巷に広がる怪しい商法に騙される人騙されない人・・・
この自然食業界でも騙しのプロ的な人は多いと言うことで、今回はアンダーグラウンド的な世界について語りましょう。
まずは、ベーシックな催眠商法として、「どこどこで自然食のお店をオープン致します。タダでもれなく健康に良いもの・・をさしあげます。」と言うチラシが配られていたりする。 お年寄りは時間があり、無料とか何々をサービスに弱い、近所の友達を誘い或いは一人で夫婦で景品を貰いに出かける。  そこに着くと空き店舗を取り急ぎ掃除したものや、プレハブのような簡易店舗、そして、店員がものすごく優しく対応してくれる・・まるで、遠く離れて暮らしている息子や孫のように・・・気がつけば扉は閉められ、そんな雰囲気の中、いりませんと帰るわけにも行かず、薦められるがまま高額なサプリメントや機器を買わされてしまったりする人が数名いたり、「さくら」のご老人が買ったり契約したり・・そうすると集団心理で、では私もと契約させられてしまう。
そして、家に帰り数日経ち、よくよく考えて返品しようと店に向かうが、そこには店は無い。
突然・・何々電力の者ですとセールスマンがやってくる。
「この度この地区が対象のエコ?キャンペーンを利用できることになりました・・・期間限定のこの機会に無料でオール電化或いは・・・にして見ませんか? 電気代や光熱費がこんなに安くなります。」と日々契約している電力会社の社員のような振る舞いでその人はやってくるが、しかし、それはまったくの嘘である。タダであるはずがない・・・この不景気、営業マンは苦戦であり、騙してでも営業成績を上げたいとの法律ぎりぎりの勝負をかける人もいて、電力会社などでは注意を促している。
突然・・・「※※Tですが、この度、お客様の光回線のルーターのセキュリティーを高めるサービスが出来ました・・・このサービスを利用して頂くと、ルーターで防御しますので、複数のパソコンに一切、アンチウイルスソフト:セキュリティーソフトを入れなくても安全なのです。」これは詐欺です。
突然・・電話が「お客様のお住まいの地区が光回線を使うことになりました。 工事に入りますのでその説明に担当の者を向かわせますので、都合の良い日時をお知らせください・・」お年寄りなら騙されます。
突然・・・セールスマンがやってくる「お客さんこの地区の水はとても汚く健康に良い水ではないんです。 数分頂ければ検査出来るのですが安全のためにぜひタダで検査させてください・・」
「検査薬を入れますよ!ほら・・・こんなにお水の色が変わっていますねこんなのを日々飲んでいるのですよ!・・因みにこの浄水器をつけてみましょう・・ほら色が変わらない!・・今なら少し安く出来ますよ」これは、実験商法というものです。
元々、水道水には塩素や僅かな不純物が入っています。
それにオルトトリジンなどの塩素検査試薬やカルシウム試薬を数滴たらしたり、金属板を入れて電気を通したりして色が変わったり、ぼろぼろの物が現れたりは水道水なら当たり前のことなのです。
このように、エコや節約や自然と言う・・・業界にも怪しい商法をする人、営業マンがいて問題になっている場合も多いのです。
さて、最後に・・・
真面目な代理店や営業マンの方は多いものです。
しかし、ごく一部の法律ぎりぎりの商法をされる方により迷惑されていることを補足しておきましょう。