IMG_7043IMG_6fdas900
加賀野菜の王様!「加賀れんこん」シーズン到来!
加賀蓮根の収穫は8月下旬から翌年の5月中旬まで、小坂、河北潟、薬師谷、才田、森本で栽培されています。
栽培の歴史は古く、加賀藩前田綱紀のころから城中で栽培され、薬用に使われていたそうです。
古くから民間療法的にも使用されてきた歴史もあるようで、もっとも有名なのが消炎作用、咳止め、その他にも高血圧や生活習慣病の予防・・美肌効果、胃粘膜保護、止血作用、整腸作用など多岐に渡るようで、お殿様の時代、薬用として重宝されていたのもわかります。
その栄養(ファイトケミカル)は驚くほど!ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、リン、鉄、亜鉛、食物繊維、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マンガン・・
食用として栽培が始まったのは、明治の半ば頃からで「小坂蓮根」と呼ばれるようになりました。
加賀蓮根は粘りが他の蓮根と比べようもないくらいあり、すりおろしただけで自然薯のように纏まりつなぎを入れなくても、味噌汁の鍋に落とせばお団子状に固まり蓮根汁に!焼き上げれば、もちもちとした弾力のあるお餅のような仕上がりになります。
生のレンコンを切り分けるとその粘りが糸をひくのがわかります。
石川県は全国と比べても、蓮根の消費量は飛び抜けて多く、今の時期から大いに使われる「健康食材」です!
私の店では、れんこんハンバーグ・れんこん餠・レンコン団子・れんこんステーキ・酢レンコン・レンコンのはさみあげ・天婦羅・フライ・れんこんの金平・・様々なお料理に使います!
れんこんスイーツでも作りましょうか?
自然からの贈り物
金沢市自然食穀物菜食マクロビ専門料理の店
http://kirameki-takano.com/new_page_2.htm
金沢市三口新町3-11-22
健康食工房 たかの