p33hotocat
この前の書き込みの反響(リーチ数)は極めて大きく、日々の飲料水の安全性について、関心のある方が極めて多いことが、拝察されその関心度にも驚いております。
浄水器等をお考えの方も多いものと思い、ここに、浄水器とは何であるか?をご説明することと致しました。
導入する前のご参考頂ければ幸いで御座います。
浄水器は殺菌器ではありません。 水道蛇口までの原水は、充分な塩素濃度(殺菌)が必要です。
(浄水器は、塩素により、消毒・殺菌された原水と双方の機能性と共に効力を発揮するものです。)
浄水器及び浄活水器は、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合する原水を使うことが基本となります。
浄水器は、殺菌器ではなく、消毒液を添加する器でもなく、除去対象は活性炭で除去できる範囲内のものに限られウイルスや菌類を完全に殺菌することは不可能です。
一軒家では水道本管から引き込み配管がストレートで短くあり、水道水に含まれる塩素濃度も高く保たれるので、蛇口まで消毒が行き届き、そんなことはあまり 無いのですが、ポンプで一旦引き上げるマンションなどでの場合、メンテナンスが行き届いていない貯水タンク内の場合や、そこから配管され、水道蛇口までの 充分な塩素濃度が確保されていない場合など、菌類の殺菌及び発生を押さえ込むことは難しく、ウイルス・菌類を含める微生物が貯水タンク内・水道配管内で増 殖する傾向にあるようです。
特に、菌類が増殖しやすい夏場等、管理が充分でない貯水タンク内では塩素濃度が低くなり、菌類が増殖しビルの上の貯水タンク内部に、ぬるっとしたゼリー状の菌の増殖が見られる場合があります。
そのような粗悪な水道水質でも、蛇口から直接水道水が流れていく場合、遮るものが無くウイルスや菌類もストレートに流れて行きますので、実際はそれらを日々、人体に取り入れていることになるのですが、目に見えないため見過ごされているのです。
蛇口から見える形でぬるっとした粘性のある水が出る場合は貯水タンク内や配管内にて、水道原水が汚染されており、相当の菌類が増殖しているかも知れず、浄 水器などのシャワーヘッドの小さな穴の内側から、ゼリー状のものが塞がれて行き、シャワーヘッド内部にゼリー状に溜まる現象が見られる場合は、原水そのも のが汚染され菌類・微生物が発生し流れて来ている状態を示唆しています。
逆流洗浄機能つきの浄水器の場合は、カートリッジ内の汚染物質を外に排泄することがある程度可能であり、汚染された物質がカートリッジに溜まりっぱなしと言うことをある意味軽減させることが出来ます。
しかしながら、逆流洗浄により、本体内部が綺麗に保たれていても、蛇口に取り付けるシャワーヘッドから本体に繋がるホースの内部にゼリー状のものが残る場合があります。
この場合は、本体からのホース並びにシャワーヘッドを取り外し、キッチン用塩素系殺菌剤を希釈した水溶液に漬け置きした後、本体につけ戻し、充分に通水後使用することで、ゼリー状の物が消え改善されます。
しかし、それらの現象が起こる場合は、原水が水道水基準を満たしていない場合も考えられ、お住まいの水周りの管理者に貯水タンク内のメンテナンス並びに蛇口までの水道水の殺菌可能な、塩素濃度の改善等、水道法に適合した水かどうかを確認することをお勧め致します。
道路の下に埋められている水道本管からの、その土地所有者のビルの敷地引き込み配管及び貯水タンクからの水道蛇口までの配管は、その所有者の管理責任となり、行政では対応は難しいのです。
夏場に多い水道原水のぬめりをおびた水質やゼリー状の現象は、浄水器並びにシャワーヘッド等の欠陥や不具合、それらを開発したメーカの責任ではなく、菌類が混ざって流れてくる粗悪な原水が影響しています。
逆に、そのような現象が発生しない場合は、お住まいのマンションの水道原水・水環境のメンテナンスと管理が良心的に行われていると言う事であろうと思われます。
浄水器・浄活水器は、遊離残留塩素、トリハロメタン、ダイオキシン、鉛、農薬を除去することを目的に開発されているものです。
浄水器・浄活水器は水道水基準を満たしていない原水を飲料に適した水に作り変えることや、菌類やウイルスや微生物を完全に除去することは不可能であり、浄 水器及び浄活水器は、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する 水質基準に適合する原水を使うことが基本となります。


補足:
我が国では、水道水質基準について水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが求められます。
つまり、通常であるならばこの基準以内の水質の水が蛇口から出てこなくてはいけないということです。
それを踏まえた時に、消毒に使われる塩素や配管を流れてくる際に発生するトリハロメタン・ダイオキシン・・鉛・微量な細菌などをろ過したり、マイナスイオ ンやミネラル・水のクラスターの整いなどを目的に殆どの浄水器や浄活水器は開発されて来ましたし、日本国内では常識としてそれでよかったのです。
しかしながら、尋常ではない、放射能の混入や病原菌やウイルスなどが多い下水や汚水に近い水質の水をろ過しなければいけない事態となった場合は、通常の浄水システムでは不可能であり、その場合は、逆浸透膜式浄水システムが現在のところ有効であるとされています。
しかしながら、通常の水圧では、ろ過するのに時間がかかりすぎる、水量を得るには、相当の水圧が必要であり、電動ポンプを作動させる必要があり、停電時は使えない、安全を期待すればするほど本体が大きくなりすぎる、飲料用の水に対しての無駄になる水が多く節水を期待できない、メンテナンスが高額であり、カートリッジの交換を頻繁に行う必要があるそれに加えて様ざまなデメリットもありメリットもあるようです。
しかしながら、水道水基準を満たさない飲料に適さない汚水での生活を余儀なくされている方には、現在のところ、逆浸透膜浄水システムしか選択の余地は無いものとも思います。
しかし、その普通では考えられない水環境で生活しなければいけない人達にとって、それは大きな負担となりえることも事実であります。
このようなことは無いとは思いますが、もし万が一、飲料に適さない原水が蛇口から出ている場合、法に照らし合わせて水道水質基準の原水が使えるかどうかを管理者に尋ねることが先決であるものとも思います。

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/