金沢市 お野菜たっぷり穀菜食堂 私は自然食料理人ベジにマクロビクッキング

金沢市で自家栽培の野菜を中心に無添加のお料理とお弁当・オードブル・おせちなどを手掛ける植物性100%の自然食ベジタリアン・マクロビオティック、ビーガンレストランの自然食料理人TAKANOブログ。

novembre 2011

穀菜食(マクロビオティック)をお客様に提供する時に、注意していること,

それは、料理に、動物性(肉・魚・鳥・卵・乳製品など一切の動物性素材)
や、科学的に不自然に合成された食材・調味料等が、
一切混入しないようにしなければいけないと言うことです。


主食は、粉食(パンなど)ではなく、玄米や雑穀、あるいは、ご飯に雑穀を混ぜた物など
粒食でなければいけません。

私の店では、10年前のオープンの時から、

より自然に栄養を吸収しやすいように、玄米は発芽させてから使っています。
(当店では、玄米そのままでは、消化されにくいため発芽させています。)

調味料が安全な物であることは言うまでもありません。

調味料は天然醸造のものを使う事が基本で、味噌・しょうゆは、二夏熟成した物で、
自然海塩を使用し、素材も厳選された安全なものでなくてはいけないのです。

洋風にアレンジした料理であっても、我々日本人のマクロビオティックの調理には、
日本の伝統調味料、味噌しょうゆ等を、使うことが常識です。

そして、科学的な調味料や砂糖(単糖類:白砂糖・黒糖・・・・・)などは、一切使わないことこれも常識!

まだまだ挙げるときりがありません・・・・・・・

まず、料理のMENUに、肉料理・卵料理・乳製品の料理などがあると、穀菜食を提供するには、
多くの場合非常に難しいのです。


要するに、マクロビオティック以外のMENUがある場合、非常に難しいと言うことです。


なぜなら、どんなに注意していても、混入しないとは言い切れないからです。


そして、それらのメニューがある場合、全て調理器具等をその都度、変えなければいけないのです。

また、マクロビオティックの調理食材は、一般の食材と違い極めて安全な物を使い、コスト:原価がかなり上がるのです。


調味料などは、一般のレストランの物より倍近く、価格的に違ってきます。


無論、米や雑穀などの食材も一般の物よりも高額です。

ごく一般的なMENUがある場合、その使い分けがスムーズに出来なければいけません。


ちょっと、しょうゆや味噌が足らないからと言って、一般の物を使うのはNOとなります。


米が底をついたと言って、一般の米を使うのもNOです。

又、一般の食材・調味料等が手元にあると無意識のうちに使う場合も考えられます。


それを、使ってしまったら、もはやその料理は穀菜食(マクロビオティック)の料理ではなくなっています。


鍋に、調理器具に混入すれば、穀菜食(マクロビオティック)ではないのです。

一般の安い油(色々なケミカルが入っている物)に間違って入れてしまってもNOです。

上記にも明記しましたが、動物性の物を扱うのであるならば、
まな板や、鍋、調理器具をそのつど、一切変えなければいけません。


そして、常識ですが、同じ油に入れることは、絶対に避けなければいけないのが基本です。

レストランで、一般の調味料等がある場合、お客様の信用問題も生じてきます。


マクロビオティック料理・マクロビオティック食材以外の物のMENUや動物性食材のメニューが、
通常通しで、店にある場合、お客様の殆どは、声には出さないまでも多くの場合、店を信用してくれません。

私の店には、動物性の料理(牛・豚・鳥・魚・卵・乳製品等、全般)のMENUは、ありません。


砂糖などの単糖類も、安いケミカルの入った油も、一般のケミカルが沢山入った安い調味料も、農薬の入った米もおいてありません。

純粋なメープルシロップやてんさい糖でも、、穀物から出来た糖より単糖が多く入っているため
使用する場合は、とり過ぎないように注意が必要です。


無論、わたしの店では甘味は野菜や穀物からの甘味と水あめの甘味以外使いません。


マクロビオティックのレストランやマクロビオティックのレシピ本の中には、一般の人にも甘みをわかって頂くために、やや単糖の多い、純正メープルシロップや純正甜菜糖を使っている場合もあります。


からだにやさしい穀物から出来た穀物甘味料を主にすることが、もっとも理想です。

お客様の中には、とても敏感な方がいます。


そして、穀菜食をされている方でも、色々な考え方を持った人達がいます。


そのお客様全てを対象と考えた時、それほど注意しないと、穀菜食の料理をお客様には提供出来ません。

また、お客様が穀菜食を求めて食事されてくる以上、厳格に上記の事、を守らなければいけないのです。


でなければ、お客様が穀菜食の料理を求めて食べに来る必要はなくなります。

それほど注意が必要な調理法なのです。

また、水が良くなければ、全てのお料理がだめになってしまいます。


水道水をそのまま使っていたのでは、NOです。


自然に近い水を使わなければ、天然名水に近い水を食材の下ごしらえから使わなければ
穀菜食(マクロビオティック)の料理は、出来ない物と思っております。


当店では、お客様に健康で優しいお料理をお出しするために、

最も安全で、天然名水の品質ナチュラライザーの水で、全てのお料理を調理いたしております。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私の食堂「健康食工房たかの」に初めてご来店のお客様から良く、
「お店のおすすめは何ですか?」とお尋ね頂きます。

私は、セットメニューをお勧めいたします。

なぜかと言いますと、
セットメニューにはいろいろなお料理がついているからです。

良く、初めてご来店の方の中には、とりあえず単品をご注文頂く方が多いのですが、
ハンバーグやグラタンと言いましても、お肉やミルクは使っていませんので、
それらをイメージされている方には、初めてのお料理であると思います。

普段から穀菜食に食べなれている方からは好評を得ておりますが、
普段、お肉やこてこてのラーメンや、ジャンクフードやお砂糖いっぱいの食生活をされている
お客様には、優しすぎる味わいである場合もあり、戸惑いを感じられる方もいることでありましょう?

単品料理の場合は、お口に合わない時でも、
単品と言う性質上、それのみを食べなければいけない事になります。

セットメニューならば色々なお料理をお召し上がりいただけるので、
その中に、ご自分にあった食べ物を見つけられる事でしょう?

