IMGkkjhgfffc_6356
注目!必見!案外知らなかった身近なものでの「食」夏ばて予防対策!
夏ばてに最適な「食」その中でも最近注目されているものがある!
「発芽活性玄米ごはん」である!
発芽させていない「玄米」ではないので同じ玄米でも注意も必要だ!
なぜ?発芽活性玄米が注目されているのか?
食物繊維、ビタミンB1、オリザノール、GABAが豊富に含まれており、発芽させない玄米御飯よりも、格段に消化にやさしい事から、夏ばて時期の身体のだるい消化ストレス期間にも重く感じないやさしさがある。
夏ばて予防に効果が期待出来るであろう栄養素もバランスよく含まれているため注目されているのだ!
では、発芽させていない玄米御飯でも、圧力鍋で丁寧に炊いたり、おかゆやクリームにしたりすれば、消化に優しいのでは?と思う方もいるだろう!
しかし、どんなにモチモチに柔らかく炊いたとしても、玄米そのままの状態では消化に負担がかかるのは一般常識である!
昔からある玄米を推奨する食養生系健康法推進コミニュティでも玄米の場合はどんなに柔らかく炊いたとしても、口の中でこれでもかと噛んでペースト状に唾液と混ぜ合わせ頂くことが推奨されてきたのはこのためである。
玄米そのままでは消化にかなりの負担を与えてしまうのであり、そのため、消化能力に乏しい真夏の身体のだるい時期には「玄米御飯は重く感じる」のである。
これで玄米御飯がなぜ?重く感じるのか?はお分かりだろうと思います。
それは、玄米が消化にかなりの負担を与えているからです!
それが、疲れが溜まっている時期や身体がだるい時期、胃腸が弱い時期には、わかるのですね。
しかし、同じく玄米系であったとしても、玄米御飯でなく、発芽活性玄米御飯では、真夏でも重く感じないのです!
早食いでもすーと身体の中で溶けていくように、玄米の外側の機能的な部分も効率よく消化されていきますので、夏ばて防止にも最高かも知れません!
金沢市で、発芽活性玄米御飯を食べれる店は?
「たかの」です!
ーー
金沢市三口新町3-11-22 
TEL:076-263-7730
健康食工房たかの 
営業時間:午前11時~午後8時(LO)日曜定休
7月の臨時休業日:7月23日(月)
ホームページ:https://kirameki-takano.com