私の食堂「健康食工房たかの」は、幅の広いカテゴリーである自然食系の枠の中でも穀菜食に分類されるお料理の店です。
因みに自然食系のレストランで穀菜食系のレストランが少ないのは、①こだわりがありすぎること ②特殊な技術と判断力が必要であり料理人を教育しなければいけないこと ③原価率が高くなりすぎビジネス的ではないこと ④健康やナチュラルが優先であり、欧米型の食事形態やジャンクなものを好む人を取り込むのが難しいこと などの要素があるからだと思います。
要するに、大きなビジネスを期待した時に「穀菜食」は万人向きではないため選択肢から外される傾向になりがちです。
今、日本では2人に一人がガンになり、3人に一人が生命を失うとんでもないことになっています。
がん保険のビジネスが最近盛んなのはこのためです。
私が始めて医療保険に入った数十年前には、先進医療特約付の保険なんて少なかったし、がん保険なんかも少なかったのです。
因みに私は、今もがん保険にも先進医療特約にも入っていません。
私のような人は、高齢な方を除き今は少ないと思います。
ガンはどんなに健康的な日常生活や食生活をしていても、老化現象の一つであり、避けることは難しい病気のようです。
本来なら高齢で患う病気が、様々なストレス要因から若いうちに患うのは異常なことのようにも思います。
食生活の欧米化・生活習慣の乱れ・精神的ストレス・不自然な飲食物・放射能や大気汚染・性の乱れ・・・様々なストレス要因からスイッチが入ってしまうのかも知れません。
まず・・・体が不調になってしまった人は色々と検索をされて、ほとんどの方が食生活の見直しをされるようです。
調べれば調べるほど食の改善としての選択として「穀菜食」に行きつくようです。
私が思うには、ダメージを受けてしまってからではなく、ダメージを受けていない段階「未病?の段階」で、食生活の改善の一つとして選択することもありえるのかとも思います。
こう・・ここで書いている私自身も先のことはわかりません。
いつ何時、スイッチがはいるかも知れないからです。
お隣の国からは、高濃度の発ガン物質が飛来し、国内の原発事故の放射能の解決もまだ途中、自然環境の悪化も進んでいます。
でも、お守り程度のものかもしれませんがリスクを少なくする選択肢として選べるものもあると思います。
そう・・・わたしたちは選べるものがあるのです。

写真: <<名水の保存と美味しく持って帰る方法>>
よく湧き水など名水を、ポリタンクなどに入れて自宅に持って帰る方がいます。
ポリタンクを山積にして運ぶのを水の名所でよく見かけます。

しかし、前にも書きましたが、良い水ほど、溶解力が強く、消臭能力が強く、表面張力が低く、浸透率が優れています。
良い水は、臭いを吸収してしまいますし、また溶解する性質が強いので、悪臭のある場所に放置したのなら
その臭いを吸収してしまいます。

冷蔵庫などに、密封せずに置けば、嫌な臭いが水に移りますし、ペットボトルやポリタンクの臭いや成分も溶解して
移ることになります。

家に持ち帰ってきて、今一つ美味しくないのは、上記の理由が関係している場合があります。

良い水ほど、ガラスなどの容器に入れて、持ち運ぶ必要性があります。
ポリタンクで運ぶならば、その日で使い切る程度に、また飲料水として使うのなら、すぐにガラスなどの容器に移し替えて
密封することをお勧め致します。

名水と言えども、定期的な水質検査をされている物を、お求め下さい。
最近では、有害廃棄物の不法投棄や、戦時中、戦後などで使われていた薬剤の埋め立てによる汚染なども深刻になってきています。