ですので、初めてご来店の方、
或いは穀菜食をお連れの方にお勧めされる方には、
弊店のセットメニューをお勧めいたしております。

特に、お連れの方・・・・・例えば彼氏やパートナーに、
穀菜食を提案する目的等で弊店をご利用のお客様には、
単品ではなくセットメニューをお勧めいたします。

性格の不一致と食の不一致は、長い目で見る時、致命的な相性に響くものです。

彼氏やパートナーとの少しでもの繋がりが見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私は、健康的なお料理をお出しする食堂を始めるに当たり、まず、水を探し求めました。

水が良くなければ全てのお料理が生活がすこやかにとはいかない事を悟ったからです。

そして、マクロビオティックを通して巡り合ったのが、ナチュラライザーと言う浄水器でした。

正式な製品名は、ナチュラライザー煌水(きらめき)といいます。

このお水は素晴らしく、日々の生活そして、レストランでの使用と恵みを頂いています。

そして、健康的な生活を通してのご縁から、ナチュラライザーの製造元の社長さんご家族と親しくなり、お店のオープンの2000年から、代理店としてナチュラライザーを販売してきました。

この素晴らしいお水に喜んでいただいている方は数多く、今まで様々なお客様にこのお水をお渡ししてきました。

より自然に近い水、天然名水品質に近い水を得るには、浄水器だけでは、安全な水質を得られますが、水をろ過するだけで水本来の機能的な力を甦らすことは難しく、また、磁気活水器だけでは、磁気を発生させてその中を水を通すことにより、水の分子(クラスター)を整え水がまろやかになったりと機能的な水になりますが、農薬や鉛やトリハロメタンやダイオキシンや塩素などは除去出来ず、そのまま蛇口から出てからだに取り入れることになります。

双方の特性を合わせた水が使えるものが最も望ましいと思います。

ナチュラライザーの浄活水システムでは、浄水能力は優れ、活水能力も優れた水が出てきます。

大きな視野で全体を見て、かたよることなく、天然名水に近いお水を追い求めて作られているのです。

ナチュラライザー煌水(ナチュラライザー煌:浄活水器)は、奇跡の水を作ったのではありません。

ただ、自然のろ過システムをお手本に、人にやさしい水とは何かを追い求めて作られているのです。

出てくるお水は、素晴らしく、市販のナチュラルミネラルウォーターを買う必要はなくなります。

水割りなどを出されるカフエでも、ナチュラライザー煌水で、満足頂いています。

日々の健康・水と食を考えましょう。

水は私たちの体を内外から浄化し、健康をも、左右する大切な物。

私たちの体の大部分は、水から出来ています。

良い水が無ければ食も、健康も成り立ちません。

まず健康と美容を考えるのなら、水環境の改善が重用です。

良い水・自然な水 それが全ての基本水は生命の源・・・良い水に巡り会える事は、人にとっても、動物にとっても、植物にとっても命あるものにとって、とても大切なことだと思います。

誰でも間単に始められること、まず、お水の改善から始めませんか?

販売する私自身、日常の生活と自然食レストランにと使い続けて10年以上この水の良さを実体験し、自信を持ってお勧めしています。

今まで様々なお客様とご縁があり、この素晴らしいお水をお渡ししてまいりました。

このお水無くては健康的な食事や生活はありえませんでした。

今、巷には様々な浄水器が溢れていて、出来ては消えと入れ替わりが激しく、10年以上継続している浄水器は珍しいともいえます。

ナチュラライザーは、改良されグレードが上がって行くのはもちろん、10年以上、長く続いている安定した浄水器(浄活水器)ともいえます。

コンセプトは、人に優しい水であること・・・
自然に近く天然名水に近い品質である事・・・・

自然界に存在しない水は作り上げない・・・・
巷では、マイナス還元電位(酸化還元電位)の事ばかり気にする人がいるけれど、遺伝子組換えの自然界に存在しない作物を敬遠する人は多いのに、自然的でない数値までに変化させた水をなぜ追い求めるのですか?

科学的な食材や調味料や添加物を敬遠するのに、自然的でない水をなぜ追い求めるのですか?

何千年と昔から先祖伝来住まいする自然水に癒されて我々は生活し、身体を作り上げてきた・・・・体が無意識のうちに求める水。

我々は知らず知らずのうちに、自然に近い清らかな水を追い求めてきている。

水は全ての基本となるもの・・・・大切な水だから、妥協はしない・・・・

日々の生活を清らかなナチュラルなお水でお過ごしください。
やさしい良いお水は潤いと安らぎを与えてくれることでしょう。

当店では、出来るだけお得に! お届けしています。

自然で素晴らしいお水と料理の鉄人から病院の先生・お茶の先生・お花の先生
美容師の先生・敏感肌のお客様・・・・・・
美味しいお水を思いっきり使いたい健康を追い求める多くの方に喜んで頂いています。

沢山の笑顔に包まれて・・沢山の笑顔を届けたいそれを「たかの」は願っています。

ご興味のある方は、弊店のホームページをぜひご覧ください。
2Picsdaweture4

健康食工房たかの「ナチュラライザー煌(きらめき)」のページ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私は、自然食・マクロビオティック、穀物菜食と言われている食事をお出しする食堂を開業するに当たり、まず自然に近いそれも天然名水に近い水環境を探し回りました。
なぜなら、水が健康的で調理に適していないものでは、私の理想とする食事はお出しすることが出来ないからでした。
その当時、巷では食材・調理手順に、凝っていても、まだ多くの飲食店や健康に関心のある方々の間でも、肝心の水にまで凝っていた方は少なかったのです。
しかし、水は、命の源・健康をも左右する料理には欠かせない物の一つです。
健康にあまり関心の無い人でも料理に携わっているプロは、水一つで味が左右される事を知っていましたが、水の性質により健康おも左右されるかも知れないと言う事に関心が行き届いてない時であったのです。
しかし、健康に真剣に取り組んでいる人たちの中には、より自然で、尚且つ安全で、清らかな水を、追い求めていた人たちはいました。
水はとても大切なもの生命のあるものは、水を常に利用し、からだに取り入れ続けなければいけません。
その長い時間の中で、良いお水を使い続けることが出来ることはとても素晴らしいことだと思います。
水道水に含まれる塩素などは、植物の栄養素を壊す働きがあります。
せっかく高額な、野菜を買っても栄養素が壊されたのでは意味がありません。
また、それに含まれる塩素や重金属は、私たちの体の中で、色々な悪さをします。
今でこそ、お水に関心のある方々が増えてきてはいますが、その当時はまだまだ水環境の改善までには至らない方が多かったのです。
そんな時代背景で、より良いお水を探し求めるのはとても大変でした。
しかし、偶然のご縁から、素晴らしいお水を出会ったのです。
それは、「ナチュラライザー」という浄活水システムでした。
それを通して生まれる蘇ったお水は素晴らしく、まさしくこのお水無くしては健康的な食事は作れないとも思ったほどでした。
そして、この素晴らしいお水を生み出す「ナチュラライザー煌(きらめき)」を多くの方々に御紹介し、私自ら販売してきたのです。
弊店:「健康食工房たかの」から今までナチュラライザー煌(きらめき)をお買い上げ頂いた方々から、喜びのお声を沢山いただいており、このお水の素晴らしさを多くの方たちと分かち合えたことにとても感動をしています。
より自然に近い水、天然名水品質に近い水を得るには、浄水器だけでは、安全な水質を得られますが、水をろ過するだけで水本来の機能的な力を甦らすことは難しく、また、磁気活水器だけでは、磁気を発生させてその中を水を通すことにより、水の分子(クラスター)を整え水がまろやかになったりと機能的な水になりますが、農薬や鉛やトリハロメタンやダイオキシンや塩素などは除去出来ず、そのまま蛇口から出てからだに取り入れることになります。
双方の特性を合わせた水が使えるものが最も望ましいと思います。
ナチュラライザーの浄活水システムでは、浄水能力は優れ、活水能力も優れた水が出てきます。
大きな視野で全体を見て、かたよることなく、天然名水に近いお水を追い求めて作られているのです。
ナチュラライザー煌水(ナチュラライザー煌:浄活水器)は、奇跡の水を作ったのではありません。
ただ、自然のろ過システムをお手本に、人にやさしい水とは何かを追い求めて作られているのです。
出てくるお水は、素晴らしく、市販のナチュラルミネラルウォーターを買う必要はなくなります。
水割りなどを出されるカフエでも、ナチュラライザー煌水で、満足頂いています。
水は生命の源であり、動物や植物、目に見えない微生物に至るまで、
その体内に水を保有しています。 
私たち人間の身体も約70%が水で占められ、その水が様々な働きをしています。 
しかし、水の安全性にこれまであまり関心が払われなかった我が国でも自然破壊の急激な進行や、環境変化に伴って、水道水に含まれている塩素や化学物質、鉛などが身体に影響を及ぼす汚染物質などが問題となってきています。
ここで紹介する画期的な浄活水装置Naturalizer煌水(ナチュラライザー煌水)は、従来の水処理法とは異なり、「安全で最も自然水に近い水」の創造に成功しました。
それは、「磁場共鳴浄活水法」と呼ばれるもので、6種類からなるろ材が、水道中の不純物をほぼ完全に除去すると同時に、水そのものを蘇生させ、限りなく湧き水に近いアルカリイオン水を創りだします。
「ナチュラライザー煌水」は、まさに21世紀の健康で快適なライフスタイルを支える必需品として、無限の可能性を秘めています。
天然石・天然鉱石(泰澄石・麦飯石・磁鉄鉱石等)を使っている天然名水品質の水(日本人に適した軟水)水のクラスター(分子)が、小さく整うため、細胞に浸透しやすく表面張力が低く、溶解力に優れた究極の水に蘇生します。
この水と出会って10年、今まで、沢山のお客様とご縁があり、良いお水をお渡ししてきました。
販売する私自身、日々の生活・仕事にと使い続けて10年以上この水には自信があります。
もう直ぐ10周年感謝をこめての販売です。
全ての物には、ストーリーがあり、それを生み出した心が宿っている。
それは、実際に、日々使い続けなければ解らない、日々使い続け、この水で生きている。
この水に助けられ、自らその水の恵みに支えられている。
だから、お客様に自信を持ってお勧めできる。
心のこもったアドバイスも出来る。
お水の事に関心のある方、水環境を改善しようと浄水器を探している方、ぜひ当店からお買い上げください。
良いお水を心行くまで贅沢にお使い頂けます。
日常を清らかなナチュラルなお水で過ごしましょう!やさしい良いお水は潤いと安らぎを与えてくれることでしょう。

