時の経つのは早きもの、シリーズの7回目、「おせちを語る」今回はおせちに欠かせない「にんじん」を語りましょう。
おせちには人参が欠かせません。
梅の花に見立てた「梅人参」「金平」「巻物」など人参の赤色と独特の風味そして、すこやかなる様々な有効な栄養素それらを考える時、只の色合いで入れる添え物ではない優秀な一品とも言えます。
それで、関西に住まわれている方は、色の濃い真っ赤な「金時人参:京人参」を一年を通して使えるため目面しくないかもしれませんが、他の地域では、お正月前後しか手に入らない貴重な人参であったりします。
その理由は、私たちが普段から使っているオレンジ色の肌がフラットな短めの人参は、「西洋系人参」で、江戸時代頃にヨーロッパ方面から入ってきた人参です。
西洋人参の特徴としては、甘みが強く、カロテンが豊富であり、癖が無く多種の料理に使い分ける事ができ、栽培もしやすいと言った特徴があるようです。
お正月などのおせちで、使われている赤みの濃く(アントシアニン色素)、長く、肌がごつごつしている人参は「東洋人参」で、日本国内では最も古くからあり中国方面から入ってきたとされます。
しかし、栽培が難しく収量も少なく、西洋系人参よりもカロテンが少なく、主に和食系に適しており他の外来食には使い辛い面もあると言う事で、次第に西洋系人参の栽培の方が多くなっていったようです。
只、関西方面のお料理「京料理」などでは西洋人参よりも東洋人参の方が使い勝手があり、今では主に関西方面で多く栽培されています。
その事から東洋人参は、「京人参」とも呼ばれているのです。
人参にはビタミンCを破壊する酵素もあることから生食をあまり薦めない傾向にありますが、酢を合わせる事により、その破壊要素を中和させる事が可能であり、おせちに入っている大根と人参の酢の物も理にかなっているとも言えます。
また、人参特有の栄養素であるカロテンは、油炒めや、火を通す事により、体に取り入れやすくなる特徴があることから金平系も理にかなっているとも言えます。
ところで、この優秀な栄養素カロテンですが、身に少なく皮に多く含まれているのです。
おせちで使う「京人参:金時人参」は、今現在、店で使っている無農薬のお米の農家さん奥野さんに作って頂いています。
写真: 時の経つのは早きもの、シリーズの7回目、「おせちを語る」今回はおせちに欠かせない「にんじん」を語りましょう。
おせちには人参が欠かせません。
梅の花に見立てた「梅人参」「金平」「巻物」など人参の赤色と独特の風味そして、すこやかなる様々な有効な栄養素それらを考える時、只の色合いで入れる添え物ではない優秀な一品とも言えます。
それで、関西に住まわれている方は、色の濃い真っ赤な「金時人参:京人参」を一年を通して使えるため目面しくないかもしれませんが、他の地域では、お正月前後しか手に入らない貴重な人参であったりします。
その理由は、私たちが普段から使っているオレンジ色の肌がフラットな短めの人参は、「西洋系人参」で、江戸時代頃にヨーロッパ方面から入ってきた人参です。
西洋人参の特徴としては、甘みが強く、カロテンが豊富であり、癖が無く多種の料理に使い分ける事ができ、栽培もしやすいと言った特徴があるようです。
お正月などのおせちで、使われている赤みの濃く(アントシアニン色素)、長く、肌がごつごつしている人参は「東洋人参」で、日本国内では最も古くからあり中国方面から入ってきたとされます。
しかし、栽培が難しく収量も少なく、西洋系人参よりもカロテンが少なく、主に和食系に適しており他の外来食には使い辛い面もあると言う事で、次第に西洋系人参の栽培の方が多くなっていったようです。
只、関西方面のお料理「京料理」などでは西洋人参よりも東洋人参の方が使い勝手があり、今では主に関西方面で多く栽培されています。
その事から東洋人参は、「京人参」とも呼ばれているのです。
人参にはビタミンCを破壊する酵素もあることから生食をあまり薦めない傾向にありますが、酢を合わせる事により、その破壊要素を中和させる事が可能であり、おせちに入っている大根と人参の酢の物も理にかなっているとも言えます。
また、人参特有の栄養素であるカロテンは、油炒めや、火を通す事により、体に取り入れやすくなる特徴があることから金平系も理にかなっているとも言えます。
ところで、この優秀な栄養素カロテンですが、身に少なく皮に多く含まれているのです。
おせちで使う「京人参:金時人参」は、今現在、店で使っている無農薬のお米の農家さん奥野さんに作って頂いています。

None of our dishes contain any white sugar,animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.

Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.


 

Vegan  Macrobiotic  Vegetarians Restaurant TAKANO

http://kirameki-takano.com/
たかのホームページ TAKANO HOMEPAGE

(健康食工房たかの)は石川県金沢市にある、

心と身体が癒され内側から元気にをスローガンに掲げる
Vegan Macrobiotic food
(ヴィーガンマクロビオティックフード)
のカフェ食堂です。

http://deli.noob.jp/

お弁当

http://oseti.rdy.jp/

おせち

Facebook 

http://www.facebook.com/kiramekitakano       

Google+ 

http://gplus.to/kiramekitakano/

下記、3つのコードは携帯スマホサイト