rannti
金沢自然食おやじの四方山小話~
最近始めてご来店のお客様から「ご主人はなぜ?このような店を始められたのですか?」とよく聞かれます。
その多くの方が「身体を壊されてこの食事に興味を持ったのかなと思って・・」と言われるのです。
しかし、私は生まれ持って健康体であり、人よりも切り傷などのダメージも治りやすく、大きな病気などした事も無い・・私の家系、ご先祖様も長寿であり、しかも、他界する寸前まで頭がしっかりしていたと、今は亡き大往生の祖父母からも聞いています。
私の店のような極めて健康にこだわった料理店や自然食材店の店主、或いは健康指導の先生の殆どの方は、大きな持病を抱えていたり、先祖から病のかかりやすい遺伝的なものを引き継いでいたりされている方が多く、生活習慣や食習慣を改善をすることによって健康を維持できた・・小さな時から身体も弱く助からないと言われていた方がその予想を覆せたと自負されている方が殆どだからかも知れません。
有名な健康指導家の殆どの方は、遺伝的なリスクを生まれながらに抱えている方が多いのです。
癌にかかりやすい家系だったり、短命な家系だったり、糖尿病などの遺伝的リスクが高い方だったり・・・その避けがたいリスクを自分の信じる健康法なり食事法や精神的なものにより治すと言うのではなく、先に延ばす、予防して行かれた方々が殆どです。
有名な健康指導家の方々を思い出しますと、70歳代や80歳代で他界された方もいますが、わたしは、リスクと付き合いながら生涯を全うされた先生方は「大往生」であると思っております。
話が長くそれましたが・・・
私がなぜ?こんな店を始めたのか?
「店を始める数年前にこの系の食事に興味を持ってしまった・・・・必要な人がいるんじゃ無いかな?」と感じてしまったことが全ての始まりです。