ナチュラライザー 煌 (きらめき) 浄活水器に興味を頂いた方は、下記ページでもっと詳しく知ることが出来ます。
そして、そのページからお問合せ・そしてお得にご注文も出来ます。
ぜひ、ご検討頂ければ幸いです。 素晴らしいお水です。 
このお水にご縁がありますことを心からお祈り申し上げます。

ナチュラライザー煌(きらめき) 浄活水器
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お味噌汁はとても健康に良いのです。

でも今、スープが人気!

そのためかみそ汁を飲む家庭が極めて少なくなってきました。

日本人の健康に役立ってきた味噌汁ですが、味噌汁を本来出さなければいけない、
自然食系のレストランや食堂でも、MENUから味噌汁は無くなってきています。

いつの間にか、スープがお洒落でヘルシーとばかりに、
ヘルシー志向の女性のハートをつかみたいと言う願いからか、
味噌汁よりも野菜スープの方がヘルシーで健康に良いと大きな勘違いをしているかのようです。

味噌の多くは大豆から出来ています。

大豆を主に作られる発酵食品、味噌は健康に良いと世界でも今注目されています。

海外の健康を追い求めるセレブの方々の中には、
その見栄えや発酵食品としての個性ある風味から、
一昔前なら敬遠していたであろう味噌がブームとなっているようです。

日本が誇る健康食品である味噌には、
ミネラルやビタミン、多種の必須アミノ酸が含まれており、
かなり多くの繊維質を得る事も出来ます。

大豆が多く使われているお味噌からのアミノ酸には、
肝臓の解毒作用やお味噌に含まれるタンパク質には、
コレステロールの値をおさえる働きがあったり、
動脈硬化の予防などにも期待がもてるようです。

お味噌汁は手軽に利用できるサプリメントのようなものでもあります。

それに、サプリメントのように高額なものではありません。

誰でも気軽に使えるのです。

それに、お味噌には、酵母や乳酸菌なども含まれています。

お味噌の中に含まれる乳酸菌は、老化をおさえたり、
下痢や便秘を予防する働きも期待できるようです。

今、乳発酵食品であるヨーグルトが人気ですが、
お味噌は植物性のヨーグルトと言っても良いくらいの働きが期待できます。

用途に合わせ、加熱する加熱しないを選択すれば良いのです。

例えば乳酸菌なのどの有効な微生物を利用するならば、
生みそを非加熱で色々なお料理で使ってみます。

豆腐マヨネーズ・・・お味噌を隠し味に取り入れたドレッシング・・・
胡麻和え・・・白和え・・・など考えればレパートリーは無限に膨らみます。


勿論、カルシウムも豊富に含まれています。

味噌汁を飲むと塩分の取り過ぎになると言う方もいますが、
それは一昔の話、昔の人のように塩気の濃すぎる味は現代人には馴染めません。

様々な具を加え、昆布やキノコなどで出汁をつくり、その風味を生かすならば、
お味噌はそんなに多く入れることもないでしょうし、昔の人の作っていたお味噌のように、
塩分の濃すぎるお味噌は少ないものです。

塩分濃度もスープとあまり変わりません。

味付けが、お味噌か塩やハーブの違いでしかないのです。

美容やすこやかなる時の救世主として、
先祖伝来、われわれを助け続けてくれた
世界的に注目されている味噌をなぜ敬遠するのか?不思議でなりません。

私の店には外国からのお客様も多く来られますが、
味噌汁をお出しするととても喜ばれます。

お味噌が健康に良いことを彼らは知っているからです。

私のお店では、お味噌汁を出しています。

お店で使う、もろ味噌もお味噌も手作りで作っています。

お味噌は、先祖伝来、私たちのからだをそして、
すこやかな日々を助けてくれてきた優等生なのです。

「美しくすこやかに」料理方法など詳しくは、下記ページを・・・・

「からだにやさしいヘルシークッキング」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私の経営する「健康食工房たかの」は、金沢市で2000年に開業いたしました。
あれから、十数年の長きの間、この金沢で、営業を続けられてきたことは、奇跡であると多くの方々から注目されています。

