IMG_8552
お野菜と大豆のハンバーグをお出しして思う事
私の店では、お肉を使いませんので、お肉の代わりに様々なお野菜と穀物とスーパーフードを使いハンバーグのようなものを作ります。
おそらく、お肉のハンバーグよりも高級です!
私はセットメニューのメインとして組み込むことがあるのですが、実際ここ数日はこのハンバーグを組み込んだメニューをお出ししています。
一般の本物のお肉のハンバーグと比較した場合、お肉のハンバーグを食べに行くと付け合わせの野菜はフライドポテト・人参ソテー・僅かな生野菜それとパンかライスと言う圧倒的に野菜が少ない構成なのに対して、私がお出しするハンバーグはそれ自体様々なお野菜が使われ植物性のたんぱく質(大豆)も使い、雑穀などのスーパーフードも使いとお野菜てんこ盛り、さらにサラダや付け合わせのお野菜料理も盛り沢山な内容です。
ハンバーグを食べるだけで結構な種類のお野菜を食べれるわけです。
世間一般の食卓事情を考えた場合に思うことは圧倒的にお野菜が少ないと言う事お肉やお魚の割合が多くお野菜は付け合わせ程度それも少~しです。
お食事を構成する場合、お肉やお魚の割合は20%位で残りを植物性で構成することから始められては如何ですか?
動物性たんぱく質を過剰摂取すると身体に負担を与え続けることで、思わぬ災いに後悔することにもなりかねません。
過剰摂取で手遅れとなる方も中にはいるようです。
野菜が多いとお肌も綺麗!胃腸も綺麗!活性酸素も抑えられますよ!
※ ハンバーグの中身は?
蓮根・人参・玉ねぎ・里芋・自然薯・大豆蛋白・大豆・大根・キヌア・豆腐・生姜・味噌・醤油・パン粉・ハーブ・ひじき・サツマイモ・じゃがいも・南瓜・人参葉が入っています。