IMG_8618
もう秋!山々の紅葉ももうすぐそこまで来ています。
最近、災害疲れしている方が多い?ように感じます。
実際には被災や体験をしていないのですが、画像や記事を目にする事により、疑似体験してしまうのです。
食を考えた場合、例えば、インスタや様々なSNSで画像や動画を見ている方は多く、映えのする画像を撮る事や見る事に疲れていること、情報依存に気がついていない方も増えています。
スマホやPCや食系雑誌やタウンガイドのお食事の画像を沢山見たり、口コミを読みすぎると、「実際には食べていないのに、食べたような錯覚を脳の中で起こすようです」それだけで満足したり、口コミや美味しそうに食べている人のコメントや画像や宣伝を見たり読んだりする事で「そうなんだ」と脳に書きこんでしまい、身体が必要としこれが欲しいと自ら考え感じる本来の本能を相殺してしまうのです。
お食事の画像や口コミや宣伝を目にして行って見ても、頭の中にはもう既にそのデーターがインプットされているので、目の前に本物のお料理が見えているのに、実際に口に入れて咀嚼して食べているのに、テレビや雑誌やゲームをしながら食べているような感覚になって、その食べ物に対しての適切な消化酵素の分泌に狂いが生じて、健康的とは言え無い状況になっている方も多いようです。
近年、様々な情報を目にし便利になってきましたが、その反面、脳へと勝手に入ってくる「脳内汚染」にも注意が必要に思います。