私の店は、高級な雰囲気でお召し上がり頂く、空間では御座いませんが、小さなお子様や、お年寄り、赤ちゃんでも気兼ねなく安心してお召し上がり頂けるお店です。
厳格にマクロビオティック(穀菜食)を出しておりますので、完全ベジタリアンの外国のお客様にも喜んで頂いております。
手を加え過ぎた見栄えだけお洒落なブルジョア的ファッション・マクロビオティック料理よりも、体に優しく毎日食べても安心な、なつかしい料理、家庭的な素朴で、身体がほんわかとなじむ、心身休まる料理、ご飯が美味しく頂ける料理を目指しています。
無尽蔵にある飲食店の中で、この食事方法で調理している小さな当店を見つけて頂きました事を心よりありがたく嬉しく思っております。
そして、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
3月11日に発生いたしました東日本大震災により、被災された皆様、ご親族、関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
地元、金沢市にも被災され避難をされてきた方々が、増えてきており、深刻な状況であると心を痛めております。
石川県金沢市は、震災の影響等は一切ございませんので、ご安心頂ければ幸いでございます。
台風も寄せ付けない程、山々が壁となり、事故原発より、600キロ以上も離れております。
金沢市は、放射線などはまだご心配ございませんが、日本全国では、次第にわずかながら検出されてきているのが現状です。
弊店では、放射性物質を濾過できる浄活水器を利用しており、水回り全て、手洗いの水まで全てを浄活水させており、ご安心頂いて天然銘水品質のお水をご利用頂けます。
また、

赤ちゃんや小さなお子様をお連れの方をお断りするお店が多い中、弊店では、心から歓迎いたしております。
子育て世代、これからお子様を持つ世代、小さなお子様こそ、健康的な安全な水と食の改善が必要であると願っております。


ぜひ、弊店の作りたての御料理を召し上がって頂き、水と食の改善を通しての少しでものお手伝いができることを心から願っております。

「健康食工房たかの オフィシャルサイト」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私の店は、穀物菜食の食堂です。
まず、私の作っている料理がどのようなものか説明することからお店は始まりました。

世間一般の方からみると初めて口にする料理、不安になるのも無理はありません。

まずは、説明することが必要だったのです。


ビーガン (Vegan)、ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)、精進料理
とマクロビオティック(Macrobiotic)は、同じものであると思われている方も中にはいますが、
全く異なる生活法・食事のスタイルであり、考え方も全て異なるものです。

まず、ベジタリアンと言うカテゴリーは、とても広い枠です。

ピュア・ベジタリアンのように、お肉もお魚も食べない完全な菜食主義の方や、
野菜と乳製品を食べる方、野菜と乳製品と無精卵のみ食べる方、
野菜と魚を食べる方など色々な部類に分かれています。

しかし、ベジタリアンの枠の中には、マクロビオティックは含まれません。

ベジタリアン=マクロビオティックではないのです。

主にベジタリアンの考え方としては、
健康食・すこやかに生活するうえでの生活法という考え方よりも、
動物愛護や世界平和と言うように、
各々が目指す所の精神世界を主とした考え方により、動物食を避ける傾向にあります。

その中には、動物食で許されるものは、殺生しないミルクや無精卵は許されると言う、
ラクトホボベジタリアンと言う方々もいます。

最近では、魚も食べるベジタリアンの方も中にはいますが、
厳密に言えば、ベジタリアンの枠からは外れることになります。

究極にこだわるベジタリアンの方の中には、
ビーガン (Vegan)、ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)と言う方々がいます。

特に、ビーガン (Vegan)の方々は、究極にストイックな考え方で、動物性のものを一切食べず、
動物を傷つけて作った製品なども一切、身に着けない方たちです。

ビーガンは動物に苦みを与えることを最も嫌います。

動物の肉(存在するであろう全ての種:鳥肉・魚肉・その他の魚介類)
卵・乳製品を食べず、
動物製品(動物由来の全ての素材・皮製品・シルク・ウール
・動物由来の化粧品羊毛油・ゼラチン・・)
を一切身につけない使用しない方たちで、
場合により他の人や生き物を傷つける臓器移植や輸血なども求めない方々もいます。

有精卵から作られる予防用ワクチンなども嫌う方々もいるほど、
精神世界を尊重する方々もいるほどです。

ベジタリアンの枠の中に入る方たちや、その枠に入る
完全菜食主義であるビーガンやピュアベジタリアンの方々の多くは、
健康食と言うよりは、精神世界や思想を主に考えているために、
ベジタリアンの枠組みの中でも究極にこだわるビーガンであっても、
食事は砂糖やシロップも使われる場合もあり、
精白された白米や小麦粉などの白ごはんや白パンなども使われたりしています。

野菜にはこだわりを見せても、
ビーガンフード用のレトルト食品や調味料には健康食から考えると信じられないくらいの
添加物も多く含まれていたりします。

生き物を傷つけない殺生をしないと言うのが主な目的ですので、
健康面についてのこだわりはそれほど重要視されてい無いのも現実です。

とても残念なことですが、水道水をそのまま使っていたり、
浄水されていてもこだわった浄水システムを採用していなかったり、
化学合成されたマーガリンなどの調味料や様々な食品添加物、
既製品などの科学的に不自然に合成されたものなども使われている場合が多いのが現実です。

ビーガンの中には、ダイエタリー・ビーガン (Dietary Vegan)と言う方々もいます。

このばあい、生き物を傷つけないで体の中に一切組み込まないと言うビーガンと同様の考え方ですが、動物性のものを身に着けても良いとする人たちです。

その他のVeganよりもストイックな方々としては、
フルータリアン (Fruitarian) と言う方々がいます。

ビーガン (Vegan) との違いは植物も殺さないと言う方々です。

果実を食べても木は死なないけれど、
菜っ葉や穀物など、食べれば木や植物が死んでしまうので一切ダメと言う考え方の人たちです。

このことからも考えた時に、
ベジタリアンは、健康食と言うよりも、
日本で言う、精進料理に近い殺生をしないと言う各々独自の精神世界に於いての
思想に基づく考え方であるとも言えます。

マクロビオティックは、良く、ベジタリアンや精進料理やビーガン (Vegan) と同じものであると
思われる方々もいますが、
殺生や生き物を傷つけないと言うような精神世界を主に考えると言うよりはむしろ、
健康的な生活全般を主に、
どうすれば日々すこやかに生活できるかを考えられて形成されていますので、
ベジタリアンやビーガンの方たちとは考え方が全く違う生活法と解釈されます。

動物性のものも身につけますし、
健康に良いとするならば体に取り入れることもあります。

日々すこやかに生活するうえでの生活法としての考え方が主となります。

このように、考え方の違いにより似ているように感じても、
全く異なる生活法や食事法であるため、ある意味見極めが必要となります。

私の店では、ベジタリアンの方や精進の方やピュアベジタリアンの方、
ビーガンの方にも対応している食事を出しておりますが、
ビーガン思想とは全く異なり、健康を主に考えた料理をお出ししております。

