IMG_9078IMG_9081無題 1ccccmmmm2020 neu panfu1
20日から完全に、テイクアウト予約に切り替えて数日が経ちます。
テイクアウトは予約制です。
厨房内で常に作業しておりますが、店の玄関ドアは、ご予約指定時間以外は施錠しております。
We serve takeout only.
出前は、金沢市内、自宅療養待機している方も沢山いることから、受け渡し感染しかねないので当分の間お休みにしています。
三密を避ける為に、テーブルを全て四隅に移動、お客様が全くいない店の中がこんなに広かったのか?
店内でのお食事提供は完全休業です!
テイクアウトは、維持費だけでも出れば?との思いでやってます。
皆が流行病に向き合わないと、海外のようなことになってしまいます。
人の集まりは少人数でも避けなければいけません。
行かないで!と感染専門の先生がお願いしているにもかかわらず、帰省されたり、旅行されたり、商店街が大賑わいだったり、田舎の観光スポットに人が集まったり、自分だけよければ良い、自分は大丈夫、と言う感覚の方々の行う行為、地元パチンコ・飲み屋が休業だから、隣町パチンコ・飲み屋へ行こう!と移動するのと変わりありません。
でもそういう行為を平然とされる方々に、いくら常識論で諭し、分かって頂けるだろうとお願いしても意味は持ちません。
脳内麻薬とも言われているホルモン分泌に依存しており、頭のどこかではいけないことと理解していても、それらによる「救い・快楽・癒し」に負けてしまうのです。
より、確実な手段により行動抑制しない限り難しいものとも思います。
感染抑制に協力しないと、医療崩壊と言っても良いレベルなのですから、本来助かる人も助からない、海外のようになってしまう。
今、実際に、感染を疑う症状の方が日に日に増加傾向にあり、感染か感染否かの検査にも限界数、それに伴う手続き、感染者受け入れにも困難を極めるなかで、なかなか調べてもらえずに、待機させられ、適切な医療サポートがしてもらえずに急速に症状が悪化し手遅れになる方も増え始めているようです。
新型ウィルスと戦っている医療従事者の方々は、身体を休めることも出来ず、危険なウィルスが蔓延している医療現場の中で、身を守る防護服や高機能マスクや医療用ゴーグルも充分ないままに大変なご苦労をされています。
防護服、n95マスク、医療用ゴーグル等の着用は、身の安全を守るために最低限必要なものですが、身体に多くの負担を与えるものです。
今地域によっては、コンサートホールなどの大型施設にベッドを数千人並べると言う計画も・・・そこまで深刻なんです・・・
金沢市も安全ではない、感染率は全国で2番目に高いんです。

テイクアウトは通常のメニュー汁物以外お持ち帰り可能です。
味噌汁は容器をお持ちの方にはサービス致します。

メニューは下記のリンクをご参考ください。
https://kirameki-takano.com/2020%20neu%20panfu1.jpg

健康食工房 たかの
自然食・ヴィーガン・ベジタリアン・マクロビ
金沢市三口新町3-11-22
電話:076-263-7730
https://kirameki-takano.com