IMG_3927_convert_fff20130419180737IMG_3951IMdsdwG_5507ヒジキや切り干し大根は様々なお料理に出来ます!
画像のお料理、ヒジキと切り干し大根を使って出来ています。
工夫次第でお肉のようにお魚のように換えられるのですが、わたしは、ランチにはヒジキの旨煮や切り干し大根の旨煮は必ず付けるようにしています。
最近の自然系レシピ本は、昔ながらの日本の家庭料理的な物よりも、多国籍なものが多いです。
我々の体にあっている食は昔ながらの和食なのですが残念なことです。
まだ若くて、体内酵素も充分有り、多少無理しても睡眠の間に崩れたバランスを整えてくれる余力が充分残っている人は、何を食べても良いのでしょうが、20歳代の半ば過ぎからその力は次第に無くなって行き、ちょっとしたタイミングで、そのバランスが一旦壊れてしまうと「昔ながらの飾らない和食」を身体が求め、本当のご馳走の意味を知る事になります。
和食は、先祖伝来の家庭料理が基本となっていますので、我々が先祖伝来その土地の気候風土その食で生き抜いていく中での親から子への命のバトンが基本となっているからだと思います。
今、親から子へと継承されてきた家庭料理が失われつつあります。
一旦失われたものは元には戻せません・・昔のレシピは残っていても実際に手にとり学ぶ機会があり親から子へと継承する機会があり、日々作り食卓になければその食文化は失うのです。
なぜそれを書き込むのか?
覚えていて欲しい、いずれ誰でも遅かれ早かれその時は訪れるから、からだに優しい食とは先祖伝来受け継がれてきた食であることを・・
石川県金沢市にある穀菜食の食堂
お野菜たっぷり健康食工房たかの
https://kirameki-takano.com/