作り手の私自信はビーガンやベジタリアンではありませんが、
その考え方を否定するものではなく、実践されている方々を尊重しています。

また世間一般のお食事をお召し上がりの方々も否定するのではなく尊重しています。

すこやかなる時を求める方々、
隔たりなく全ての方々に愛される料理でありたいと願っています。


Macrobiotic(マクロビオティック)についてのご説明は、下記ページを参考にしてください。
「マクロビオテイックを簡単に説明・解説」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

精進料理とベジタリアン(菜食)と私の料理の違い

たまに、お客様に聞かれるのですが、
精進料理や無添加野菜中心の料理と同じものですか?と。

動物性のものを使わないことは似ているけれど、違うと言えば違うのです。

世間一般の人の考える「精進料理」とは、
お寺のお坊さんが修行の中で作る精進料理でなくて、
料理屋の料理人が作る精進料理のことを言っているのだと思います。

お砂糖もいっぱい使っているし、合成着色料や、
化学調味料・・・一般のスーパーマーケットで売っているような大量生産の醤油やみりんなど、
添加物いっぱいの野菜やお米、皮はムキ、下茹でしたり、
野菜の栄養が生かされない料理、健康的とは言えない精進料理。

ベジタリアンの料理もそれとよく似ている場合があり、
動物愛護の平和的な思想から、作られている場合が多く、
料理屋の料理人が作る精進料理のように、食材まではこだわらない事が多い。

お坊さんが修行で作る精進料理は、
全てを無駄なく頂く、皮をムイたり、下茹でしたりしない場合が多い
しかし、とても少ない量で、修行が主として考えられているため、
タンパク質などの栄養素が不足している場合がある。

また、ゴフン抜きと言う、玉ねぎやニラやニンニクなどを使わない場合も多い。

では、無添加野菜中心の料理?

これも違う、マクロビオティックの料理は、
只、無添加の野菜を中心に使えば良いと言うものではない。

それと、手塩にかけて育てたお米、稲作農家の顔が見える「・・・・産」・・ブランド米であっても、
使われるお米は、完全に近く無農薬でなければ意味を持たない。

この主食であるお米は、玄米(健康的な側面から考えると発芽玄米)
他の食材(野菜など)から見ても絶対にグレードを落とすことはできない中心的な存在なのだ。

野菜はともかく、
主食である無農薬の玄米が入荷できなくなった場合は、とても困ることになる。
の農薬でなければ、玄米は食べれない!

食材の組み合わせ方は、
様々な雑穀などの穀物や海草類や野菜を組み合わせて、
バランスを考えて作ることになる。

それと、譲れないものが水、
天然に近い水質(天然名水品質)の水環境で作業しなければいけないのです。

つまり、
ある意味似ているように見えても、なぜ作り、なぜ食べるのかと言う目的が違うことで、
使う食材や、調理工程や食べる意味合いまでも
大きく違ってくるのです。

各々独自のこだわりがあり、全て違う意味合いを持っています。


もっと詳しくは、「たかの オフィシャルサイト」
「おさるさんでもわかるマクロビオティック解説」をお開きください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

植物性100%で、砂糖を使わず野菜の甘みと水飴の甘みを使い、

からだに優しいマクロビオティックの体が癒されるようなお弁当を目指しています。

ベジタリアン・ビーガンにも完全に対応しています。

美味しいマクロビ オティック のごはん

マクロビ・・・で、デトックス、ロハスな生活を始めませんか?

マクロビ オティック デザート もあります。

✩ 動物性の物は、出し汁・ブイヨンに至るまで一切使わない。
  (牛、豚、鳥、卵、魚介類、ミルク・チーズ・バター・ヨーグルト等の一切の乳製品及び一切の動物性食材)

✩ 化学調味料や科学的不自然な添加物や防腐剤や保存料や漂白剤・・・色粉などは使わない。

✩ 天然醸造の調味料や自然海塩を使う。

✩ 甘みは、水飴と野菜からの甘みのみを使う。

✩ 自家栽培の野菜を中心に、極力、農薬の使われていない無添加野菜を主に使う。

✩ 根菜類の皮や根などは、無駄にせず、料理に完全に使い切る。
  (皮や根等、通常捨てる箇所に、最も有効な成分が沢山含まれているため。一物全体)

✩ 出来合いの料理は一切使わない。
  (通常一般のおせちには、既製品惣菜が多く使われている場合があるが、
   穀菜食のおせちは、手作りで作らなければいけない。)

✩ 縁起物などの簡単な細工はするが、それ以上の過剰な細工、下ごしらえはしない。
  (水にさらしたり、あくを抜いたり、過剰に剥いてしまったりしない。)
  (レンコンなどを花に切るが、その皮を捨てる事はない隠された栄養があるから全て形を変えて使い切る。)

✩ 油は、オーサワジャパンなどの良い油を使い、使ってもごく少量とする。

✩ 雑穀を料理に組み合わせる。

✩ 最終的には、自分の舌の感覚で味を決める。 
  (常に一定の環境、食材はありえない、一定の条件でのレシピなどは、当てにしない。)

✩ 味付け・調理は、日頃から一般のお肉中心のお料理をお召し上がりのお客様でも、
  健康にこだわっているお客様にも、満足いただける様に、工夫致します。
  (一般のおせちのように、極端に甘辛い味付けは避け、それでいて一般向けにも満足頂ける味付けを考えます。)
     (料理が食べ残って、苦労されるのを防ぐよう万人向きの調理努力を致します。)

✩ 調理の最初の工程から全てにおいて、良質で体に優しい天然名水品質の癒しの水を使う。
  (これが、最大の基本、良きお水を使わなければ、どんなに良い素材でも意味がないものとなってしまう。
   それでは、一般のおせちと同じ事。)

からだにやさしい お弁当屋さん オードブル屋さん おせち屋さん 料理屋さん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

◆ マクロビオティックの4原則とは?(基本の4原則)


一、 一物全体食

食材を丸ごと使い切る。皮や根までも捨てずに調理し、あくや湯でこぼしもしないで上手に調理する。

普段捨てている、皮や根やあくの中には、有効な栄養やファイトケミカルが存在している。

(食材によっては、皮をむき、あくをある程度抜かないといけない物もある)
(食に関しては、植物に対してであり、動物には当てはまらない)


二、 身土不二

季節の物、その住んでいる土地に産する物を主に食べる。

我々日本人は、温帯性の気候風土で何千年と生活してきている、
そこで産する食物により先祖伝来、身体を構成している事から、
その土地に住まいする者にとって、体に優しい食物とは、身土不二であると判断している。


