最近、癌を患う方が多く、2人に1人が患うかもしれない病気とも言われています。
確立からすれば50%・・そこで、癌関係の情報サイトなどを見てみますと、予防方法なるものが書かれていたり致します。
最も重要な改善予防策が順番に書かれているのですが、数年前までは食事や生活習慣の改善が一番最初に書かれていて、喫煙が、下のほうに書かれていたのですが、今では一番最初に書かれていて、それに受動喫煙が追加されています。
「禁煙するべき、煙を吸わされ無い様にすること」と書かれているのが殆んどです。
前にも詳しく書きましたが、タバコの害が相当関係していることが公になってきたと言うことでしょう?
タバコの毒とそれに含まれる多種の発がん物質が肺で吸収されて血液により隅々の細胞へと運ばれているのですから・・・
それだけが悪いと言うことではありませんが、今の時代「禁煙・受動喫煙」は一部の地域を除き世界の常識となっているようにも思います。
依存性があり、健康にも悪い、吸っている本人だけでなくその排煙を吸わされている人の健康も害すると公の場でも禁煙を勧めている現状ですが、だからと言って全面禁止にはなりません。
個人個人が判断し理解して行くしかないのです。
禁煙をするには依存性があり、なかなか1人では難しいものです。
依存度が強すぎる人には病院の手助けが必要と言う事で「禁煙外来」が最近病院に増えているのです。
1人で苦しまないで「禁煙外来」へ行きましょう!


自然食穀菜食堂 健康食工房たかの
Homepage: http://kirameki-takano.com/