金沢市 お野菜たっぷり穀菜食堂 私は自然食料理人ベジにマクロビクッキング

金沢市で自家栽培の野菜を中心に無添加のお料理とお弁当・オードブル・おせちなどを手掛ける植物性100%の自然食ベジタリアン・マクロビオティック、ビーガンレストランの自然食料理人TAKANOブログ。

août 2016

photohhhhhcat
今の時期は、夏疲れが溜まり溜まって表に出てくる時期のようで、身体がだるく感じている方も多いそうで、風邪を患ってしまったり、肩こり、筋肉痛やぎっくり腰を患う方も多いそうです。
身体にパワーがなくなることで、風邪などを患うリスクが高まるのは分かりますが、寒くも無く暖かいこの時期になぜ?肩こりや腰を痛める方が増えるのかと考える時、疲れから姿勢が悪くなり、身体の左右前後のバランスが崩れて筋肉や腱に片寄って負担がかかる場合、ディスクワークなど長時間座りっぱなしで冷房の効いた部屋で身体を冷やすため、こわばり、無理に動かすことで、首や腰や肩を痛めたり、キーボードを長時間打ち込む人は、腕や指の関節や首を痛めたり・・立ち仕事の方も、冷えて筋肉などが硬くなっている所に、上半身の重みが腰にのしかかり、疲れから姿勢とバランスが崩れることで思わぬところに負担を与え続けてしまうなど、「冷えは万病の元」と言いますが、「冷えた場所→←暖かい場所」に移動する頻度も増える時期、知らずに疲れと負担が蓄積されてくるようにも思います。
なにかと疲れが出てくる今の時期は、負担のかからない「優しい食べ物」と「安らげる休息」が必要な時期かも知れません。
動物は、身体が疲れてくると微動に動かず「自然治癒」を待つそうですが、方や私たちは無理をしてしまいがちでもあります。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

phottttocat
先週は、ランチのメインをイセヒカリ発芽活性玄米から作った「ライスミルク」をベースに「野菜ドリア」をお出ししていました。
今週は、先の投稿画像の「大豆タンパクの竜田揚」と「巨大ズッキーニのリング揚・バジル塩」をメインに様ざまな一口おかずを添えています。
さて、「イセヒカリ発芽活性玄米野菜ドリア」をお出ししていたところ、多くのお客様から、「ふわ~としたホワイトソース」は何から出来ていますか?とのお尋ねがありました。
牛乳やバター等は使わずに、いせひかり玄米をナチュラルなお水で、発芽活性させてから、ライスミルクを作り、ホワイトソースを作っています。
スーパーにあるライスミルクで作ってみたけど、美味しく作れませんとのお尋ねも多く、「スーパーや自然食材店などで、販売されているライスミルクは、飲料用に作られているものです。飲みやすいように薄めに作られているため、食材として使うには適さない面もあります。それに、フレーバーやひまわりの油なども飲みやすいように添加されているものもあります。ドリンク用なのです。私の場合は既製品に頼らず自ら作っているのです。」とお答えしております。
調整豆乳と無調整豆乳の違いのように、ドリンク用に作られたライスミルクは濃厚ではなく食材としては適さないものと思われます。
「野菜ドリア」は暑い真夏日でも案外人気で「今日のランチのメインはグラタンですか?」とお尋ねの方もいる人気の一品です。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

phot36598ccocat
今日のヘルシーナチュラル・ランチタイム
全てお野菜と穀物と豆類・・海藻類から・・
そして、手作り5年熟成のお味噌を使った具沢山のお味噌汁と一般には流通の難しき貴重なお米・幻のお米といわれている「イセヒカリ」玄米を発芽させて活性させて炊飯した「イセヒカリ発芽活性玄米ご飯」に手作りの微粒ごま塩を添えて・・

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

photohhhhhcat
最近の自然食堂「たかの」の近況!
定期的に、お店の近況を書いています。
私の店は、からだのデリケートな方には大歓迎されるのですが、冷えたお料理でも身体の内側から温める?と言う印象があり、暑い日は、お客様が少なくなります。
真夏は、それに伴いぎりぎりで仕込むようにしています。
そのため、思いもよらず繁盛してしまう日には、全て完売!
早めに店を閉店する場合もあります。
それをお知りのご常連様は「食べに行っても大丈夫ですか?」と御電話いただくことも御座います。
今日も湿度が多いムシムシ真夏日ぎりぎりで仕込んでいます。
それで、日常私一人で作り料理をお持ちして全て一人でこなしておりますので、静寂の店内が続く真夏日はゆっくりと過ごす時間があるのです。
「それで、お店大丈夫」と思われる方もいるかも知れませんが、お弁当などで、バランスが保たれるのでご安心ください!
ご予約のお弁当つくりは好きですね、前もって数も時間も分かるわけですから、無駄が出ない!し、作ってしまえば時間が残る・・・
静寂の店内でゆっくりとした時を溜め置いた書籍を楽しみながらすごしているのであります。
そうそう、この前の書き込みの「反響・リーチ数は現在もうなぎのぼり・・」「マンショ ンの水周りの維持費として毎月数千円も払い、頻繁に貯水槽のメンテナンスで水道が使えないことがあるし、水周りの点検と称して風呂や台所などにも点検に来 るから、維持費もかかるし煩わしいし、もっと安い所を探していたら・・・それって大切な事だったんですね?」「浄水器では、ばい菌やウイルスは防げないこ とが分かりました!」「国内の蛇口から出る水は全て安心出来ると思い込んでいましたが、ばい菌やウイルスに汚染されていたとしたらと考えると怖いことです ね。健康にかかわることですので、水周りはきちんと管理して頂きたいと思いました・・」 と、コメントも複数頂いております。

補足:
我が国では、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが求められます。
つまり、通常であるならばこの基準以内の水質の水が蛇口から出てこなくてはいけないということです。
それを踏まえた時に、消毒に使われる塩素や配管を流れてくる際に発生するトリハロメタン・ダイオキシン・・鉛・微量な細菌などをろ過したり、マイナスイオ ンやミネラル・水のクラスターの整いなどを目的に殆どの浄水器や浄活水器は開発されて来ましたし、日本国内では常識としてそれでよかったのです。
しかしながら、尋常ではない、放射能の混入や病原菌やウイルスなどが多い下水や汚水に近い水質の水をろ過しなければいけない事態となった場合は、通常の浄水システムでは不可能であり、その場合は、逆浸透膜式浄水システムが現在のところ有効であるとされています。
しかしながら、通常の水圧では、ろ過するのに時間がかかりすぎる、水量を得るには、相当の水圧が必要であり、電動ポンプを作動させる必要があり、停電時は使えない、安全を期待すればするほど本体が大きくなりすぎる、飲料用の水に対しての無駄になる水が多く節水を期待できない、メンテナンスが高額であり、カートリッジの交換を頻繁に行う必要があるそれに加えて様ざまなデメリットもありメリットもあるようです。
しかしながら、水道水基準を満たさない飲料に適さない汚水での生活を余儀なくされている方には、現在のところ、逆浸透膜浄水システムしか選択の余地は無いものとも思います。
しかし、その普通では考えられない水環境で生活しなければいけない人達にとって、それは大きな負担となりえることも事実であります。
このようなことは無いとは思いますが、もし万が一、飲料に適さない原水が蛇口から出ている場合、法に照らし合わせて水道水質基準の原水が使えるかどうかを管理者に尋ねることが先決であるものとも思います。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

