レシピ本や料理教室で習った料理を美味しく作るための「エッセンス」とは?
お料理が好きな方は、色々な美味しそうなレシピ本を参考にされたり、お料理教室などにも通われている方も多いと思います。
しかし、「思い通りのものが作れない?」「お料理教室で習った通りのものが作れない?」とお悩みの方も多いかもしれません。
なぜかと言いますと、「レシピほどあいまいなものはない」のです。
同じ種類の野菜一つにしても、水分の多い物少ない物・甘みのあるもの苦味のあるもの・味が濃厚なものそうでないもの・・暖かい地方で出来たものそうでない物があり、基本となる水も、軟水・硬水・水道水・活水・浄水・浄活水・真冬の水・真夏の水・・・と挙げればきりがないほど同じ条件の物は何一つ無いのです。
それに調味料の種類や時期的なもの・保存状態や醗酵の違いなどでも同じ条件の物は何一つ無いのですから、レシピを完全に再現出来たとしても違う物になるのは当たり前です。
「水と食材」の違いにより微調整しなければいけないのです。
この微調整が、料理を美味しく作るための「エッセンス」なのです。
写真: レシピ本や料理教室で習った料理を美味しく作るための「エッセンス」とは?
お料理が好きな方は、色々な美味しそうなレシピ本を参考にされたり、お料理教室などにも通われている方も多いと思います。
しかし、「思い通りのものが作れない?」「お料理教室で習った通りのものが作れない?」とお悩みの方も多いかもしれません。
なぜかと言いますと、「レシピほどあいまいなものはない」のです。
同じ種類の野菜一つにしても、水分の多い物少ない物・甘みのあるもの苦味のあるもの・味が濃厚なものそうでないもの・・暖かい地方で出来たものそうでない物があり、基本となる水も、軟水・硬水・水道水・活水・浄水・浄活水・真冬の水・真夏の水・・・と挙げればきりがないほど同じ条件の物は何一つ無いのです。
それに調味料の種類や時期的なもの・保存状態や醗酵の違いなどでも同じ条件の物は何一つ無いのですから、レシピを完全に再現出来たとしても違う物になるのは当たり前です。
「水と食材」の違いにより微調整しなければいけないのです。
この微調整が、料理を美味しく作るための「エッセンス」なのです。

自然食穀物菜食:マクロビオティックの食堂

健康食工房 たかの
http://kirameki-takano.com