IMG_7860ggIMG_62llllll63
巷のお弁当と自然食無添加のお弁当ではお値段が相当違うのはなぜ?
値段が倍近く違うのはなぜなのかと疑問を持たれる方もいます。
自然食系のお食事を日々求めている方は見て食べて比較すれば理解できるのですが、巷の一般的な食に慣れ親しんでいる方は食べ比べても目にしてもその違いや値は分からないものです。
添加物や合成うま味調味料や不自然な味付や不自然な色合いでも、それが普通だと思い違和感を感じない人、品数多くボリューミーでないと満足出来ない人が殆どです。
つまり、安価であること、お弁当の色合いと品数とボリュームでしか優劣を判断出来ない方が多く、そのニーズに応えるべく巷のお弁当は質をどんどん下げて見た目と安さで勝負するようになってしまいました。
今や200円~400円位のお弁当が主流となり、800円以上のお弁当は高級弁当と言われています。
巷の200円~800円のお弁当は何が違うの?と言いますと食材の質の違いではなく、見栄え品数とボリュームの違いです。
国産素材よりも外国の素材や品質安価なグレード素材・椎茸は中国産・着色料で不自然に着色されたお料理・・スーパーなら「おつとめ品」に近い素材を多用したり・・お米はグレードの高いものは使わない・・調味料や油なども最低限度のグレードのもの・・・既製品素材(大袋入りの乾燥もどきもの素材:水で戻す錦糸卵とか・・真っ赤な紅ショウガ・福神漬け・・不自然な色と合成うま味成分満載なお漬物・・冷凍コロッケ・・冷凍ハンバーグ・・冷凍フライ・・生臭さが際立った真空パックや冷凍のお魚・・) 自然食のお弁当の素材は原価が高く200円~400円では作れません。
コンビニ弁当で税込400円位のものを自然食で作るとなると粗利を削って800円位でも原価ギリギリで儲けは殆どありません。
1000円以上でやっと普通の粗利が出るかな?と言う程度なのです。
無理に巷の価値観に合わせるとしたら私の店のように自然食ショップさんへ赤字でお惣菜を出すようなことになります。
広告宣伝費としてだから出来ることです。
では、どのような人が自然食系のお弁当を食べているの?と言いますと、食べて・見て違いの分かる方々です。
巷のお弁当で満足されている方は、量も品数も少ないし色合いも緑や茶色ばかりそれで1000円位もする自然食のお弁当には価値を見出せない方は多いもの、さて、皆さんはどちらを選ばれますか?
安価で色合い良く品数ボリューミーな一般のお弁当と自然食系の色合い地味な品数少なく嵩も少なくお値段も一般のお弁当よりお高いもの。
因みに私は自然系の食事を重んじて生活していますので、巷のお弁当は気持ち悪くて吐き気が来るので食べることが出来ないのです。
外出先で食べるところがなく仕方なく巷のお弁当を食べたこともありますが、喉に入れるなり身体が「食べてはいけないよ!と拒否反応を起こすようです」
真に自然な味覚に目覚めた時には自らの身体がその良しあしを返してくるもの、食への価値観も大きくかわってくるものです。
・・・
自然食 健康食工房 たかの
やさしい自然食 ヴィーガン・ベジタリアン・マクロビ対応のお食事
石川県金沢市三口新町3-11-22
電話:076-263-7730
ホームページ:
https://kirameki-takano.com
フェースブック:
https://www.facebook.com/kiramekitakano
定休日は日曜日のみです。(場合により臨時休業日はございます。)
土曜日は営業しています。
日曜日を含まない祭日・祝日・振替休日は営業しておりますので、お気軽にお立ち寄り頂ければ幸いでございます。