p33hotocat
この前の書き込みの反響(リーチ数)は極めて大きく、日々の飲料水の安全性について、関心のある方が極めて多いことが、拝察されその関心度にも驚いております。
浄水器等をお考えの方も多いものと思い、ここに、浄水器とは何であるか?をご説明することと致しました。
導入する前のご参考頂ければ幸いで御座います。
浄水器は殺菌器ではありません。 水道蛇口までの原水は、充分な塩素濃度(殺菌)が必要です。
(浄水器は、塩素により、消毒・殺菌された原水と双方の機能性と共に効力を発揮するものです。)
浄水器及び浄活水器は、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合する原水を使うことが基本となります。
浄水器は、殺菌器ではなく、消毒液を添加する器でもなく、除去対象は活性炭で除去できる範囲内のものに限られウイルスや菌類を完全に殺菌することは不可能です。
一軒家では水道本管から引き込み配管がストレートで短くあり、水道水に含まれる塩素濃度も高く保たれるので、蛇口まで消毒が行き届き、そんなことはあまり 無いのですが、ポンプで一旦引き上げるマンションなどでの場合、メンテナンスが行き届いていない貯水タンク内の場合や、そこから配管され、水道蛇口までの 充分な塩素濃度が確保されていない場合など、菌類の殺菌及び発生を押さえ込むことは難しく、ウイルス・菌類を含める微生物が貯水タンク内・水道配管内で増 殖する傾向にあるようです。
特に、菌類が増殖しやすい夏場等、管理が充分でない貯水タンク内では塩素濃度が低くなり、菌類が増殖しビルの上の貯水タンク内部に、ぬるっとしたゼリー状の菌の増殖が見られる場合があります。
そのような粗悪な水道水質でも、蛇口から直接水道水が流れていく場合、遮るものが無くウイルスや菌類もストレートに流れて行きますので、実際はそれらを日々、人体に取り入れていることになるのですが、目に見えないため見過ごされているのです。
蛇口から見える形でぬるっとした粘性のある水が出る場合は貯水タンク内や配管内にて、水道原水が汚染されており、相当の菌類が増殖しているかも知れず、浄 水器などのシャワーヘッドの小さな穴の内側から、ゼリー状のものが塞がれて行き、シャワーヘッド内部にゼリー状に溜まる現象が見られる場合は、原水そのも のが汚染され菌類・微生物が発生し流れて来ている状態を示唆しています。
逆流洗浄機能つきの浄水器の場合は、カートリッジ内の汚染物質を外に排泄することがある程度可能であり、汚染された物質がカートリッジに溜まりっぱなしと言うことをある意味軽減させることが出来ます。
しかしながら、逆流洗浄により、本体内部が綺麗に保たれていても、蛇口に取り付けるシャワーヘッドから本体に繋がるホースの内部にゼリー状のものが残る場合があります。
この場合は、本体からのホース並びにシャワーヘッドを取り外し、キッチン用塩素系殺菌剤を希釈した水溶液に漬け置きした後、本体につけ戻し、充分に通水後使用することで、ゼリー状の物が消え改善されます。
しかし、それらの現象が起こる場合は、原水が水道水基準を満たしていない場合も考えられ、お住まいの水周りの管理者に貯水タンク内のメンテナンス並びに蛇口までの水道水の殺菌可能な、塩素濃度の改善等、水道法に適合した水かどうかを確認することをお勧め致します。
道路の下に埋められている水道本管からの、その土地所有者のビルの敷地引き込み配管及び貯水タンクからの水道蛇口までの配管は、その所有者の管理責任となり、行政では対応は難しいのです。
夏場に多い水道原水のぬめりをおびた水質やゼリー状の現象は、浄水器並びにシャワーヘッド等の欠陥や不具合、それらを開発したメーカの責任ではなく、菌類が混ざって流れてくる粗悪な原水が影響しています。
逆に、そのような現象が発生しない場合は、お住まいのマンションの水道原水・水環境のメンテナンスと管理が良心的に行われていると言う事であろうと思われます。
浄水器・浄活水器は、遊離残留塩素、トリハロメタン、ダイオキシン、鉛、農薬を除去することを目的に開発されているものです。
浄水器・浄活水器は水道水基準を満たしていない原水を飲料に適した水に作り変えることや、菌類やウイルスや微生物を完全に除去することは不可能であり、浄 水器及び浄活水器は、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する 水質基準に適合する原水を使うことが基本となります。