三、 健康的な食品

なるべく、食品添加物や農薬などが使われていない物をたべる。

科学的に合成された不自然な食材は避け、自然的な食材を主に使う。

自然に近い清らかな水を使う事は基本であり、
水環境の改善は、避けては通れない重要な要素でもある。


四、 食物の調和

東洋古来の食べあわせ方の原理にそって、食物摂取の調和を図る。

バランス良くミネラル・ビタミンや多くの栄養素を自然の素材から摂るようにする。

より詳しく、簡単に説明してあるサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

健康食工房たかのは、2000年に開業しました。
もう、開業してから十数年がすぎました。
今では、穀物菜食、玄米ご飯屋としても金沢では知名度はあります。
マクロビオティックの店として産声を上げた「たかの」ですが、ビーガン食にも完全対応しています。
ピュア・ベジタリアンにも完全対応しているのです。
このような店は金沢では珍しく、またマクロビオティックとなると、私のお店しか無いのではないでしょうか?
外国からのセレブの方々もこのような住宅街の中ほどにある小さなお店に来て頂いています。
お店の2階のお部屋も、お得にご利用頂けます。
テーブル席と小上がりは、予約は必要ありませんが、
お部屋は、完全予約制で、大人の方5名様以上からが対象です。
2階のお部屋設備 : 
化粧室(浄活水)・洗面コーナー(浄活水)・電子ピアノ(夜間のご使用は除く)・テレビ(ビデオ接続可能)・ホワイトボード
5名様から最大20名様まで、ご利用可能 お食事1000円~コース料理3150円まで。
ご使用例 : 
女子会・婦人会・忘年会・新年会・誕生日会・お母様の集まり・打ち上げ・会食・お食事会・歓迎会・送別会・反省会・・・
(1階は、テーブル席:10席~12席 2畳小あがり:4席 通常は予約はいりません)
使い勝手のある食堂です。

健康食工房たかの
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

当店のメニューは全て、マクロビオティックに対応出来るように、
肉・魚介類・卵・乳製品(バター・乳発酵食品も全て含む)一切の動物性食材
・白砂糖・化学調味料も一切使用しておりません。

幻の無農薬玄米「イセヒカリ」と農薬など使わないで
大切に育てた元気じか栽培野菜を中心に使っています。

大手マクロビオティック食材問屋「オーサワジャパン」「ムソー」などの
最も信頼できる食材や調味料を贅沢に使い、
塩や油や洗剤に至るまで厳選されたものを使っています。

店全体・建物全体の蛇口から
浄活水(ナチュラルミネラルウォーター)が出るようにしており、
生命の基本である水にこだわらなければ、全てが無になるとの考えから、
生き物にとってもっとも大切な水にも力を入れております。

マクロビオティック・ベジタリアン・ビーガンに完全対応しているランチやディナー
並びに、お弁当やオードブルなど多種のサービスを提供しており、
オープン時間から閉店時間まで区切り無く1日を通してご利用頂けます。

デザートも乳製品・白砂糖・メープルシロップ・蜂蜜・バター・たまご
・ベーキングパウダー・乳発酵食品に至るまで一切使わずに、
とても美味しいスイーツをご用意しております。
 
普段着で気軽に来ていただくお店、
赤ちゃんをお連れの方でも安心してご利用頂いております。

一般のマクロビオティックのお料理は、とても少ない量で高額が普通、
食べ盛りのお子様や男性の方やお子様が多いファミリーでは、
敷居が高いもの、しかし、「たかの」のお料理は、
単品など、取り分けて食べても満足いただける内容で、お得であり、
毎日通える美味しい気軽な感覚でお召し上がり頂けます。

ほんわかと心が和む、
オリジナリティーいっぱいのヘルシーナチュラルな料理をお楽しみ下さい。 

席数 

テーブル席 14人  畳(小スペース) あり 

別に、お部屋 2階(20人まで)もありますので、ご相談ください。

※ お部屋 2階は、5名様以上、ランチ1000円からコース3150円まで、お気軽にご利用頂けます。
   女子会・婦人会・忘年会・新年会・誕生日会・お母様の集まり・打ち上げ・会食・お食事会・・・・・

 

駐車場スペース

普通車大型なら2台 普通車小型なら3台~4台駐車可能。

※ 大きな外国の車や大型ワゴン車の場合などは、2台でギリギリのスペースですが、
   駐車スペースが埋まっていた場合、他のスペースに誘導致しますので、
   店内の者にお気軽にお申し付けください。

お料理配達致しております。(お弁当・オードブル等・・要相談)

店内禁煙・ペットの店内への持ち込みはご遠慮ください。

アレルギーのお客様以外、料理の持ち込みはご遠慮ください。


home page ホームページ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

玄米ご飯TAKANOは玄米菜食のレストラン 北陸 石川 金沢

金沢市の玄米食レストランでは、最も長くから営業している「たかの」は、玄米を消化の良い発芽玄米にして炊いています。

玄米を発芽させて炊いているので、玄米そのままとは違い、
ごはん感覚で、あまり噛まなくても消化される体にやさしい玄米ご飯屋さんなのです。

もちろん、玄米が重たい方には、白ごはんも選択できるようにしているので、使い勝手のあるお店なのです。

玄米は無農薬のお米で食べるのが望ましく、鳥越の完全無農薬農家の玄米を年間契約して取り寄せています。

お米は白米よりも玄米のほうが健康的であり、優れた恵みが期待できる未来食としても注目されています。

無農薬で作った玄米を選ぶには、米作り農家の顔が見える関係が必要であり、
お米を作られている農家の方のお人柄も見極める必要があります。

作り手の性格が、玄米や野菜にも表れます。

玄米ご飯「たかの」は無農薬玄米でなくてはいけないとこだわりがある金沢市の玄米食レストランであり、
安心して食べれると多くの方から信頼を集めています。

金沢市三口新町にある玄米ご飯TAKANOは、ベジタリアン料理、ビーガン料理を提供する飲食店、食堂、レストランです。

気軽に玄米菜食、マクロビを楽しめるお食事処として地元金沢では、
ラジオ番組やテレビ番組等や全国紙にも多く出ている知名度のある玄米がおいしく食べれる飲食店です。

玄米ご飯と雑穀と野菜・・・オードブル、おむすび、お弁当、おせち、ランチ、お食事

玄米ごはんの美味しいたかの 玄米穀物菜食レストラン たかの TAKANO
石川県金沢市三口新町3-11-22 電話 076-263-7730

自家栽培の野菜たちを中心に、一般には多く流通していない
幻の無農薬玄米「イセヒカリ」を贅沢に使っています。
玄米をお子様や年配の方でも
安心して食べれるように消化しやすい状態を追い求めて、
人にとって自然で安らぎの水とは何かを、
追い求め、究極の水とも出会い、
野菜を美味しく穀物を美味しくと2000年に開業致しました。

完全玄米菜食
マクロビオティックでありながら、
国内外からのお客様に好評を頂き、
小さなお子様や赤ちゃんと一緒にお食事できる暖かいお店をと、
住宅地の中ほどで隠れ家的店舗を運営しています。

海外からのお客様や都会からのお客様にも好評を頂き、
様々なアーティスト様からご指名を頂き、
御ひいきを頂いています。

良い物を身体に入れれば、自らの身体が教えてくれる
見栄えだけ可愛いくて健康そうなお料理を
作るのはとても簡単な事、しかしそれではいけないと・・・
身体に美味しいお料理を追い求めて今があります。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

