも少し高い温度で喉に流します。
極端に熱すぎる温度や冷たすぎる温度の物を急に喉に流さないのも理想です。
上記の食べ方のように良く噛んで食べれない場合は、玄米を消化吸収の良い発芽玄米にするなど調理工夫すれば良いと思います。
私の店ではこのことも踏まえて、オープン当初から白米感覚で食べても良いように「消化吸収の良い発芽玄米」をお出ししているのです。

因みに、上記のこれでもかと噛んで食べる食べ方は理想的な食べ方ですが、特別な場合を除き、健康であるならば、そんなにも神経質に考えなくても良いと思いますのであしからず・・・・

写真: 私の店では、ごはんを「発芽玄米のご飯」と「白米に近いご飯」から選べるようにしています。
殆どの方が「発芽玄米のごはん」を選ばれますが、体調やお好みにより選択できるようにしているのです。
画像は、「白米に近いご飯」ですが、実際は、玄米を70%精米した少し色がついているご飯です。
精米機を購入して毎朝精米して炊飯しています。
以前は「白米に近いご飯」に、雑穀や押し麦を入れたりしていたこともありますが、それでは麦アレルギーの方や消化系の弱い方にはやさしくないと思い、「白米に近いご飯」には何もいれずに炊飯しています。
玄米を食べる基本「ペースト状になるまで噛んで唾液と絡めて頂く」それが出来れば消化系の弱い方でも頂けると思いますが、そこまで噛んで食べれる玄米食の達人は今は少ないと思われます。
では、話が出たところで玄米の効果を最大限に出せる食べ方を語りましょうか?
マクロビオティック 玄米菜食 穀物菜食の食べ方で、避けることの出来ない常識的な食べ方があります。
それは最大の基本であり、常識すぎる域であるために、各種セミナーや書籍でも、良く説明されていない場合があるため見落とす方もいるのです。
それは、「良く噛んで唾液と混ぜ合わせて食べる」ことなのです。
特に、効果を最大限に必要とされる方や、病気治しなど治療の一つの要素としてドクターの支持の元、マクロビオティック食事法を実践されている方、食養生で、この食事を召しあがっている方には、特に食べ方は重要なのです。
玄米に限らず、全ての食べ物、口に入れて喉を通す液体に至るまで、唾液と混ぜ合わせて、固形物ならペースト状になってから喉に流します。
固形物を一口口の中に入れたら、一旦、箸を下に置き、最低40回以上、良く噛んで唾液と混ぜて頂くのです。
理想的には、噛んでいる間に液体状になり、自然と喉に流れて行く感覚です。
液体の場合は、一口口の中に入れて、噛むように良く唾液と混ぜ合わせて、人肌かそれよりも少し高い温度で喉に流します。
極端に熱すぎる温度や冷たすぎる温度の物を急に喉に流さないのも理想です。
上記の食べ方のように良く噛んで食べれない場合は、玄米を消化吸収の良い発芽玄米にするなど調理工夫すれば良いと思います。
私の店ではこのことも踏まえて、オープン当初から白米感覚で食べても良いように「消化吸収の良い発芽玄米」をお出ししているのです。

因みに、上記のこれでもかと噛んで食べる食べ方は理想的な食べ方ですが、特別な場合を除き、健康であるならば、そんなにも神経質に考えなくても良いと思いますのであしからず・・・・
http://kirameki-takano.com/
たかのホームページ
http://facebook.com/kiramekitakano
たかのフェースブック

(たかの)モバイルサイト

たべログ
(たかの)モバイルサイト


(たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト



IMG_3318

店舗情報

健康食工房たかの TAKANO
None of our dishes contain any white sugar, animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.We also use purified water in our cooking.
説明
メニューは全て、マクロビオティックに対応出来るように、肉・魚介類・卵・乳製品(バター・乳発酵食品も全て含む)動物性食材・白砂糖・化学調味料も一切使用しておりません。
 
幻の無農薬玄米「イセヒカリ」と農薬など使わないで大切に育てた元気じか栽培野菜を中心に使っています。
 
大手マクロビオティック食材問屋「オーサワジャパン」「ムソー」などの最も信頼できる
食材や調味料を贅沢に使い、塩や油や洗剤に至るまで厳選されたものを使っています。
 
店全体・建物全体の蛇口から浄活水(ナチュラルミネラルウォーター)が出るようにしており、生命の基本である水にこだわらなければ、全てが無になるとの考えから、
生き物にとってもっとも大切な水にも力を入れております。

マクロビオティック・ベジタリアン・ビーガンに完全対応しているランチやディナー並びに、お弁当やオードブルなど多種のサービスを提供しており、オープン時間から閉店時間まで区切り無く1日を通してご利用頂けます。

デザートも乳製品・たまご・白砂糖・バター・乳発酵食品・ゼラチン・至るまで一切使わずに、とても美味しいスイーツをご用意しております。

普段着で気軽に来ていただくお店、赤ちゃんをお連れの方でも安心してご利用頂いております。


http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

☆None of our dishes contain any white sugar, 
 animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.

Everything we serve is suitable even to strict vegetarians. We also use purified water in our cooking.

SHOP HOUR:AM11:00~PM8:00(Can be extended.) 

SHOP HOLIDAY:SUNDAY 
(Subject to change according to month. See sign at store front or visit our web page.)

PARKING:FOR 2 CARS SEATS:14 OR LESS (You can reserve seats by making reservation.)

KENKOUSYOKUKOUBOU TAKANO (MACROBIOTIC) VEGAN RESTAURANT (Vegetarian)
  
TEL:076-263-7730(Japanese only.)

ADDRESS:3-11-22 MITUKUCHISHINMACHI, KANAZAWA, ISHIKAWA  

http://kirameki-takano.com/english.ht

以下 関連ページ

https://plus.google.com/103744021747454451140/about?gl=jp&hl=ja

http://plus.google.com/100851495819946928604/posts

http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_18.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_60.htm

http://kirameki-takano.com/

http://kirameki-takano.com/new_page_104.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_99.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_23.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_35.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_26.htm

http://www.facebook.com/kiramekitakano

http://kirameki-takano.com/indexjiyousui.html


http://kirameki-takano.com/english.htm


http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/takanokanazawa/

http://r.tabeni.co/kirameki-takano/


http://t.tabeni.co/profile/kirameki-takano


http://blog.livedoor.jp/kanazawa_takano/

http://takanokanazawa.cocolog-nifty.com/blog/

http://oseti.rdy.jp/

http://deli.noob.jp/


http://rp.gnavi.co.jp/6116050/

http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A