老ける人老けない人の違いは?
まだ50歳代では、老いの差はあまり感じないものですが、60歳代を過ぎたところから、老ける人老けない人の個人差は相当な開きが出てくるように思います。
テレビ番組なんかを見ていますと、90歳くらいのおじいさんかな?と思っていた人が実は60歳代だったり、60歳代にしか見えないおじいさんが実は90歳だったりします。
この個人差は相当な開きがあります。
最近、健康寿命という言葉を良く耳にしますが、なぜこんなにも個人差があるのでしょうか?

若い時に相当なご苦労をされたのでしょうか?
若い時に重度なご病気になられたのでしょうか?
遺伝的な要素があるのでしょうか?

私が今までご縁がありましたご年配の方々は、年齢の割にはとてもお若く見える方々ばかりでしたので、たまにテレビで見かける老いの差を目にして、とても悲しくも可哀想に思うのです。
なぜ老いに個人差がありすぎるのか?
私が今までご縁がありましたご年配の方々に共通して言える事を考えた時に思い当たることをいくつか挙げると、

明るく前向きである。 
仕事や趣味を持っている。 
健康的な食や生活に関心があり日々の生活で実践されている。
人の悪口や妬みは程ほどに、感謝の心を忘れない。

要するに精神面でのストレスや食や生活面でのストレスが低く安定しているように思います。

年配になるにつれて、人は怒りっぽくなったり、悪口を言ったり妬んだり、悩んだり、愚痴をこぼしたりと言った被害的妄想が濃くなるようです。
それは、老化の過程で誰にでもあるようです。
しかし、老けない方は、それらのストレス要因が抑えられているように思います。

それと老けない方に共通して言えることは、若い時から食習慣や生活習慣に関心があり、良いと思うことは実践していたり、意識していたりしているように思います。

それが、
心身共に若く・・老化を抑えるヒントであろうと思います。

近くない将来誰でも老いを迎えます。
成人式から終の棲家まで、ジェットコースターのように加速して行きます。
浦島太郎のように、瞬きするがごとき、人生の玉手箱を皆が持っています。

老ける人老けない人・・どちらでいたいですか?と言われれば、
私は、老けない人でいたいです。

その僅かな要素、食の部分で少しでも多くのお客様に幸せを与えることが出来たとしたらと願う日々です。

以下 関連ページ

https://plus.google.com/103744021747454451140/about?gl=jp&hl=ja

http://plus.google.com/100851495819946928604/posts

http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_18.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_60.htm

http://kirameki-takano.com/

http://kirameki-takano.com/new_page_104.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_99.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_23.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_35.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_26.htm

http://www.facebook.com/kiramekitakano

http://kirameki-takano.com/indexjiyousui.html


http://kirameki-takano.com/english.htm


http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/takanokanazawa/

http://r.tabeni.co/kirameki-takano/


http://t.tabeni.co/profile/kirameki-takano


http://blog.livedoor.jp/kanazawa_takano/

http://takanokanazawa.cocolog-nifty.com/blog/

http://oseti.rdy.jp/

http://deli.noob.jp/


http://rp.gnavi.co.jp/6116050/

http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000993/