IMG_40ffffs56
慎重に洗浄しない生野菜は「危険野菜? 」食べない選択もありかも!
重要なのは、見えない汚れこそ洗浄しなければいけないこと!
私は外食に行く際には有機野菜や自然農法の野菜を生で食べる店は避けています。
それは、作り手が神経質なまでに良く洗っているかどうかの核心が持てないからです。
作り手に、こだわり野菜だから大丈夫!と曖昧な考えもあるからです。
保険所では既に、特に食を提供する全ての生業の方達へ生で食べる野菜等は、充分な流水で洗浄し、必要なら殺菌剤を使うことを指導しているのです。
これは、通常のお野菜や有機野菜共に指導されていることです。
脅威は既にあり、リスクがこれからさらに高まる懸念もあるからです。
有機野菜や自然農法の野菜の農家さんは研究されご苦労されて栽培されており、栄養価も高く農薬も使われずとても素晴らしき野菜なのですが、それを使いお客様にお出ししている作り手が「神経質までに洗浄しなければいけない!」ことが理解出来ているかどうか?
葉っぱなら一枚一枚外し、流水で丁寧に洗浄する・・栽培農家さんの肥料等によっては殺菌洗浄も必要であると理解しているのか?
確信を持てないので食べに行かないのです。
どんなに丁寧に管理し、こだわり作られているお野菜でも衛生管理された野菜工場の野菜よりも、菌類・寄生虫のリスクは高いのです!
井戸水や湧き水や生の有機野菜を食べている人のピロリ菌などの菌類や寄生虫の感染リスクが高いことは常識です。
この尋常で無い異常気象や自然環境のなか、いつ何時、外来生物寄生の有害寄生虫や悪性の菌類が入ってこないとは言い切れない状況があるのです。
私はこのことも踏まえ、火を通し加熱処理する以外の野菜で有機系野菜や自然系野菜も含めて生で食べる野菜は特に気をつけて一枚一枚裏表断面までこれでもかと洗っています。
最近では、野菜工場の生野菜系のサンプルを取り寄せて「高額野菜」なのですが、汚染リスクが少ない生野菜の検討にも入っています。
環境変化によるリスクが既にあることが判っているからです。
もう既に外国の一部では自然系有機野菜系でも目に見えないくらい小さく流水洗浄困難な発ガンリスクをもたらす寄生虫などもいることから、殺菌洗浄して食べるのが常識化している所もあり、有機野菜系を殺菌洗浄したく無い場合は管理された「有機系野菜工場の野菜」しか無いのが現状のようであり、このことも関係してか野菜工場が増え続けており、特に良く洗い落とせ無い葉物生野菜を食べる場合などは「野菜工場の生野菜」を選択している方、需要が急速に高まっているようです。
私はお客様の健康リスクの先々を読み取り、葉物系生野菜を殺菌剤等で消毒したく無いとの思いもあり「有機系野菜工場の生野菜」を実際に毎日、食しながら検討に入っています。
追記:
農家さんは、美味しく健康的なお野菜を手塩にかけて育てられている。
その素晴らしい野菜を健康的に調理するのは料理を作る人の責任です。