穀菜食 玄米菜食 マクロビオティック マクロバイオス マクロバイオティック 様々な言い方があるけれど同じ物です。
イタリアンやフレンチやベジタリアンやビーガンや現代風精進料理のお食事と違う点は、食べたその時に「美味しかった綺麗だったお洒落・・・」と言うよりは、食べた後、数時間後数日後のからだの内側からの反応を意識していると言うことであろうと思います。
これとこれを組み合わせておなかの中に入った時にどのように混ざってどのようにからだに組み込まれるか負担にならないか?
この食材を使った場合の消化スピードは?
今日の気温は寒いから・・・連休明けは疲れているから消化の良い物を基本に・・・消化能力が低下しているだろうから消化を助けてくれるものを組み合わせて・・・花粉や黄砂、新年度の移動なんかでストレスを抱えてカルシウム等のミネラル低下の人が増える時期だからこれを出そう!とか考えて調理しなければいけないのがこの食事法の難しいところでもあります。

写真: 金沢は、毎日がぽかぽかと暖かく春の陽気に包まれています。
最近、お弁当のご注文が前にも増して口コミにより増えてきました。
毎朝、お弁当を作って店頭でお渡ししたり配達したりとお大忙しの毎日です。
マクロビオティック:自然食穀物菜食のお野菜いっぱいの無添加のお弁当です。
http://kirameki-takano.com                                         
http://facebook.com/kiramekitakano