「無添加?うす味?って宣伝しているけれど?」
気忙しい今の時期目にするのは、お弁当やおせちのチラシですね。
そこには、無添加、薄味、○○○料理長監修とかキャッチコピーが書かれていたりもします。
そもそも、植物性だけならまだしも、完全無菌密封包装では無く、食中毒になりやすい、酸化し雑菌が繁殖しやすいお肉やたまごやお魚を薄味にして日持ちすると思いますか?
それを無添加で?100個200個1000個沢山の手を使い盛り付けて、「それだけのリスクを抱えて作れますか?」
化学調味料を使わないと言うこともあるかも知れません。
保存料、合成着色料は使っていないかもしれません。
しかし、添加物はそれだけではありません。
一部の添加物は無添加であっても、他の添加物が沢山入っていたとしたら如何しますか?
いったい食品添加物って何なのか?
加工しやすくする目的、日持ちさせる目的、食味食感を良くし長持ちさせる目的、色を良くしたり色落ちさせない目的。
合成添加物は300種類以上、、天然添加物は500種類近く許可されていると言います。
酸化防止剤、pH調整剤、保存料、甘味料、香料、防カビ剤、漂白剤、着色料、増粘剤、乳化剤まだ他にも聞いたことの無い添加物でいっぱいです。
外食産業の殆んどが海外食材を使っています。
アメリカや中国・・・そこで使われている農薬は?
そして、必ず使われる油は、自然的な油?使いまわししていない?真っ黒に酸化するまで使っていないの?
○○○料理長監修でもそこの調理場で作っているの?その人が作っているの?その人が食材の仕入れから調理まで全て係わっているの
無添加? うす味? ○○○料理長監修?
酸化した油・海外の農薬・他の添加物・輸入材料いっぱいでないの
からだが求めているものを感じますか?
からだからの声を感じますか?




自然食・穀菜食・マクロビ&レストラン「たかの」
お休みは、日曜日が全て定休日。
日曜日を含まない土祝祭振替休日は営業しています。
開店:11:00 LO:20:00(~21:00)
健康食工房たかの
ホームページ:http://kirameki-takano.com/


お盆過ぎから12月半ばまで、弊店では「おせち」のご予約受付を承ります。
毎年、県内外から口コミにより、ご利用数が増えています。
限定販売にて締め切る場合もありお早目のご予約をお勧め致しております。

お引渡し日は、12月31日正午から夜 (店頭でのお引渡し)

私のおせちを毎年楽しみにされているお客様は多く、お盆過ぎからご予約を頂くお客様もございます。


http://kirameki-takano.com/

ホームページ


http://deli.noob.jp/

「たかの」お弁当のページ


Facebook

「たかの」フェースブックページ

http://www.facebook.com/kiramekitakano


Google+

「たかの」グーグルプラスページ

google.com/+Kiramekitakanojp


下記、3つのコードは携帯スマホサイト

 たべログ(たかの)モバイルサイト http://r.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000993/