写真: 先日お話した植物性100%の根菜と雑穀を使い、ミルクとバターを使っている動物性クリームコロッケに近いクオリティーにすべき、仕込んでいた「植物性100%のクリームコロッケ」が完成いたしました。
とりあえず、朝盛り付けましたお弁当に入れています。
動物性食と植物性食の違いは、植物性の方が消化に優しく酸化しにくく、動物食が時間を経過するほど変異するのに対して、植物食は、緩やかに酸化して行くという点もあります。
例を挙げるならば、肉や魚をおせちやお弁当やデリバリー用に入れる場合は、酸化スピードと変異する時間を考慮に入れて、味を濃く甘くする傾向にありますが、食物食の場合は、緩やかに酸化が進みますので、その必要は殆んど無いということであります。
要するに動物食は、出来たての物を直ぐに消化しなければ、変異した物をからだの中に入れることになるかもしれない。
しかし、植物食はその点は比較的安心できると言う点で、デリバリーやお弁当など少し時間をおいてから食べる料理は、植物食が勝っているとも思います。
話が長くなりましたが、植物性100%のクリームコロッケは冷めても美味しくお召し頂けるものと思います。


先日お話した植物性100%の根菜と雑穀を使い、ミルクとバターを使っている動物性クリームコロッケに近いクオリティーにすべき、仕込んでいた「植物性100%のクリームコロッケ」が完成いたしました。
とりあえず、朝盛り付けましたお弁当に入れています。
動物性食と植物性食の違いは、植物性の方が消化に優しく酸化しにくく、動物食が時間を経過するほど変異するのに対して、植物食は、緩やかに酸化して行くという点もあります。
例を挙げるならば、肉や魚をおせちやお弁当やデリバリー用に入れる場合は、酸化スピードと変異する時間を考慮に入れて、味を濃く甘くする傾向にありますが、食物食の場合は、緩やかに酸化が進みますので、その必要は殆んど無いということであります。
要するに動物食は、出来たての物を直ぐに消化しなければ、変異した物をからだの中に入れることになるかもしれない。
しかし、植物食はその点は比較的安心できると言う点で、デリバリーやお弁当など少し時間をおいてから食べる料理は、植物食が勝っているとも思います。
話が長くなりましたが、植物性100%のクリームコロッケは冷めても美味しくお召し頂けるものと思います。


None of our dishes contain any white sugar,animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.

Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.

Vegan  Macrobiotic  Vegetarians Restaurant TAKANO


http://kirameki-takano.com/
たかのホームページ TAKANO HOMEPAGE

takano cafe Restaurant

(健康食工房たかの)は石川県金沢市にある、
心と身体が癒され内側から元気にをスローガンに掲げる
Vegan Macrobiotic food 自然食穀物菜食のレストラン食堂。
(ヴィーガンマクロビオティックフード)
のカフェ食堂です。


http://deli.noob.jp/

お弁当

http://oseti.rdy.jp/

おせち

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano       

Google+  http://gplus.to/kiramekitakano/       

たかのフェースブック

(たかの)モバイルサイト

たべログ
        (たかの)モバイルサイト


(たかの)モバイルサイト
        スマートホン対応サイト