金沢市 お野菜たっぷり穀菜食堂 私は自然食料理人ベジにマクロビクッキング

金沢市で自家栽培の野菜を中心に無添加のお料理とお弁当・オードブル・おせちなどを手掛ける植物性100%の自然食ベジタリアン・マクロビオティック、ビーガンレストランの自然食料理人TAKANOブログ。

juillet 2012

私の店では、自家栽培のお野菜を主に使っています。

自家栽培の私の畑では、動物の糞(特に牛糞)は使いません。
野菜つくりのこだわりは、動物性の肥料(牛糞や豚糞・・・)などは使わないことです。
お野菜の種類が少ない時は、仕入れもするのですが、
そんな時でも、糞を使って栽培している農家さんは避けます。
それは、出血性ウイルスなどO157に類するリスクを軽減するためでもあります。
特に、O157系ノロウイルスは、主に牛の糞や内臓に潜んでいるウイルスです。
死に至る可能性のあるこの怖いウィルスですが、牛には何の悪さもしないのですが、
それが人の体に入ると、人の腸の細胞に影響を与えて重篤な症状を起こします。
ウィルスは、土中にも潜んでいます。
菌ではなくウイルスですので、全く構造が違うのです。
それを予防するには、作り手が感染していないこと、
牛由来の内臓肉系の衛生面と生食の禁止及び動物性肉系全般など
衛生面で注意していること、生野菜等生で提供する調理には
特に注意しなければいけないことです。
ウイルス事件は、生肉食で有名になりましたが、
肉を食べないベジタリアンでも安心ではないのです。
土に近い野菜である生野菜が清潔でない場合、
良く洗ったとしても菌ではなくウィルスですので、
電子顕微鏡でしか見ることが出来ないわずかなものでも、感染する可能性が濃厚なのです。
では、それを避けるために一般的な大型レストランでは何をするか?
生野菜を消毒剤を薄めた水溶水に浸すのです。
主に塩素系なのですが、塩素は栄養素を破壊します。
薬剤に浸した後、すすぎ洗いしてみても、薬剤は残ります。
それを口の中で噛み砕いて食べるのですから、
有機野菜を使っていると言ってみてもその薬剤により栄養素が損なわれるわけです。
これはとてもおかしなことです。
有機野菜は、動物性の糞を肥料にしている場合が多く、
怖い場合は薬剤により消毒しなければ、リスクが軽減できないのですから場合により、
有機と言う名前だけと言うことにもつながりません。

しかし、有機野菜など薬剤で消毒して頂いた方がリスク軽減は出来ると思いますが、
どうでしょう?大型店舗や大型惣菜店や弁当店では消毒しているかもしれませんが、
小さな店舗で、そんなことしている所は少ないと思います。

有機野菜を薬剤に浸すなんて考えもしないでしょう?

 

私は、最近ウイルスの怖さを勉強しています。
菌とは恐ろしさが半端ではないのです。
そのことから、私は生野菜系・・有機野菜は外食では食べないようにしています。
それは、作り手の私が常に健康的な状態でなければいけないからでもあります。

生野菜は自宅で食べるようにしています。

勿論、糞を使わない野菜・・・・消毒剤には浸さないで良く洗い食しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

I2012331takanomizusixyokuMG_2998


7月は、日曜日のみの休みで、7月26日(木)のみ、午後からの営業となります。

8月は、日曜日と8月7日(火)8月15日(水)8月16日(木)8月17日(金)がお休みとなります。

Picoisiimizutosixyoku365ture3
IMG_obentoukirei2798

http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm
自然食穀菜食のレストラン マクロビオティック 
健康食工房たかの

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昨日、県外のお客様より、
金沢市は、放射能に関して安全ですか?
とのお問い合わせがありました。

お客様は、使っているお野菜やお水・・・・金沢市の生活環境全般に於いて、
放射能が安全かどうか?
金沢市へのご旅行を思案されているようでした。

事故原発より、金沢市は数百キロも離れており、
台風も寄せ付けないほど山々が壁となっている地形に位置しており、
風向きも、日本海側から内陸へと流れるなど・・・・
健康嗜好の方々の間でも、「地元の食材を使っていればいいんじゃない~」位の
危機感と言うものはあまり意識していない場合が多いのです。
最近は、事故原発の報道なども少なく、
あまり、放射能について話題になることも少なくなってきました。

私の店では、地元産の野菜やお米・・・(自家栽培のお野菜中心)を使い、
オーサワジャパンやムソーと言った、最も健康にこだわりがあるマクロビオティック食材
の問屋さんが選び抜いた食材を使っており、食材に関してあまり心配はしておりません。

放射能物質に影響されやすいと言う、国内産原木干しシイタケも九州から取り寄せていますし、
水の関しては金沢市は全く心配はいらないのですが、放射能物質をろ過できるという、
粒上活性炭がぎっしり詰まっている浄活水器も導入して、トイレの水まで浄活水させています。

とにもかくにも、地元産の食材と独自の厳格な検査体制が整っている問屋からの
食材を使うことで、ある程度の安心は頂けるのではないかと思っています。

最近、あまり報道されていない、
事故原発の現状ですが、事故原発に近い所にお住いの方にとっては、
危機的な思いと言うものが強いのでしょう?

