昔、日本人の食卓にあたりまえのように出されていた常備菜がありました。
切り干し大根の煮たのやひじきの煮たの・・・お芋の煮っ転がし・・あぶらあげの炊いた物・・・たくあん・・白菜などの漬物・・でも最近の若い世代・・いや、最近のおばあちゃんおじいちゃんでも口にすることは少なくなってきたようです。
今のおばあちゃんおじいちゃんの多くはバブルの世代の人です。
と言いますか、その、おばあちゃんおじいちゃんの子供である私の年代50代40代の世代では殆んど洋食系の食卓になっています。
ですので、今の子供たちの中には、切り干し大根やひじきの炊いたのなどを食べたことの無い子たちも多いそうです。
スーパーマーケットのお惣菜売り場にあったりしますが、あれは・・佃煮のように甘辛く、日本人が食べ親しんでいた切り干し大根やヒジキの煮たのでは無いようです。
それも当たり前のこと・・・昔なつかしい日本の食卓を再現できる人は少なくなっていると言うことです。
私の場合、幸いにして祖母が家庭料理の上手な人でありました。
その子供の頃食べた味がまだ記憶のどこかに残っています。
その国の食文化とは、味の文化とも言えます。
その味は、親から子へと永遠に受け継がれるものですが、途絶える時はあっという間・・・後から再現しようにもレシピしか残っていない場合も多いのです。
レシピだけでは、本物は再現できないのです。
世界が誇る健康食である「日本の食卓」それを再現できる人が少なくなりつつあります。


写真: 昔、日本人の食卓にあたりまえのように出されていた常備菜がありました。
切り干し大根の煮たのやひじきの煮たの・・・お芋の煮っ転がし・・あぶらあげの炊いた物・・・たくあん・・白菜などの漬物・・でも最近の若い世代・・いや、最近のおばあちゃんおじいちゃんでも口にすることは少なくなってきたようです。
今のおばあちゃんおじいちゃんの多くはバブルの世代の人です。
と言いますか、その、おばあちゃんおじいちゃんの子供である私の年代50代40代の世代では殆んど洋食系の食卓になっています。
ですので、今の子供たちの中には、切り干し大根やひじきの炊いたのなどを食べたことの無い子たちも多いそうです。
スーパーマーケットのお惣菜売り場にあったりしますが、あれは・・佃煮のように甘辛く、日本人が食べ親しんでいた切り干し大根やヒジキの煮たのでは無いようです。
それも当たり前のこと・・・昔なつかしい日本の食卓を再現できる人は少なくなっていると言うことです。
私の場合、幸いにして祖母が家庭料理の上手な人でありました。
その子供の頃食べた味がまだ記憶のどこかに残っています。
その国の食文化とは、味の文化とも言えます。
その味は、親から子へと永遠に受け継がれるものですが、途絶える時はあっという間・・・後から再現しようにもレシピしか残っていない場合も多いのです。
レシピだけでは、本物は再現できないのです。
世界が誇る健康食である「日本の食卓」それを再現できる人が少なくなりつつあります。


takano cafe Restaurant
(健康食工房たかの)は石川県金沢市にある、
心と身体が癒され内側から元気にをスローガンに掲げる
Vegan Macrobiotic food
(ヴィーガンマクロビオティックフード)
のカフェ食堂です。

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm