IMG_7342
食養・マクロビ・ナチュラル系の食生活法・・そのほとんどの方が、健康食材としてミルクを飲んでいません。
ミルク飲まないでカルシウム不足にならないの?と言われる方もいます。
しかしどうでしょう?ミルクを否定するお医者様もいたり、大絶賛しているお医者様もいたりと様々です。
給食などではミルクやたまごが必ず付いてきます。
ミルクなしでも食材の組み合わせによりカルシウムを体に取り入れることはできますが、限られた予算の枠の中で、ミルクはかなりお得で数字的には優れているため省くことは難しいようです。
ミルクを使わないから給食費を値上げします!という事になれば大変なことになるわけです。
ミルクとたまごは限られた予算の強い味方!省くことは難しく、和食給食にもミルクがついているのは致し方ないようです。
一昔前は、ミルクを飲めば骨が丈夫になると水代わりに何リットルも飲んでいる人もいました。
しかし、今そんな人はいません、たくさん飲めばそれだけ骨にカルシウムが行くということにはならないからです。
それよりも、ジャンクな食べ物を頻繁に食べていたり、精神的肉体的なストレスがあった場合など、それを正常に保つために、骨からカルシウムが使われていることも無視はできません。
骨からカルシウムを奪われない生活習慣の改善、食習慣の改善、精神的な安定もカルシウム不足の改善に大きく関係しているようにも思います。
カルシウムが体から奪われるのはあっという間・・・
カルシウムは骨から使われる・・・
骨を作るにはそれ以上の時間がかかるのです。
カルシウムや様々な栄養・・・お野菜・豆類・雑穀などの穀類・海藻など・・複数の食材から総合的に体に取り入れたいものです。
この世の中に100%体に良い食べ物などありません・・良い面・悪い面・プラス・マイナスを必ず有しているのです。
百人百様同じ人がいないように、その人にとって適している食は異り、数字をただ合わせ安堵することがはたして正しいことなのか?疑問視する人も少なくはあ りません・・・・別にミルクを完全否定するものではありませんし、それを体が真に必要としているものならばその人にとっては必要なのでしょう?
先を見据えてのメリットとデメリットも考えつつ、要はそれがその人にとって体に合っているかどうか?という事なのでしょう。
食とはとても奥深きものであります。
今あなたが食べている食事・・あなたの体に合っていますか?
この機会に考えてみても良いかもしれません。

http://kirameki-takano.com
無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
金沢自然食穀菜食堂 健康食工房たかの
営業時間:am:11:00~pm:8:00LO(~pm9:30)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730