それと事故原発よりも遠く離れた、海外からの方々や沖縄や九州の方々からすれば、
事故原発より、数百キロも離れており、
台風も寄せ付けないほど山々が壁となっている地形に位置しており、
風向きも、日本海側から内陸へと流れる地域でも、
心配なのかもしれません。

 

リスクを極限まで回避するならば、
選び抜いた食材を使っている完全なるベジタリアン食(完全菜食主義:ビーガン)で、
(ビーガンは動物食は食べないが、その他の食材にまでこだわらない場合が多いので注意)


ビーガン食の場合、場合により、栄養バランスが崩れて体に支障をきたす場合も考えられるので
バランスと安全を考えて生み出された「マクロビオティックの食生活」を始められたら、

リスクは軽減できるものと思います。

 

しかし、こだわれば、こだわるほど、一般の外食などは利用できない事となります。

健康的な食材を仕入れての自らの自炊、手作りの食生活。
外食は、マクロビオティック関連のレストランを利用するしかないと思われます。



tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

油・・・・健康食や自然食にこだわっている方々が、

最もこだわっているものの一つに、油があります。
野菜や穀物や水などは基本的な要素ですが、油は隠れた要素とも言えます。
なぜなら、有機野菜やヘルシーを求めていても、

油にこだわりが無ければ、無意味になるからです。
オリーブオイル(エキストラバージン)を使ってますと明記されていても、

ごく普通のタイプのものであったり、

健康に良いごま油を使っていますと明記されていても、

製法にこだわりがない物であったりするからです。
こだわりも持って作られた油は、オリーブ・ゴマ・菜種・・・・

にしても、市販のものより数倍の価格がします。
私のお店には、マクロビオティックをされている

お客様や健康に関心のあるお客様もお見えになりますので、

油にも細心の注意を払い選んでいます。
店で使っている油は、

オーサワジャパンと言うマクロビオティックの食材の問屋さんのお墨付きの菜種油です。
市販の安い油の数倍値はするであろう油を使っています。
見えない所までこだわるのが自然食マクロビオティックの宿命的な要素です。



tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

もう7月、気がつけば・・・一年も半年を過ぎ、

時の流れは、加速度を増し、もう真夏を迎える時期となります。
あっという間に残りの半年も過ぎて行くことでしょう?


早いと思われるかもしれませんが、

私はもう既に年末にお作りする「おせち」の準備に取り掛かっています。
そう・・・・食材の手配が今の時期・・・それ以前に、
もう始まっているのです。
農家の方に金時人参やサトイモの作付を依頼、
最高級の昆布を探す(もう既にストック)・・・・・
国内産原木しいたけを探す(今店で使っているのは、

事故原発から相当離れている九州産の原木しいたけ)もっと美味しい椎茸がないか?
と・・・・
おせちの準備が始まっています。
こだわりの食材は、相当前からおさえておかないと、急には手元に入って来ないのです。
より安く・・・安全なものを美味しく提供したい場合は、
相当前からの計画的な準備が必要なのです。
しかし・・・最近、時の速さを昔以上に感じるのですね。



tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

金沢の山の麓にクマが出てきているようです。
先日も、こんなところに出たの?
と思うような所(里山の麓)にクマが出て、
ウォーキング途中の方が、顔や手を噛みつかれた事件(軽傷)がありました。

今、癒しを求めて山歩きや、癒しスポットに出かける方が増えています。

まだ・・・生死にかかわるような大きな事故等は報告されていませんが、クマが出てきているようです。

彼らにとっては、我々は縄張りを汚す邪魔者でしかありませんから、
出くわすと攻撃されるわけです。

クマは臆病と言いますが、臆病と言うことは、すぐにパニックとなり、人を襲うのです。

要するに、攻撃は最大の防御と言うことでしょうか?

普段はどんぐりなどを食べているクマですが、
一度人を襲い味を覚えてしまうと・・・・とても危険なクマとなってしまうため、
クマ狩りが必要になるようです。

① 森に餌が無く、山から餌を求めて降りてくる。

② たまたま人と会い、恐怖から襲う。
③ 危険なクマへと変化する。

④ クマ狩り。

⑤ クマの数が減り、クマ絶滅に近づく。

と去年でもクマの話題が全国で報道されていました。

なぜ森に餌がないのか・・・・・木が生い茂っているのにと思う方もいることでしょう?

でも山の森は、殆どが人工林・・・杉なのです。

人が立ち寄らない山の奥に行っても、杉が目立ちます。

それは、人がどんぐりなどの木をなぎ倒して、杉を植えていったためです。

そのため、動物たちは餌がなくなり、山奥へと追いやられることとなりました。

でもその山の上ではどんぐりなどは育ちません。

少ない餌を探して食べなければいけないのです。

この所の異常気象により、只でさえ少ない木の実が全くない状態だと、
動物たちは山から下りてきます。

クマ・・・イノシシ・・・鹿・・・
そして、農地を荒らしたり、ごみを荒らしたり、果樹園を荒らしたりするのです。

そして、たまたま・・・山の近くにいた人を襲うのです。

私は、山が大好きです。

森林浴は、森林成分・・・フイトンチッドが多く、癒されます。

しかし、最近山には近づかないようにしています。

街中の自然を楽しむようにしています。

そうそう・・・・

店は金沢の街の中の

 

住宅地、クマは来ないので安全です!




tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