補足:
我が国では、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが求められます。
つまり、通常であるならばこの基準以内の水質の水が蛇口から出てこなくてはいけないということです。
それを踏まえた時に、消毒に使われる塩素や配管を流れてくる際に発生するトリハロメタン・ダイオキシン・・鉛・微量な細菌などをろ過したり、マイナスイオ ンやミネラル・水のクラスターの整いなどを目的に殆どの浄水器や浄活水器は開発されて来ましたし、日本国内では常識としてそれでよかったのです。
しかしながら、尋常ではない、放射能の混入や病原菌やウイルスなどが多い下水や汚水に近い水質の水をろ過しなければいけない事態となった場合は、通常の浄水システムでは不可能であり、その場合は、逆浸透膜式浄水システムが現在のところ有効であるとされています。
しかしながら、通常の水圧では、ろ過するのに時間がかかりすぎる、水量を得るには、相当の水圧が必要であり、電動ポンプを作動させる必要があり、停電時は使えない、安全を期待すればするほど本体が大きくなりすぎる、飲料用の水に対しての無駄になる水が多く節水を期待できない、メンテナンスが高額であり、カートリッジの交換を頻繁に行う必要があるそれに加えて様ざまなデメリットもありメリットもあるようです。
しかしながら、水道水基準を満たさない飲料に適さない汚水での生活を余儀なくされている方には、現在のところ、逆浸透膜浄水システムしか選択の余地は無いものとも思います。
しかし、その普通では考えられない水環境で生活しなければいけない人達にとって、それは大きな負担となりえることも事実であります。
このようなことは無いとは思いますが、もし万が一、飲料に適さない原水が蛇口から出ている場合、法に照らし合わせて水道水質基準の原水が使えるかどうかを管理者に尋ねることが先決であるものとも思います。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

photooooocat
蛇口から「ぬる~っとろー」とした粘性のある水が出ていませんか?
浄水器などのシャワーヘッドなどに、とろーんとゼリー状の物が付くようになったり蓄積されていませんか?
今、殆どの方が何頭の浄水システムをご家庭に導入しているようです。
しかし、浄水器は、殺菌器ではなく、消毒液を添加する器でもなく、除去対象は活性炭で除去できる範囲内のものに限られウイルスや菌類を完全に殺菌することは不可能なのです。
一軒家では水道本管から引き込み配管がストレートで短くあり、水道水に含まれる塩素濃度も高く保たれるので、蛇口まで消毒が行き届き、そんなことはあまり 無いのですが、ポンプで一旦引き上げるマンションなどでの場合、メンテナンスが行き届いていない貯水タンク内の場合や、そこから配管され、水道蛇口までの 充分な塩素濃度が確保されていない場合など、菌類の殺菌及び発生を押さえ込むことは難しく、ウイルス・菌類を含める微生物が貯水タンク内・水道配管内で増 殖する傾向にあるようです。
それらを改善する場合は、お住まいの水周りの担当責任者に水道原水の改善を求めるしかないのです。
特に、菌類が増殖しやすい夏場等、管理が充分でない貯水タンク内では塩素濃度が低くなり、菌類が増殖しビルの上の貯水タンク内部に、ぬるっとしたゼリー状の菌の増殖が見られる場合があります。
そのような粗悪な水道水質でも、蛇口から直接水道水が流れていく場合、遮るものが無くウイルスや菌類もストレートに流れて行きますので、実際はそれらを日々、人体に取り入れていることになるのですが、目に見えないため見過ごされているのです。
蛇口から見える形でぬるっとした粘性のある水が出る場合は貯水タンク内や配管内にて、水道原水が汚染されており、相当の菌類が増殖しているかも知れず、浄 水器などのシャワーヘッドの小さな穴の内側から、ゼリー状のものが塞がれて行き、シャワーヘッド内部にゼリー状に溜まる現象が見られる場合は、原水そのも のが汚染され粗悪な状態であり菌類・微生物が発生し流れて来ている状態を示唆しています。
それはある意味、それだけのものが遮られ人体に入らなかった『守られていた』と言うこと、危険度を見える形で示してくれたと言う喜ばしきことかもしれません。
そうでなければ、恐らく分からずにずーと「知らぬが仏」人体に取り入れ続けていたかも知れないからです。
浄水器では殺菌効果は期待できないものの、逆流洗浄機能つきの浄水器の場合は、カートリッジ内の汚染物質を外に排泄することがある程度可能です。
その機能が無いものの場合、蓄積されっぱなしになり、粗悪な衛生環境のなかで、頻繁にカートリッジの交換が必要になります。
逆洗浄機能付きの浄水器の場合は、逆流洗浄により、本体内部が綺麗に保たれていても、蛇口に取り付けるシャワーヘッドから本体に繋がるホースの内部にゼリー状のものが残る場合がありますがこの場合は、比較的簡単に除去することが可能です。
本体からのホース並びにシャワーヘッドを取り外し、キッチン用塩素系殺菌剤を希釈した水溶液に漬け置きした後、本体につけ戻し、充分に通水後使用することで、ゼリー状の物が消え改善されます。
しかし、それらの現象が頻繁に起こる場合は、お住まいの水周りの管理者に貯水タンク内のメンテナンス並びに蛇口までの水道水の殺菌可能な、塩素濃度の改善等を求めることをお勧めいたします。
道路の下に埋められている水道本管からの、その土地所有者のビルの敷地引き込み配管及び貯水タンクからの水道蛇口までの配管は、その所有者の管理責任となり、行政では対応は難しいのです。
夏場に多いゼリー状の現象は、浄水器並びにシャワーヘッド等の欠陥や不具合ではなく、それらを開発したメーカの責任ではありません。
菌類が混ざって流れてくる粗悪な原水が影響しているからです。
しかしながら、ウイルスや菌類の殺菌以外、遊離残留塩素、トリハロメタン、ダイオキシン、鉛、農薬を除去出来るのが浄水器であり、水道水を直接使うよりも、リスクは軽減するものと思われます。
逆に「こんな現象は私のマンションでは起きないよ!」と言う人は、お住まいのマンションの水道原水・水環境のメンテナンスと管理が良心的に行われていると言う事であろうと思われます。
因みに、メンテナンスが不十分かつ不衛生な環境・塩素濃度低下に伴う殺菌不十分であるマンション等の貯水タンク内の菌類の増殖並びに菌種等は、様ざまであり、それを調べる水質検査等は、高額(20万円前後位?)であります。
金銭的に余裕がある方で水道原水が安全か調べたいとの興味のある方は検査機関に依頼してお試し頂いても良いかも知れません。
浄水器及び浄活水器でも、ウイルス・菌類・微生物を強力に除菌することは不可能です。
マンション選びは、安さや使い勝手だけでなく、貯水タンク内及び水道配管並びに水周りの衛生管理が行き届いているか、水道蛇口まで基準を満たす塩素濃度が確保されているかどうかを最優先することが求められます。
場合により、住み替えを検討する方もいるほど重要な要素であるようです。

