お客様と「水で料理は変わるのか」と言う話題になりました。
水はシンプルな要素ではありますが、とても大切なものでして、水の性質により異なる食文化が形成されてきたと言っても過言ではありません。
昔から関西方面と関東方面では、お料理の味付けが異なります。
関西方面では、素材の味を生かす薄味のお味、出汁も透き通っていますが、関東方面では、出汁の色が濃く、しっかりとした味付けが多いようです。
元々、関西は軟水であり、関東は硬水であると言う違いもあるようです。
軟水器や浄水器の普及により双方の差はなくなりつつありますが、長年の食の傾向により、今も味のつけ方は異なっているようにも思います。
軟水は、素材の味を生かす薄味でも充分お料理が出来る性質がありますが、硬水はお出し汁に個性を出す必要があるのです。
お水そのものの性質で食文化は大きく違いを見せます。
海外に目を向ければ、ヨーロッパの地域ではものすごい硬水であり、そのままでは料理に使えないため、一旦、水に野菜の切れ端や肉や魚の切れ端などを入れて煮込んでスープストックを作ることで軟水化させてから調理に使うことが殆んどのようです。
日本でも、軟水である関西では素材の味を生かした薄味の日本料理の文化が発展し、硬水である関東では、洋食の文化が浸透して行きやすかったと言う流れもあるようです。
このことから、昔から、和食を習うのならば関西、洋食を習うのならば関東と言うようなことも言われてきたような気も致します。
水の僅かな違いでも食文化は影響されているのですね。

健康食工房 たかの  Homepage: http://kirameki-takano.com/

 

〒920-0944 石川県金沢市三口新町3-11-22 TEL・FAX:076-263-7730 
None of our dishes contain any white sugar,animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.
Vegan Macrobiotic Vegetarians Restaurant TAKANO
SHOP HOUR:AM11:00~PM8:00(Can be extended. ~PM 10:00) 
SHOP HOLIDAY:SUNDAY 
(Subject to change according to month. See sign at store front or visit our web page.)
PARKING:FOR 5 CARS  
SEATS:14 OR LESS 
(You can reserve seats by making reservation.)  
KENKOUSYOKUKOUBOU TAKANO 
TEL:076-263-7730 (Japanese only.)
ADDRESS:3-11-22 MITUKUCHISHINMACHI, KANAZAWA, ISHIKAWA