金沢への台風の影響は一切なく、暴風雨も無く平穏な日でしたので、13日の日曜日の早朝テレビをつけて、こんなにも大きな災害へとなっていたことに驚きを隠せませんでした。
この度の災害に関係する全ての方に平安と安らぎが訪れますように、早く元の生活に戻れますように心からお祈り申し上げます。
金沢市は台風の影響は一切ありませんでした。
お客様から「台風災害」についての問い合わせも頂く中で、石川県全域、金沢市は、台風等の影響は無く、平穏な時間が流れています。
JR東日本の「長野新幹線車両センター」での北陸新幹線の水没画像を頻繁に目にしますので危惧されているかも知れませんが車両基地は長野県であり、土地が低く、歴史を振り返る時、水害が多く発生してきた場所に位置しているようです。
北陸三県(福井・石川・富山)には全く災害等は生じておりませんのでご安心ください。
先日、新潟からのお客様とお話していましたら、新潟も台風の被害は感じない程だったとお話頂きました。
物流も滞りなく通常通り動いております。
再開のめどはたたないと思われていた北陸新幹線も1週間後(10月中)全線復旧します。
新たなトラブルがない限りは東京⇔金沢間は通常ダイヤに戻るには時間がかかるようですが動くようですのでご安心ください。
只、それまでは、代替の移動手段を考えねばなりません。
関東から北陸には、電車では米原経由で乗り換える必要があります。

【関東方面から金沢・福井・富山に行く場合】

☆自家用車:通常通りの交通
 https://ihighway.jp/

(ハイウェイ交通情報)

☆電車:東京⇔米原⇔福井⇔金沢⇔富山
※金沢駅⇔富山駅は北陸新幹線「つるぎ」運行中。
※金沢駅⇔富山駅はIRいしかわ鉄道線 泊(富山県)行 運行中。(つるぎ運賃の半額以下:並行在来線)
米原経由は変わりませんが、どこで新幹線から在来線に乗り換えるかの選択はあります。
例えば、東京から名古屋まで新幹線で特急しらさぎに乗り換えて金沢へとか、米原まで新幹線でとか・・普通列車に乗り換えるとか・・・いろいろ

☆飛行機:富山空港(富山方面が目的)・小松空港(金沢方面が目的:金沢観光・湯涌温泉・加賀温泉等)・能登空港(能登方面が目的:能登観光・和倉温泉等)

☆高速バス:乗り換えなしで目的地まで行ける。
※深夜バスと昼バスの選択(発:午後11時 ⇔ 着:翌午前6時等)

飛行機が早いかも知れませんが、便数少なく、最終が早い、自宅と目的地が離れていると時間ロスが大きいかも知れません。
あとは高速バスを使うと言う選択でしょうか? ホテル代も浮きますし運賃も安いですし高速バスは案外おすすめです!

只、その煩わしさも、ひと時、北陸新幹線の運行再開までのこと、通常に近く戻ることでありましょう!

☆金沢市内観光客の混雑状況
関東方面からの観光客が激減して、北陸新幹線の恩恵を受けていたサービス業全般に大きなダメージが出ています。
金沢駅周辺・兼六園周辺・ひがし茶屋街周辺・近江市場周辺等の地元の方が頻繁には利用しないお土産店・飲食店・食料品店やガイドブック等で紹介されている店などの一部では、関東からのお客様に恵みを頂いていたこともあり閑散としています。
関東からのお客様に頼っていたホテル・旅館・飲食店のキャンセルも深刻な状況で、日に日に増えているようです。
地元の方がほとんど食さない「地元特産の加工品」や「ズワイガニ」や「のどくろ」などの販売にも影響が出ているようです。
この度の新幹線への災害により、関東からの旅行者の方への依存度が浮き彫りにされたようであり、飛行機や高速バスや米原経由に切り替えてまで「行きたい」と思って頂ける方が少なかった現実も露呈しているようです。
・東京から北陸新幹線で金沢まで2時間半
・東京から新幹線と在来線で米原経由で4時間半
・東京から高速バスで7時間半
・東京から飛行機で小松空港から金沢駅まで1時間40分
新幹線開業前は関西や名古屋など関西方面からのびる北陸本線からのお客様が多かったように記憶しています。
・名古屋・関西方面から電車で約2時間から3時間半

地元の方の利用を主軸とするサービス業には影響は出ておりません。

健康食工房 たかの
自然食・ヴィーガン・ベジタリアン・マクロビ対応のお食事
石川県金沢市三口新町3-11-22
電話:076-263-7730
ホームページ:
https://kirameki-takano.com

(健康食工房たかのhome page)

https://kirameki-takano.com/new_page_18.htm

(たかの特性 おせち 詳細 予約 窓口)

フェースブック:
https://www.facebook.com/kiramekitakano
(健康食工房たかのfacebookページ)