<お店のデーター>

完全穀物菜食対応のマクロビオティックレストラン

名称: 健康食工房 たかの
住所: 石川県金沢市 三口新町3-11-22
電話番号: 076-263-7730
駐車場: 普通車3台
営業時間: 開店: AM11:00 ラストオーダー:PM8:00(閉店PM9:00)
(PM8:00の時点で来客がいない場合はその時点で閉店)
交通手段:JR金沢駅より25分:北陸鉄道バス、花里経由東部車庫行乗車、
赤坂(大型ショッピングセンターパレット前)下車、バス進行方向に歩き、
電柱巻き付け誘導看板左を曲がり徒歩1分。
兼六園より10分:兼六園横、石浦神社前バス停より、北陸鉄道バス、花里経由東部車庫行乗車。
定休日 日曜日
内容: 単品200円~ デザート:200円~ (全てのメニュー合計 約40種類)
・セットメニュー1000円~2000円 
・コース料理3150円
・お子さまランチ840円(割引あり)
ドリンク:テイクアウト:弁当・オードブル・単品・自然食材・浄活水器など

お店のホームページ:
http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■ 

<店主からの紹介文>

メニューは全て、マクロビオティックに対応出来るように、
肉・魚介類・卵・乳製品(バター・乳発酵食品も全て含む)
一切の動物性食材・白砂糖・化学調味料も一切使用しておりません。

幻の無農薬玄米「イセヒカリ」と農薬など使わないで大切に育てた
元気自家栽培野菜を中心に使っています。

大手マクロビオティック食材問屋「オーサワジャパン」「ムソー」などの最も信頼できる食材や
調味料を贅沢に使い、塩や油や洗剤に至るまで厳選されたものを使っています。

店全体・建物全体の蛇口から浄活水(ナチュラルミネラルウォーター)が出るようにしており、
生命の基本である水にこだわらなければ、全てが無になるとの考えから、
生き物にとってもっとも大切な水にも力を入れております。

マクロビオティック・ベジタリアン・ビーガンに完全対応しているランチやディナー並びに、
お弁当やオードブルなど多種のサービスを提供しており、
オープン時間から閉店時間まで区切り無く1日を通してご利用頂けます。

デザートも乳製品・たまご・白砂糖・メープルシロップ
・蜂蜜・ベーキングパウダー・バター・乳発酵食品・ゼラチン
に至るまで一切使わずに、とても美味しいスイーツをご用意しております。

普段着で気軽に来ていただくお店、赤ちゃんをお連れの方でも安心してご利用頂いております。
一般のマクロビオティックのお料理は、
とても少ない量で高額が普通、食べ盛りのお子様や男性の方やお子様が多いファミリーでは
、敷居が高いもの、しかし、「たかの」のお料理は、単品など、取り分けて食べても
満足いただける内容で、お得であり、毎日通える美味しい気軽な感覚でお召し上がり頂けます。

ほんわかと心が和む、オリジナリティーいっぱいのヘルシーナチュラルな料理をお楽しみ下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私が、初めて自然食に出会ったのは、今から十数年前になります。

それも自然食の中では特に健康や自然治癒力を重んじる
マクロビオテイックに出会ったのですから、その出会いは衝撃的なものでした。

動物性の物は一切使わない・・・卵や乳製品(乳由来の発酵食であるチースやヨーグルトまで・・)
豚肉・牛肉・鶏肉・魚貝類など動物性食材は一切使わない料理。

白砂糖や科学的な添加物は使わず・・・・・ホールフード:玄米や雑穀・・・無精白の食材

とても味気なく・・・甘くなく・・・インパクトなるものが感じられなかった。

それ以前の私の食事は、うまい料理屋があると聞くと食べに行き、
お肉・・・魚・・・中華・イタリアン・フレンチ・割烹・・・寿司・・ジャンクフード・・・
高級から大衆まで、仕事が終われば食べまわり・・・・週末には遠出まで・・・
今では考えられないくらい外食に走っていた時期がありました。

半分は勉強として食べに行っていたのですが、
食べ歩きに使ったお金も半端な額ではありません。

そのような時に都会で自然食に初めてであった時、私自身、料理人であったため、
皮をむかない・・あくも取らない・下茹でもしない・・出汁に鰹節も何も入れない・・・・・
甘味も少ない・・・・あまりおいしいとは思えないもどき料理の多さ・・・
精進料理でもない・・・?・・・衝撃的な出会いであったのです。

近くに座っている人は、
これあまーい、美味しい・・・と感動しているが、私はその甘さや美味しさがわからなかった。

「このりんごお砂糖を食べているみたい・・・」

私にとっては普通のリンゴ、それなりに甘いが砂糖を食べているような強い甘さではない。

デザートも甘くない・・・これはおかずか?

出汁に旨みが無い・・・・

それを周りの人は感動の声をあげて美味しそうに食べていた。

私だけが取り残された異世界にでも行ったような感覚だった。

それからしばらく・・・その衝撃的な出会いから元の美食生活にますますのめりこみ、
自然食事態も忘れかけていた時期に、
たまたま、マクロビオティックの長期セミナーを受講する機会を得たのです。

私はもともと免疫力が高く、滅多に風邪をひく事もなく、
暴飲暴食しても太ることもなく、切り傷もすぐに完治してしまい、
信じられないくらいジャンクな生活をしていたが、全くの健康体であって、
その当時、30代でありながら、年齢よりも外見、相当若く見られるほど、
健康に関しては関心が無かったのです。

(今は、若い時のジャンクな生活を続けていたらと思うと怖くなります。
         年齢が上に行くほど太りやすくもなり、免疫も低下して行くからです。)

ですので、そのセミナー自体もあまり関心が無いまま受けたと言うのが本心でした。

そこにはがんの方やアトピーの方や様々な病に苦しむ方々・・・・
健康やダイエットに関心のある方・・・エステやヨガや整体や化粧品のメーカの方や
エコロジー関係のビジネスマンの方々・・・
医療関係の方・・・看護士さん・・・ドクター・・・栄養士さん・・・
有名なホテルのシェフや料理人の方々が多く来られていました。

えっ~こんな有名な方まで・・・

病気で苦しんでいて今にも倒れそうな弱い方でも、
セミナーが終わりに近づくにつれて、顔色も良く何か元気になっているような?

なんかこの食事法は素晴らしい・・・・
ひょっとしてこれから注目されていく新しい食であるように感じられたのです。

それから専門書を読み漁り・・・・セミナーがあるとは出かけて行きました。

今は違いますが、
がちがちにマクロビオティックにはまっていた時期です。

店を始める3年前後、肉も魚も卵もミルクも一切からだに入れない、
マクロビオティックにこだわった生活をしていました。

今は昔に比べれば、がちがちに凝り固まった生活はしていませんが、
肉も魚も、一般の人から見たなら食べないに等しいくらいの食生活です。

そのがちがちにこだわっていた当時、私の子供は食物性のアトピーでした。

痒くなるとステロイドを塗っていました。

でも考えてその子にあったマクロビオティックの食事を食べさせたところ、
とても良い結果が表れたのです。

それ以後、ステロイドを塗ることもなくなりました。

ご縁とはとても不思議なものです。

その当時、外国から年に数回日本に来られる
マクロビオティックの先生を紹介して頂く機会があり、
その先生のセミナーを企画して、数回開くなど・・・かなりはまっていたのです。

その先生は、アメリカでビジネスを成功された方で、
すい臓がんを患っていて、アメリカでマクロビオティックと代替医療で、
それを克服されてきた経験をお持ちの方であり、アメリカの会社を社員に任せて、
年に数回日本に来られてマクロビオティックのセミナーなどをされていた方でした。

今はお付き合いはありませんが、アメリカでご活躍のことでしょう?