特に、戦中、戦後の物は、それを埋めた方が現存されていなく、資料も残っていないことからどこに埋め立てられたか
特定するのが困難なのが現実のようです。

どんなに自然に囲まれていても、そこが安心できるとは、言い切れないのが現状です。

また、不法に埋没されていなくても、自然地層の中には、
日本にはヒ素地層がある所もあり、自然だから安全だと確信することは
とても危ないことです。

また、家畜の糞尿や人の糞尿や家庭排水などが混ざって、食中毒をおこす原因に繋がる場合もありますので、
厳格に水質検査がされている物を選んでくださいませ。

名水の地を観光して、お土産にお水を汲むのならば、ペットボトルの容器ではなく
雑菌のいない、ガラスの容器に入れて持ち帰りください。
名水がご家庭で楽しめます。

また、ご自宅で、名水で氷を作り水割り等を楽しむ方もいます。
上記のように、良い水ほど臭いを吸収しますので、必ず密封して製氷してください。

氷自体も、長く保管しておきますと、冷蔵庫の臭いが移ります。
早く召し上がるか、密封して保管する事をお勧め致します。

これは、名水に限らず、浄水された水にも当てはまる事です。
http://kirameki-takano.com/
たかのホームページ
http://facebook.com/kiramekitakano
たかのフェースブック

(たかの)モバイルサイト

たべログ
(たかの)モバイルサイト


(たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト



IMG_3318

店舗情報

健康食工房たかの TAKANO
None of our dishes contain any white sugar, animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.We also use purified water in our cooking.
説明
メニューは全て、マクロビオティックに対応出来るように、肉・魚介類・卵・乳製品(バター・乳発酵食品も全て含む)動物性食材・白砂糖・化学調味料も一切使用しておりません。
 
幻の無農薬玄米「イセヒカリ」と農薬など使わないで大切に育てた元気じか栽培野菜を中心に使っています。
 
大手マクロビオティック食材問屋「オーサワジャパン」「ムソー」などの最も信頼できる
食材や調味料を贅沢に使い、塩や油や洗剤に至るまで厳選されたものを使っています。
 
店全体・建物全体の蛇口から浄活水(ナチュラルミネラルウォーター)が出るようにしており、生命の基本である水にこだわらなければ、全てが無になるとの考えから、
生き物にとってもっとも大切な水にも力を入れております。

マクロビオティック・ベジタリアン・ビーガンに完全対応しているランチやディナー並びに、お弁当やオードブルなど多種のサービスを提供しており、オープン時間から閉店時間まで区切り無く1日を通してご利用頂けます。

デザートも乳製品・たまご・白砂糖・バター・乳発酵食品・ゼラチン・至るまで一切使わずに、とても美味しいスイーツをご用意しております。

普段着で気軽に来ていただくお店、赤ちゃんをお連れの方でも安心してご利用頂いております。


http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

☆None of our dishes contain any white sugar, 
 animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.

Everything we serve is suitable even to strict vegetarians. We also use purified water in our cooking.

SHOP HOUR:AM11:00~PM8:00(Can be extended.) 

SHOP HOLIDAY:SUNDAY 
(Subject to change according to month. See sign at store front or visit our web page.)

PARKING:FOR 2 CARS SEATS:14 OR LESS (You can reserve seats by making reservation.)

KENKOUSYOKUKOUBOU TAKANO (MACROBIOTIC) VEGAN RESTAURANT (Vegetarian)
  
TEL:076-263-7730(Japanese only.)

ADDRESS:3-11-22 MITUKUCHISHINMACHI, KANAZAWA, ISHIKAWA  

http://kirameki-takano.com/english.ht

以下 関連ページ

https://plus.google.com/103744021747454451140/about?gl=jp&hl=ja

http://plus.google.com/100851495819946928604/posts

http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_18.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_60.htm

http://kirameki-takano.com/

http://kirameki-takano.com/new_page_104.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_99.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_23.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_35.htm

http://kirameki-takano.com/new_page_26.htm

http://www.facebook.com/kiramekitakano

http://kirameki-takano.com/indexjiyousui.html


http://kirameki-takano.com/english.htm


http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/takanokanazawa/

http://r.tabeni.co/kirameki-takano/


http://t.tabeni.co/profile/kirameki-takano


http://blog.livedoor.jp/kanazawa_takano/

http://takanokanazawa.cocolog-nifty.com/blog/

http://oseti.rdy.jp/

http://deli.noob.jp/


http://rp.gnavi.co.jp/6116050/

http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A