なぜ?

健康指導家からスピリッチュアル系セラピストになる方が多いのか?
神秘的なものに傾倒する方も多いのか?
考えてみた。
店を開業してから、16年目に入りましたが、その間には多くのご縁を頂きました。
その中には、食や生活習慣改善などを通じての健康指導を生業にしている方も少なくありません。
そこで、思い当たる節があるのですが、そのような方の中には、精神世界的なものやセラピーを学び、セラピストに職替えをされる方が結構多いのです。
私が把握している中でも数名の方がいます。
大体ビジネスの対象が女性の方が多いと言うこともあり、女性が好む神秘的なものも取り入れつつという方も中にはいますが・・・
それとは別に、なぜなのか?と考えてみますと・・セラピスト:精神世界など目に見えない世界を相手にしたご職業に転職された方の多くが、病気などの予防や治し的な関わり方をしていた人に多いということです。
中には、お坊さんになってしまった方もいたりして・・・
明治時代の軍医で食で病気を治したという福井出身の食養の父とも言われている石塚左玄、後のマクロビなど様々な食養生系の流れを生み出す元となったといっ ても良い方、その方のような食医的なものに活路を見出そうとされた方の中でもある意味限界を感じた方々が、精神世界へと活路を見出して入って行くのではな いかと思います。
食や生活習慣を改善してみても精神的なものに乱れや病みがあれば、改善の見込みがないとその方持論の悟りを開いてしまった方々です。
「答えなどあるはずもないのに答えを求めてしまう」つまりは一生懸命になりすぎてしまった方々に多いのかもしれません。
しかし、いくら、精神面で改善されたとしても、体を構成している元となる食が改善されていなければ意味がありませんし「しんみいったい」心と体はどちらが欠けていてもだめだと思います。
様々な健康的な生活法や食を通しての健康法なるものがありますが、それは、病を治すというよりは、日々生活していく中で少しでもすこやかなる時を楽しめたらいいね!リスクを軽減しながら毎日を生き生きと過ごせたら最高ですね!と言うことが全てであるようにも思います。
それが病気治しのためにあるのではないと言うことです。

話変わって、今の世の中は不思議なもの。
医師免許を持っていながら、スピリッチュアルなものに傾倒している医師もいて、精神世界的な感覚での診察をされている方もいるようで「スピリッチュアル・ドクター?」とも言われているようです。
主に、その手の感覚的なものを好む女性の方に大人気だとか?


無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
 金沢市自然食穀菜食堂 健康食工房たかの
お食事のご予約可能(数か月前~当日のご予約も可能)
(お名前・お電話番号・ご利用人数・お時間・お料理内容等)

おせちのご予約可能
(クリスマス前後まで、限定数販売)
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・数量 ケーキ割引特典あり

おせちの詳細ページ
(スマホ対応)
http://oseti.rdy.jp/
営業時間:
am:11:00~
m:8:00LO(~pm9:30)

2014osetipanfuretuto4gazou
ホームページ:
http://kirameki-takano.com
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
2014osetipanfuretuto3gazou2014osetipanfuretuto4gazou