その先生に初めて出会った時に、
「ごく一般の食事をしている人はマクロビオティックの料理は美味しくないと
感じるだろう・・・でも料理人なら動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても
美味しく作れるのが当たり前だ・・
・君は動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても一般の人が
普通に食べれる
マクロビオティックの料理が作れるかね?」と言われました。

先生は、私の作る料理をとても好んでいただきました。

美味しい美味しいと食べてくれていたのを思い出します。

アメリカの会社が忙しくなり、今までのように来れなくなると・・
お帰りになるときに、ニューヨークにレストランを出す計画があるけれど、
手伝いに来てくれないかとも言われていましたが、私はお断りいたしました。

とても良い経験をさせて頂きました。

私の店は、ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックを
されている方だけ来るお店ではありません。

都会ではともかくも、
北陸では、ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックや自然派志向をされている方の
人口は極めて少ないのです。

ごく一般の普通の食事をされている方の方が多くご来店頂いています。

肉も魚も使わないおせち・・・・その殆どのリピーターが、ごく一般の方々です。

「ごく一般の食事をしている人はマクロビオティックの料理は美味しくないと
感じるだろう・・・でも料理人なら動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても
美味しく作れるのが当たり前だ・・
・君は動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても一般の人が
普通に食べれる
マクロビオティックの料理が作れるかね?」

お店を開いてから十数年そのアドバイスを今も忘れることはありません。

私のお店には、県内外から週末ごとに通われているお客様や
お店を開業してから十数年間、毎日のようにご利用頂いている常連様、
毎年、おせちを予約して頂いているお客様や、
ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックや自然派志向の方はもちろん、
ごく普通の食事スタイルで生活されているお客様にも喜んでご利用頂いています。

しかし、そのように喜んで帰られるお客様がいる反面、
そうでないお客様も中にはおられます。

万人に喜んでいただける料理は難しいものです。

少しでも喜んでいただけるように・・・・
違和感なくからだにすーとなじんでいくからだにおいしい料理を目指して・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

穀菜食(マクロビオティック)をお客様に提供する時に、注意していること、

それは、料理に、動物性(肉・魚・鳥・卵・乳製品など一切の動物性素材)
や、科学的に不自然に合成された食材・調味料等が、
一切混入しないようにしなければいけない。

主食は、粉食(パンなど)ではなく、玄米や雑穀、あるいは、ご飯に雑穀を混ぜた物など
粒食でなければいけない。

より自然に栄養を吸収しやすいように、玄米は発芽させてから、使う。
(当店では、玄米そのままでは、消化されにくいため発芽させています。)

調味料が安全な物であること。

調味料は天然醸造のものを使う事が基本で、味噌・しょうゆは、二夏熟成した物で、
自然海塩を使用し、素材も厳選された安全なものでなくてはいけない。

洋風にアレンジした料理であっても、我々日本人のマクロビオティックの調理には、
日本の伝統調味料、味噌しょうゆ等を、使うこと。

科学的な調味料や砂糖(単糖類:白砂糖・黒糖・・・・・)などは、一切使わないこと。

まだまだ挙げるときりがありません・・・・・・・

まず、料理のMENUに、肉料理・卵料理・乳製品の料理などがあると、多くの場合非常に難しいです。
また、マクロビオティック以外のMENUがある場合も非常に難しいです。
なぜなら、どんなに注意していても、混入しないとは言い切れないからです。
そして、それらのメニューがある場合、全て調理器具等をその都度、変えなければいけないのです。

また、マクロビオティックの調理食材は、一般の食材と違い極めて安全な物を使います。
つまり、コスト:原価がかなり上がるのです。

調味料などは、一般のレストランの物より倍近く、価格的に違ってきます。
無論、米や雑穀などの食材も一般の物よりも高額です。

ごく一般的なMENUがある場合、その使い分けがスムーズに出来なければいけません。
ちょっと、しょうゆや味噌が足らないからと言って、一般の物を使うのはNOとなります。
米が底をついたと言って、一般の米を使うのもNOです。

又、一般の食材・調味料等が手元にあると無意識のうちに使う場合も考えられます。
それを、使ってしまったら、もはやその料理は穀菜食(マクロビオティック)の料理ではなくなっています。
鍋に、調理器具に混入すれば、穀菜食(マクロビオティック)ではないのです。

一般の安い油(色々なケミカルが入っている物)に間違って入れてしまってもNOです。

上記にも明記しましたが、動物性の物を扱うのであるならば、
まな板や、鍋、調理器具をそのつど、一切変えなければいけません。
そして、常識ですが、同じ油に入れることは、絶対に避けなければいけないのが基本です。

レストランで、一般の調味料等がある場合、お客様の信用問題も生じてきます。
マクロビオティック料理・マクロビオティック食材以外の物のMENUや動物性食材のメニューが、
通常通しで、店にある場合、
お客様の殆どは、声には出さないまでも多くの場合、店を信用してくれません。

私の店には、動物性の料理(牛・豚・鳥・魚・卵・乳製品等、全般)のMENUは、ありません。
砂糖などの単糖類も、安いケミカルの入った油も、一般のケミカルが沢山入った安い調味料も、
農薬の入った米もおいてありません。

純粋なメープルシロップやてんさい糖でも、、穀物から出来た糖より単糖が多く入っているため
使用する場合は、とり過ぎないように注意が必要です。
マクロビオティックのレストランやマクロビオティックのレシピ本の中には、
一般の人にも甘みをわかって頂くために、
やや単糖の多い、純正メープルシロップや純正甜菜糖を使っている場合もあります。
からだにやさしい穀物から出来た穀物甘味料を主にすることが、もっとも理想です。

お客様の中には、とても敏感な方がいます。
そして、穀菜食をされている方でも、色々な考え方を持った人達がいます。
そのお客様全てを対象と考えた時、
それほど注意しないと、穀菜食の料理をお客様には提供出来ません。

また、お客様が穀菜食を求めて食事されてくる以上、厳格に上記の事、
を守らなければいけないのです。

でなければ、お客様が穀菜食の料理を求めて食べに来る必要はなくなります。

それほど注意が必要な調理法なのです。

また、水が良くなければ、全てのお料理がだめになってしまいます。
水道水をそのまま使っていたのでは、NOです。
自然に近い水を使わなければ、天然名水に近い水を食材の下ごしらえから使わなければ
穀菜食(マクロビオティック)の料理は、出来ない物と思っております。


当店では、お客様に健康で優しいお料理をお出しするために

最も安全で、天然名水の品質ナチュラライザーの水で、全てのお料理を調理いたしております。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