穀菜食(マクロビ・食養生系)では、動物性素材は避ける傾向にありますが、今回はお魚の汚染について考えて見ましょう!
p33hotocatphot22ocat
食養生系(各種健康系・自然食事法)にて、脂の多い肉や大きな魚を避ける傾向にある理由を考察してみると、まず、脂には毒物が蓄積しやすいと言うこと、大 きな魚及び何年も生きていられる長寿系の魚を避ける傾向にあるのは、何年も捕食しながら生きるため、内臓や脂に毒物が濃縮溜まりやすいからとも言われてい るようです。
魚類の平均寿命を見て見ると、圧倒的に大きな魚の寿命が長いのです。
では、小魚は大丈夫かと言うことですが、大きな魚よりは安心のようですが、これも餌の状況や環境により左右されるようです。
特に、海の底近くに生息している魚介類や小魚の場合は、毒物が蓄積しやすく多少なりとも餌として一緒に身体に取り込むため内臓系を食べるのは避けたほうが無難であると考えている人は多いようです。
不自然な科学的な物質や各種汚染や薬物・・まったく汚染の無かった大昔ならばそんなことは考えなくても良かったのではと思うのですが、今の時代は総合的に考える必要があるようにも思います。
追記:
水質汚染は、工場からの排水や農薬の散布以外でも、生活排水も大きく影響しているとされます。
例えば、日本国内では少ないのですが、外国では避妊用のピルが多く飲用されており、それが生活排水として河川を汚染し、海に流れることから問題となっているようです。
我々の日ごろから飲食しているものによっても、環境汚染を起こすかも知れないのです。

None of our dishes contain any white sugar,animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.
お客様のご縁に感謝しております。
無添加自然食穀物菜食:マクロビオティックスタイル
発芽活性玄米ごはんを食べれる店
金沢自然食穀菜食堂 健康食工房たかの
ホームページ:
http://kirameki-takano.com/
フェースブック:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
営業時間:AM:11:00~PM:8:00LO(~pm9:30)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730