「野菜の皮剥きますか?水にさらしますか?灰汁取りますか?」
とお聞きするとそんなの常識!と殆んどの方が言うことでしょう?しかし、本来捨てている所に旨み成分や栄養素が多く含まれているのです。  勿論、皮を剥き、灰汁を取らないとからだに害を及ぼす野菜もありますが竹の子とかジャガイモとか・・・しかし、人参・牛蒡・大根・レンコン・かぶら・かぼちゃなど殆んどの野菜は皮ごと食べることで素晴らしく美味しく栄養価も優れた食材となるのです。  牛蒡なんかも皮をはがして水にさらす方もいますが、それでは牛蒡の旨み成分も栄養も水に流れて行ってしまい美味しくないのです。 特に料理人は、プライドがあるので、皮剥かない灰汁とらない水にさらさないと言うのは「あの料理人はいい加減な仕事するやつだ」と言われ・・後ろ指を指されかねないとの思いから抵抗があるかも知れませんが、でも最近は化学的にもそれが健康的で美味しい有効な調理法であることがわかってきているようです。
これを読まれている方で、野菜の皮を剥いている人!
皮ごと調理はすこやかおいしい調理、皮ごと野菜は食べましょう!自然食穀物菜食マクロビオティックや食養調理では、このことを含めて全ての栄養を頂くこと「一物全体」ともよんでいます。


http://kirameki-takano.com/
http://www.facebook.com/kiramekitakano

石川県金沢市三口新町3-11-22

健康食工房 たかの

TEL:076-263-7730


http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/takanokanazawa/
http://r.tabeni.co/kirameki-takano/
http://rp.gnavi.co.jp/6116050/
http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000993/