私の経営する店は、自然食無添加の穀物菜食:
マクロビオティック・・ビーガン・・ベジタリアン・・玄米菜食に対応している食堂です。

当初は、おせちを販売しようとは思ってもいませんでした。

マクロビオティックに出会う前は、
お正月は母の作ったおせちや市販のおせちを食べていたのですが、
お正月の後半になって来ると、からだが重くなり、眠くなり、風邪をひきやすくなったりしていました。

でも、季節柄、そのようなことになるのだと思い込んでいたので気にもかけなかったのです。

でも、マクロビオティックに出会ってから、それがわかってきたのです。

お砂糖いっぱいで、添加物がいっぱい、
それに、コストと人件費の関係から、
出来合いのお惣菜がじぐぞーパズルのように盛り込まれていたりすることは、
私が料理に携わる仕事をしていたので前からわかっていたことです。

しかも、動物性食材のオンパレード、動物性食材は、時間がたつほど酸化しやすく、
只でさえ動物食を消化するにはエネルギーとエンザイムを多量に消費しないといけないのに、
時間が経過した動物食は、からだが悲鳴を上げてもっと酸性体質になってしまう。

それを元に戻すのに、体内のカルシウムやエンザイムを使いすぎ、
からだはクタクタ・・・・挙句の果てに白砂糖の大盛りで尚のこと酸性体質に・・・・
それを添加物や合成食材が後押しするしまつ。

免疫低下がおこり、風邪をひきやすくなったり、
疲れがどーっと蓄積されていく・・・・・・

からだが重くなり、眠くなり、風邪をひきやすくなるのは、当たり前のこと。

ではどうするか?

からだに優しくからだに美味しいおせちを探そう!

でもどこにもない? おせちは晴れの日の料理と言う理由で、
普段健康に力を入れている料理屋さんでも、あまり変わり映えしない料理の数々、
動物性がいっぱい・・・白砂糖がいっぱい・・・

そうなら、自分でたべたいおせちを作ろう!

それが、自然食無添加のおせちを作り始めた理由なのです。

でも、売るつもりはなかったので、自分で作って家族で消費していました。

それがたまたまお客様とお話していた時に、
毎年自分で食べたいおせちを作っていると言う話になりまして、
「私も欲しい売ってくれませんか?」と言う事になったのです。

それが口コミで広まり・・・・毎年おせちをお作りすることにつながりました。

皆さんにおせちをお渡しして、9年が経とうとしています。

今年も残りわずかとなり、おせちをお作りする日も近くなってきました。

おせちの予約も、大分埋まって来ましたし、
後は食材の仕入れとかなんとか・・・・色々な雑用が待ったなしで待っています。

今もおせちの予約を受付中です。

20134nkou00120093

    おせちの紹介と予約のページ