IMG_8812

20年前を振り返って~自然食系穀菜食堂開業 備忘録~
先日に引き続いて、私は今の店を開業する時に、店名をいろいろと考えておりまて悩んでもおりました。
結局、私の苗字をひらがなで「たかの」としたのですが、これでは何の店かわからない?と言う周りからの意見も聞きつつ、健康食だから「健康食たかの」でいいや!と、そんな名前じゃ美味しくなさそうとか・・自然食材店だと勘違いされるんじゃない?とかで・・パン工房とか・・麺工房とか言う店もあるから「健康食工房 たかの」でと・・
なんか適当に店名は決まりましたが、キャッチコピーは?何にする・・その当時相談相手になって頂いていた、アメリカ在住で、たまに日本に来る健康指導家の先生で、本業は実業家で、マクロビオテイックの先生が「高野君の料理はファイトケミカルを上手に使って料理するから・・phytochemical cooking だね 」と言われたのを思い出して「phytochemical cooking takano」ってのを店名と共に看板やリーフレットに書き足したのです。
今の看板には書いてないけれど、20年前開業当初の看板にはphytochemical cooking takanoって入れています。
画像のものが、昔の看板の名残で、店のホームページも20年位、見出しは変わらないのでphytochemical cooking takanoって入っていますが、その当時、ファイトケミカルってなに?と言う時代で「自然食にケミカルはいけないでしょう?」みたいな、関東で結構有名な自然食材店の店主の方にご指摘されて「phytochemical 」は、その当時知らない人が殆どだった。
「phytochemical って言うのはですね」と20年前は、説明が必要だったのを覚えています。
捕捉:
ファイトケミカルとは、
phyto:植物、chemical:化学成分=植物化学成分
植物性:野菜や果物や穀物や海草類には、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの従来の栄養素それ以外にも抗酸化物質としての非栄養素であるポリフェノールやカロテノイドなども含まれます。
また、その非栄養素にはその他にも様々なものがあり、生体調節機能に深く関わっていることが数十年前から注目されてきました。
この人体に有益に作用する様々な微量非栄養素のことをファイトケミカル(phytochemical)と言うのです。
簡単に説明すればこのようになりますが、詳しく見て行けば数百冊の書籍に収まり切れない程の情報量を有しています。
詳しく知りたい方は、独自に研究してください。