私の「食堂」は、健康をテーマに立ち上げたお食事、食べ物や飲み物が身体に入ってどのように取り入れられて行くのかも考えての「健康食工房」。
我々は、白砂糖などの単糖類や科学的合成添加物やジャンクフードや動物性の脂などを過剰なほど身体に入れ続け、それにより、ダメージを受けた身体を元に戻すため、体内酵素や骨を溶かし得てカルシウム等を浪費しつつ、過剰なストレスを与え続けているのが現状です。
週の内の数回でも、からだに休息を与えてあげたいものです。
たかのでは、そのことも考慮し、リセット目的の方、ナチユラルヘルシーをお求めの方にも対応できるように、ジャンクなものや動物性の食材を一切使わず、野菜や穀物や海藻や豆類などでバランスを考えたお食事をお出ししています。
そのため、ベジタリアン(菜食主義)の方やビーガン(完全菜食主義)の方でも安心頂いてお召し上がり頂けるお料理のお店です。
お料理のスタイルは「穀物菜食:穀菜食:発芽活性玄米菜食:玄米菜食:マクロビオティック:マクロビと様ざまな表現がありますが同じ系統」です。
野菜だけを食るスタイルではなく、雑穀などの穀物や豆類や海藻類などを組み込んで行くバランス【全粒穀物(主食も含む)60%・野菜30%・豆類海藻類10%】様々なスーパーフードである雑穀や活性発芽玄米ご飯などの比率が約半分を占める事になります。
ですので、一般的には「穀菜食」と表現がなされています。
お客様の中には、菜食主義(日本人)の方の中に多い、主食や穀類などを食べない野菜だけを日常食べている方もお見えになられます。
「雑穀などの穀物や海藻や豆類は食べたくない!とにかく野菜だけを食べたい!蒸し野菜だけを食べたい!生野菜だけを食べたい!」とのお問い合わせのお客様もいたり致しますが、場合により充分な対応が出来ない場合がございます。
私の営んでいるお店はバランスを考えた健康食「穀菜食」のカテゴリーに入るからです。
日々の健康を考えた場合、野菜だけでバランスを整えることは、まず出来ないことであり、穀物や海藻類や豆類・・加熱調理・非加熱調理など様々な恵みを組み込みながら其々を補いバランスを整えて行くことが肝心であると思っています。
補足:
外国の方と日本人の方のベジタリアン(菜食主義)ビーガン(完全菜食主義)の違いについて・・・
日本人は、雑穀や米など主食になり得るものは、野菜として考えない傾向にありますが、外国の方はお米や雑穀も野菜として考える傾向にあります。
そのため、日本人と外国人のベジタリアンとビーガンの食傾向は異なる部分があります。
日本人のベジタリアンとビーガンの方々は、生野菜や温野菜を主に食べる傾向にあり、ご飯や穀類を食べない方も中にはいますが、外国の方では、米などの穀類もよく食べる傾向にあるのです。
只、食養生(健康食)としてのカテゴリーに入る「穀菜食:マクロビ」と動物愛護などからのアプローチとしての「ベジタリアン・ビーガン」の食としての考え方は大きく異なります。

ph22424457otocat
http://oseti.rdy.jp/
(①たかのオリジナルおせち)
http://kirameki-takano.com/new_page_18.htm
(②たかのオリジナルおせち)
たかの(自然食穀菜食堂)
営業時間:AM:11:00~PM:8:00LO(~pm9:00)
石川県金沢市三口新町3-11-22
TEL:076-263-7730
Homepage:
http://kirameki-takano.com/
facebook:
http://www.facebook.com/kiramekitakano
Google+:
https://plus.google.com/+Kiramekitakanojp/posts
Blog:
http://vege.blog.jp/

oseti2017pafu