補足:
我が国では、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが求められます。
つまり、通常であるならばこの基準以内の水質の水が蛇口から出てこなくてはいけないということです。
それを踏まえた時に、消毒に使われる塩素や配管を流れてくる際に発生するトリハロメタン・ダイオキシン・・鉛・微量な細菌などをろ過したり、マイナスイオ ンやミネラル・水のクラスターの整いなどを目的に殆どの浄水器や浄活水器は開発されて来ましたし、日本国内では常識としてそれでよかったのです。
しかしながら、尋常ではない、放射能の混入や病原菌やウイルスなどが多い下水や汚水に近い水質の水をろ過しなければいけない事態となった場合は、通常の浄水システムでは不可能であり、その場合は、逆浸透膜式浄水システムが現在のところ有効であるとされています。
しかしながら、通常の水圧では、ろ過するのに時間がかかりすぎる、水量を得るには、相当の水圧が必要であり、電動ポンプを作動させる必要があり、停電時は使えない、安全を期待すればするほど本体が大きくなりすぎる、飲料用の水に対しての無駄になる水が多く節水を期待できない、メンテナンスが高額であり、カートリッジの交換を頻繁に行う必要があるそれに加えて様ざまなデメリットもありメリットもあるようです。
しかしながら、水道水基準を満たさない飲料に適さない汚水での生活を余儀なくされている方には、現在のところ、逆浸透膜浄水システムしか選択の余地は無いものとも思います。
しかし、その普通では考えられない水環境で生活しなければいけない人達にとって、それは大きな負担となりえることも事実であります。
このようなことは無いとは思いますが、もし万が一、飲料に適さない原水が蛇口から出ている場合、法に照らし合わせて水道水質基準の原水が使えるかどうかを管理者に尋ねることが先決であるものとも思います。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