四方山話~同業者の方とのお話 良評 酷評 クレーマー
昨日、ご常連様からの大口のお弁当が急に入り、夕方から店を準備中にして出前に出かけておりました。
給料日前の24日は、月のうちでも一番静かな日であり、お弁当のご依頼はとてもうれしく思い感謝しております。
さて、本題と致しましょう。
数日前、すこやかなるものをお客様にお出ししたいと願う同じ志を持つであろう自然食のCAFE?食堂?同業者の方に御来店頂きました。
お店の名前は言われなかったのですが、数年前にお店を出された方で同じくお料理をお出ししている方です。
「もう・・びっくりするぐらい色々な方が来られて・・軽くマクロビを齧った方や普段からB級グルメやお肉などをお好みのグルメ嗜好の方もお見えになります が、良評をする方も入れば、あることないことあんなことまでと酷評をされる方もいて・・勉強不足を痛感します・・」と言われるのです。
わたしは、「ご指摘されることはヒントともなりますので受け止めて改善するべきところは参考にし、しかし、クレーマー的な方も中にはいますので、多くの場 合そのような方には精神的に満たされない部分があり、その不のエネルギーを酷評と言う形で発散されているのでしょう?それは仕方がないこと、その方にとっ ては必要ない食や店舗であったということであり、憎悪のイメージを他の方に発信されるのは如何なものかとも思いますが、真にこの食を必用とされている方が いる以上は、そのような酷評は無視し、志を貫くのが良いと私は思っています。」とお答えいたしました。
「わたしも店を始めて16年間、今年の夏で17年目になりますが、良評もあれば、これは違うぞと言う酷評もあります。中には、ありもしないことを酷評とし て至る所で宣伝されていた方も過去にはいましたが、気になさらないのが一番だと思います。ご常連様などこのお料理でなくてはいけないと言う方のほうが多い のですから、その方の酷評に影響されて同調されご縁が無くなる方がいたとするなら、その方もこの食やお店にとって、ご縁の遠い方であり、その方の受け皿は 別にあると言う事です。」
「でも、そういう酷評をされていた方の中でも、時が経って体調を崩されて私のお店のご常連様になって頂いた方もいるんです。
大小なりともストレスを抱えてその発散の窓口としてクレーマーになってしまう・・人の心とは弱いものです。ご縁とは不思議なものですね」
「そうですね・・ご縁ってありがたいものですね!」
「ありがたいですね・・・・」

IMG_7628

無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
金沢自然食穀菜食堂 健康食工房たかの

ホームページ:
http://kirameki-takano.com/

ブログ:
http://vege.blog.jp/

営業時間:am:11:00~pm:8:00LO(~pm9:30)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730