「おせち」なぜ?
飽き、飽きないのか?その違いは?

料理に飽きてしまうことは良くあるものです。

特に今の季節になると、最も飽きを心配するものは?

やはり・・・「おせち」ではないでしょうか?

安いものなら食べ残しがあったとしてもある程度は仕方がないか!と諦めもつきますが、
それが「おせち」ともなりますと、結構な金額で、もったいないからと、
注文された方が責任を取って食べることとなるようです。

でも、それが健康にこだわり、
体の中に吸収された時のことまで考えて調理されているものなら良いのでしょうが、
世間一般の健康にこだわりを持つおせちとキャッチコピーされているものであっても、
晴れの日の料理というように、そこまで考えて調理されたものは殆ど無いと言っても良いくらいです。

責任を取りつつ食べ残しを食べて、
とんでもない体調不良を毎年おこしている人はいませんか?

では、なぜ?飽きるのか?

それは、体からのSOSなのだと思います。

「体が受け付けないからこれ以上は食べてはいけませんよ!」と言う体からの警告です。

世間一般の自然食やこだわりと称するおせちでも・・・
残念なことに、殆どが晴れの日の料理
(一年に一回くらいある程度はこだわらなくても大目に見てもらおう!と言うお料理)
の所が殆どなのです。

たとえば、お砂糖(単糖類)がいっぱい入っていたりする・・・・
体が酸性化し、PHバランスが崩れてそれを立て直すのに、体内のカルシウムを浪費してしまう。

植物性のものとは違い、お肉やお魚やえび・・・動物性のものは、
細胞が機能しなくなると同時に急速な酸化が進みます。

特におせち類は、動物性細胞が死に至ってから結構な時間が経過しています。

それを、体に取り入れることで、消化にかなりの負担があり、またそれに伴う、
体内酵素の浪費や、またもや、PHバランスが崩れてそれを立て直すのに、
体内のカルシウムを浪費してしまうことにもなりかねないようです。

この時期の体への負担は・・・風邪をひきやすくなったり、
疲れがどーと一気に出始めたり・・・・体が冷えてしまったり・・・やる気が起こらなくなったり・・・
悲観的になったり・・・・といろいろな弊害を生み出しかねません。

それは、過剰に体にストレスを与えた結果だろうと思います。

まず・・・動物性のおせちを買われた殆どの方々に言える事、
不幸にも食べ残ったとしても、もったいないからと思わないで、思い切って捨てることです。

それが、こだわりのおせちや手作りおせち、
自然食のおせちと宣伝されているものであったとしても、
その内容に、肉、魚、えび・・・肉魚介類のだし汁が使われているものならば、
食べ残しは捨てた方が体へのリスクは少なくなると思われます。

まず・・・体からの警告に素直になることです。

我々の胃腸は、第二の脳とも呼ばれています。

体に負担のあるものが入ってくると、拒絶反応を起こすように機能しているのです。

だからと言って、私のおつくりしている純植物性で、単糖類を使わないおせちを探すのは、
多分、大変であろうと思いますし、高額が普通です。

ご自分で作るのが良いかも知れませんが、特別な技術力とノウハウが必要となります。

でありますから、
まず・・・動物性のおせちを買われた殆どの方々に言える事、
不幸にも食べ残ったとしても、もったいないからと思わないで、無理して食べないで、
思い切って捨てることもひとつの選択だと思うのです。

そう・・・・でもお肉やお魚も食べたい?

そうですか?

それならば、新鮮なものを調理して、すぐに食べる方がリスクをかなり、
低く抑えることが可能だと思いますし、食べ残しも少ない!とてもお得かもしれません?

私のおせちを毎年ご予約されるお客様の中で、
私のおせちの他に、どうしてもお肉とか欲しい方のために、
ご自分で少しだけ用意される方もいるそうです。

その方が、費用をぐぐぐぐっと・・・抑えることができるそうです?

わたしのおつくりしている「おせち」は、
毎年、飽きることが少ないと多くの方に喜ばれてもいます。

体に負担になるものは少ないから????でしょうか?

体からのSOSが少ないおせちを今回も目指します!


---------

 

                 

隣県の富山県・福井県・県外のお客様も、
大晦日取りに来られる人気のおせちです。
       

たかの おせち料理、画像を公開中!                

毎年好評のたかの穀菜食オリジナル
無添加自然食の手作りおせち!

毎年、お盆過ぎから12月半ばごろまで、

限定数、予約受付中!

おせちの詳細ページ

http://kirameki-takano.com                                         
http://facebook.com/kiramekitakano

携帯用
        (たかの)モバイルサイト


たべログ
        (たかの)モバイルサイト


(たかの)モバイルサイト
        スマートホン対応サイト