私のお店には、お肉もお魚も牛乳もバターも卵もヨーグルトも鰹節も置いてありません。
白砂糖も合成旨み調味料も置いてありません。
私のお店は「穀菜食」のお食事のお店です。

029_R3655fflskwejfjef65wdwqd1987c029_R3655333333fflskwejfjef65wdwqd1987c030_R3655333333fflskwejfjef65wdwqd1987c031_R3655fflskwejfjef65wdwqd1987c031_R3655333333fflskwejfjef65wdwqd1987c032_R3655fflskwejfjef65wdwqd1987c032_R3655333333fflskwejfjef65wdwqd1987c033_R3655333333fflskwejfjef65wdwqd1987c

元々は板前でしたので、お店で「お刺身とかも出せば?」と言われたり、自然食のイベントで魚を仕入れてくるから、さばいてくれないか?と依頼があったりとしたこともありますが、店としては「穀菜食」とは離れますので、お断りしてきました。
只、うちの親が、おみやげに漁港でこれでもかと魚を買ってきた時には、ずいぶん使わなくなった大きな出刃とやなぎを出してきて店の板場で調理は出来ませんので、自宅の台所で調理したことはありますし、家内の実家で調理してあげることもありました。
今から16年前、日本海側のお店で、魚やお肉などを一切使わない店を開くことは考えられないことで、色々な方から「すぐにつぶれてしまうぞ!」「精進料理?」「なんかの宗教食か?」とよく言われたものです。
まず「穀菜食・マクロビ・自然食・・とは何か?」をお伝えすることから始めなければいけませんでした。
散財をしてマクロビの先生をお呼びしてのセミナーも計画して見たり、先生と組んで料理教室をして見たり、ちらしを作ったり、まだ出始めのパソコンを購入して見よう見真似でホームページを作ってみたりも致しました。
そうこうしているうちに、口コミで人が集まり、県外の方や外国からの旅行者様がお見えになることが多くなり、気がつけば今年の夏になりますと17年目となることが出来そうです。
この17年の間には、私のようなジャンルのお店が出来ては消えていき少なくとも十数店舗のお店が入れ替わっている今も厳しいジャンルの食形態は変わりありません。
様々なご縁に感謝し、私のお料理が必要なお客様のために精進調理していきます。
おかげさまで、北陸でも日本全国でも珍しい「穀菜食」のジャンルのお店で今年8月6日を過ぎますと17年目を迎えます!
心からご愛顧アリガトウございます!


無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
発芽活性玄米ごはんを食べれる店
金沢自然食穀菜食堂 健康食工房たかの

ホームページ:
http://kirameki-takano.com/

フェースブック:
http://www.facebook.com/kiramekitakano

営業時間:am:11:00~pm:8:00LO(~pm9:30)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730