金沢は、海外からのゲストも多く、旅行・学会・会議・カルチャー・コンサート・・様々な用途で、来日されている新旧の町並みが融合している文化的な城下町、近年、その知名度もうなぎのぼり、海外からのお客様のお食事のセッティングを任されることもあるかも知れません。
先祖伝来の食傾向やお好みにもよりますが、特に、欧米人には日本食が喜ばれるようです。
せっかく日本に来られたのですから、その国の食文化にチャレンジされ、その体験を、おみやげに帰国されるのも醍醐味というものであろうかとも思います。
何でも食べれる方の場合は、お好みをお聞きして割烹や料亭に食事や仕出しを頼めばよいので案外簡単にことは進みます。
しかし、宗教的であったり健康生活法で食事制限がある方の場合は悩むもの、対応してくれるところを探すのも大変な作業です。
なぜなら、よく選ばないと、大変なことになる?
特に、海外の方はベジタリアンが多い・・・
彼らの中には厳しい戒律が定められており、先祖伝来、守られてきた食生活というものがあり「食べてしまった」では済まされないからです。
そこで、託された場合のアドバイスをちょこっと!
まず、お客様の人種、お住まい、宗教的に食べれないのであるならば何教であるか、健康生活法は何をされているのかを大まかにでもよいからお聞きすること、検索をかけて食べれるもの食べれないものを事前に調べておくことが肝心です。
例えば、ベジタリアンですとお聞きしていたとしても、ベジタリアンとは大きな枠であり、様々な食べ方があるからです。
それで、お店に予約を入れるわけですが、「ベジタリアンの料理やお弁当って出来ますか?」「できますよ!」と受け応えをするだけで、詳しく内容を聞いてこ ないお店は要注意「出来るって言っているんだから出来るんだろう」で、詳しく説明を伝えないままに終わってしまったらとんでもないことになりかねません。
なぜなら、除去食すればそれでよいと言うものではなく、それには厳格に守らなければいけないルールがあるからです。
私の店では、動物性のものは使わないのですが、それでも、お問い合わせがありましたら、詳しくお聞きいたします。
「成分までも除去するのか?」「自然発酵(味噌・醤油・漬物)以外のアルコールの混入は避けるのか?」「にら・たまねぎ・ねぎなど除外するのか?」「小麦 除去の場合、グルテンフリーを求めるのか?セリアック病に由来するグルテンフリーか美容目的のゆるいグルテンフリーか?」・・・・詳しくお聞きして対応で きないものはお断りしています。
食とは奥が深きもの安易なお引き受けは、避けるべきと考えます。

http://kirameki-takano.com
無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
金沢自然食穀菜食堂 健康食工房たかの
営業時間:am:11:00~pm:8:00LO(~pm9:30)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730

IMG_6780IMG_6535