phot35444ocat
私は無農薬の野菜が大好きです!
店で使う野菜もそのような野菜を選ぶようにしていますが、世間では「農薬を使わない野菜と使う野菜」どちらが安全で美味しいか?と言う議論にまだ結論が出ていないのが現状のようです。
私たちは漠然として、農薬使わないで大切に育てられているから安全で美味しく栄養も豊富と思いこんでいます。
しかし、実際に食べている人を統計的に比較、臨床等、科学的に証明されるまでには至っているわけではないのです。
オーガニック・無添加生活に、ハマっている方とそうで無い方でも、病を患う確立は同等であることから「嗜好的、フラシーボ的」な要素が濃いのではと言う方もいます。
※すこやかなる生活とは、生活食習慣の改善や心のバランスも重要である「心身へのストレスの軽減」と私は思いますが・・・
化学肥料や農薬の使用の有無により分けられるのですが、昔の農薬は人体に対して毒そのものであったのに対して、今現在の農薬は人体に影響が出るまでのものは使われていないと言われています。
私は個人的には農薬が使われていないものが好きなのですが、農薬を使わない事で、強い自己防衛力を持つ野菜が育ってしまうことを懸念している方もいます。
野菜の生育環境にもよりますが、農薬を使わない事で、虫などからの自己防衛から人体に対しても悪い毒をもってしまう野菜があると言われているからです。
野菜も生き物ですので、食べられるのが使命ではなく種の保存「生き残り子孫を残そうと」働きが起きてしまう。
そう言う事を考える時、農薬を使わない野菜を求めるとき、害獣や虫などの少ない環境で育てられている自己防衛をまったくしなくても良い無防備な野菜を求む必要もあるのではと思ったりも致します。
只、そう言う無農薬野菜は?無いのではとも思い・・・山の中より、海のそばが良いのかな・・「山は虫や害獣多いし・・」「でも海のそばでも虫や害獣はでるそうだし」と生野菜系を選ぶ時には「山か海」悩む事もあります。
完全に無防備な野菜は「無菌無農薬で厳格に管理された野菜工場」しか無い様であり・・実際に「厳格に管理された野菜」も一部仕入れて生野菜にとお客様にはお出ししていますが、味は甘く美味しく栄養価も高く菌や虫や害獣や農薬などの影響もまったく無い安全そのもの・・温度・光・栄養・水までを管理されたもの、自然派の方は何を望むのか?
自然を優先するのならば、様々なリスクから回避するのは難しい今の時代、究極の安全かリスクを伴う自然志向を優先するか?
私の場合は、抵抗力の少ない方もいる事から「安全」を優先するかな?
免疫や消化能力に優れた方は、良いだろうけど・・
自然志向を求める方の全てがそのような方々では無い現実もあります。
私は、免疫も強く消化能力に優れ胃酸も多い健康体、味見だと「サ~っと」しか洗わないで自然生野菜を「バリバリ」食べますけど、今まで一回もお腹が痛くなった事はない!そう言う人も世の中にはいる・・・
※お客様にお出しする生野菜は裏表横とこれでもかと言う位、流水で洗っていますからご安心を!
それと前までは自家栽培のお野菜を主に使ってましたが、数年前から根菜以外のお野菜、葉物系野菜をこだわり農家様のお野菜に切り替えて使っています、これは、野生動物・ハクビシン等が畑に出没するようになり、土の上に出来る葉野菜をお出しすることを断念したためです。
野生動物が畑に出ますと、食べられるなどの被害が出ずとも、もうその畑はおしまいなのです。
とくに、生で食べる生野菜系は安全の保証は出来かねますので野生動物の出る畑の生野菜系は食べる事を避ける必要があると判断致しました。
来期は、殆どの野菜をこだわり農家様の野菜へと切り替えて行くよう準備を進めています。