photogggggcat
管理を怠っている貯水槽などもある件について先日から書き込んでいますと、お客様から浄水器を選ぶにはどうしたらよいか?とのご相談も頂き、中にはお店をされている方からのお尋ねもあり、メールなど食堂の営業の間に十分な対応が出来ませんので、ご自分でネットでお調べ頂ければ幸いで御座います。
貯水槽に関しましては、貯水槽の有効容量が10m³を超える場合、水道法によってその設置者の義務として、厚生労働大臣登録検査機関の検査受検が年1回と年1回の貯水槽の清掃・点検・汚染事故発生の対応が義務付けられているようですし、水道水質基準については、水質基準項目と基準値(51項目)において、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することとされていますので、通常なら蛇口からそのグレードのお水が出ているのが常識なのです。
しかし、残念ながらそれがきちんと全ての貯水槽に対応されているかと言うとそうではなく、管理者によっては、杜撰な管理のものもあるそうで、罰則はあるようですが、守られていない場合もあるそうです。
まずは、住居や店を構える前に、水環境・衛生的なメンテナンスと管理のしっかりしたところを選ぶことがなによりの基本であるとは思います。
運悪く水質の悪い水回りを選んでしまった場合は、所有者ならば自ら改善されるか、そうでなければ管理者に改善を求める必要があると思います。
特に夏場に水質の悪化かが見られるようにも思います。
浄水といっても原水の質に大きく左右されますので、どこまで浄水しなければいけないのか、どういう水が欲しいのか、をイメージすること、それには、現状の水質を調べることもある意味必要かとも思います。
場合により、今の現状のままに使うとか、外からお水を購入するとか、浄水器の間に殺菌器を挟む必要もあったり、安価な浄水器で充分な場合もありますし、より美味しい水を求めるなら浄活水器の選択を考えて見たり、原水が常識では考えられないくらい汚染されている場合は、逆浸透膜浄水システムを考えるなど、その他にも様ざまな選択が考えられます。
情報社会、様ざまなことが公開されていますので、自ら良き選択を調べて見ては如何でしょうか?
やはり、自然に近い美味しいお水が基本、それで作るお料理も氷にしても美味しくもなり、清らかに潤うことに・・・

たかの(自然食穀物菜食堂:マクロビ・ベジ・ビーガン)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00 LO(~PM9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:

http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/