からだにやさしいお飲み物で珈琲モドキタイプと言えば「たんぽぽ珈琲」か「穀物珈琲・・チコリー珈琲」が有名どころです。

海外ドラマなんかで良く、女の子が「チコリー珈琲」と注文しているのを見ますが、良くサラダとかに利用されるチコリーの根子と穀物を焙煎して作られた要するに「穀物珈琲」のことです。

たんぽぽ珈琲も穀物珈琲もコーヒー豆は入っていません。

そのためカフェインは無く、からだにやさしく陽性の飲み物で体を暖めてくれる飲み物です。

コーヒー豆のように暖かいところに住む人の飲み物で陰性の要素が強く体を冷やしてくれる飲み物ではありませんので、今の時期寒い時期に飲むには良いかもしれません。

ところで話が変わりますが、せっかくなので珈琲豆について語りましょう!

日本で出回っている珈琲豆は大きく分けて2種類あります。

アラビカ種とロブスタ種です。

その違いは、アラビカ種は、病気になりやすく手間がかかる珈琲の木で、収穫量も少ないのですが、とても美味しく香りも良くカフェインもロブスタ種の半分。

ロブスタ種は、病気に強い珈琲の木で、収穫量も多く安く、少ない量でも濃い珈琲が抽出出来、とてもまずくストレートだと泥臭く、カフェインの量はアラビカ種の倍もあります。

また手間がかからない割には有機栽培のものは少ないのが特徴です。

アラビカ種は、ブラジル、ガテマラ、マンデリン、コロンビア、モカ・・などよく目にする珈琲豆で、有機栽培のものも多いです。
用途は、ロブスタ種は缶コーヒーやおかわり自由の珈琲や大衆珈琲など安価に提供される珈琲に多くブレンドされることによりコストを抑えるのに良く使われます。

要するに美味しい珈琲は、ストレートアラビカ種なのです。

因みにアラビカ種でもランクがあります。

良い珈琲は300グラムで1000円位するものです。

普通のカフェでは、飲むことは難しく、美味しい珈琲を飲むには、こだわりつくした店主がいるコーヒー豆専門店で買うしかありません。

私の店では、たんぽぽ珈琲と穀物珈琲をお出ししています。


写真: からだにやさしいお飲み物で珈琲モドキタイプと言えば「たんぽぽ珈琲」か「穀物珈琲・・チコリー珈琲」が有名どころです。
海外ドラマなんかで良く、女の子が「チコリー珈琲」と注文しているのを見ますが、良くサラダとかに利用されるチコリーの根子と穀物を焙煎して作られた要するに「穀物珈琲」のことです。
たんぽぽ珈琲も穀物珈琲もコーヒー豆は入っていません。
そのためカフェインは無く、からだにやさしく陽性の飲み物で体を暖めてくれる飲み物です。
コーヒー豆のように暖かいところに住む人の飲み物で陰性の要素が強く体を冷やしてくれる飲み物ではありませんので、今の時期寒い時期に飲むには良いかもしれません。
ところで話が変わりますが、せっかくなので珈琲豆について語りましょう!
日本で出回っている珈琲豆は大きく分けて2種類あります。
アラビカ種とロブスタ種です。
その違いは、アラビカ種は、病気になりやすく手間がかかる珈琲の木で、収穫量も少ないのですが、とても美味しく香りも良くカフェインもロブスタ種の半分。
ロブスタ種は、病気に強い珈琲の木で、収穫量も多く安く、少ない量でも濃い珈琲が抽出出来、とてもまずくストレートだと泥臭く、カフェインの量はアラビカ種の倍もあります。
また手間がかからない割には有機栽培のものは少ないのが特徴です。
アラビカ種は、ブラジル、ガテマラ、マンデリン、コロンビア、モカ・・などよく目にする珈琲豆で、有機栽培のものも多いです。
用途は、ロブスタ種は缶コーヒーやおかわり自由の珈琲や大衆珈琲など安価に提供される珈琲に多くブレンドされることによりコストを抑えるのに良く使われます。
要するに美味しい珈琲は、ストレートアラビカ種なのです。
因みにアラビカ種でもランクがあります。
良い珈琲は300グラムで1000円位するものです。
普通のカフェでは、飲むことは難しく、美味しい珈琲を飲むには、こだわりつくした店主がいるコーヒー豆専門店で買うしかありません。

http://kirameki-takano.com/
たかのホームページ
http://facebook.com/kiramekitakano
たかのフェースブック

(たかの)モバイルサイト

たべログ
(たかの)モバイルサイト


(たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト