金沢市 お野菜たっぷり穀菜食堂 私は自然食料理人ベジにマクロビクッキング

金沢市で自家栽培の野菜を中心に無添加のお料理とお弁当・オードブル・おせちなどを手掛ける植物性100%の自然食ベジタリアン・マクロビオティック、ビーガンレストランの自然食料理人TAKANOブログ。

タグ:ビーガン

自然食と言う大きな枠の中では、それぞれ異なる食べ方や生活法があり、自然食に入るであろう各種の食事スタイルが全て同じものであると混同することは、すこやかなる時を求めるものにとって誠に持って残念なことです。

そして、その中でも、同一のものであると、錯覚しているものも良くあります。

マクロビオテイック(穀菜食) ベジタリアン ビーガン 精進

と言うものも混同される事は多く、異なるものであることを理解できている方は、真にすこやかなる時を追い求め学んでいる方々に限られます。

各々の生活法は、それを志す意味合いに於いて方向性が同一ではありません。

では、混同されやすい各々の生活法について簡単に解説いたしましょう。

ビーガンとは、衣食住全てに於いて、動物由来の物を完全に避け、動物由来の皮製品や毛皮なども一切身に着けたり使用せず、動物由来の成分からなるものも一切使いません。

そのこだわりは半端なものではなく、動物を殺傷しないウールやミルクなども、動物を傷つける奪うことにつながると考え、使用いたしません。

厳格なビーガンの方の中には、ワクチンなども有精卵を使い作られていることから避ける方もいるほど、健康を求めると言うよりは、動物愛護・無殺生などの独自の精神世界的な理想を追い求めて形成されている生活法です。

動物性の物を身に着けない使わない、奪わない、食べなければそれで良いと言う考えに傾倒する傾向もあり、そのため、ある意味、健康的なこだわりが緩く、食に於いては、からだの中でどのように変化しすこやかなる時をすごすことが出来るのかまでは、深く探究することは少なく、食材の個々の不自然な科学的な成分までは考えないこともあります。

食習慣や生活習慣の改善などによりすこやかなる時を目指すと言うよりは、ビーガンの方々の理想とする精神世界の向上を主に求めている生活法とも言えます。

それに対し、マクロビオティック生活法は、ビーガンの方々ように、精神世界を主に求めている生活法と言うよりは、すこやかに明るく生活していくことを主に目的とした生活法であり、食習慣や生活習慣の改善などにも力を入れ、食に於いては、厳格なこだわりがなされ、からだの中でどのように変化しすこやかなる時をすごすことが出来るのかまで考え、自然の摂理を独自の方法により理解し応用していくと言うことで、バランスを保ちそれが、精神面の平安や平和と言うものにも結びつくとの考えがあります。

マクロビオティックでも、ミルクや動物性食材は避けますが、それは健康のために避けるのであって、動物愛護のために避けるのではありません。

皮製品や毛皮やウールなどは身に着けますし、有精卵から作られるワクチンなども抵抗なく受けることもできます。

絶対にこれは食べてはいけないと言うような強制力はなく、基準となる考え方や基本はありますが、最終的には、自己判断、自己責任により、自分にとっての最適な食べ方なり生活法なりを見出して行くものです。

ベジタリアンは、とても幅の広い枠であり、その枠の中でも様々な生活法があり、簡単に書き込むことは難しいほど、多岐にわかれています。

精進料理は、巷の料理人が作る精進料理と、お坊様が修行の流れとして作る精進料理とは大きく異なります。

巷の料理人が作る精進料理は本質的に精進料理ではありません。

調理方法や食材や調味料などで異なることも多く、それを理解できる人は少ないものです。

精進料理とは、厳しい修行の中でのお坊様が作るお料理であり、ビーガンとは少し異なりますが、精神世界を主とした料理であります。

さて、わたしの経営する「自然食穀菜食堂 健康食工房たかの」は、マクロビオティック(穀菜食)を基本として調理いたしておりますが、ベジタリアンの方々やビーガンの方々や精進の方々も食べることのできる北陸でも唯一のお店として、今から12年前にこの地、金沢市で、2000年から開業しているレストランです。

マクロビオティック実践者、ビーガン実践者、ベジタリアン実践者、自然食実践者、健康食実践者、玄米菜食実践者・・・・・・
そして、普段からお肉が好きな方お魚が好きな方ジャンクフードが好きな方にも、食べて頂ける穀菜食の料理を開発し、隔たりなく多くの方々にご利用頂いています。

金沢市で、自家栽培の野菜を中心に天然名水品質の水を贅沢に使い、食材にこだわり、からだにやさしい からだに美味しい水と食、すこやかなる日々に願いを込めて立ち上げた自然食レストランとして、遠方からでもお食事に来られるお客様が絶えることがないことに、心より感謝しております。

マクロビオティック説明ページ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

精進料理とベジタリアン(菜食)と私の料理の違い

たまに、お客様に聞かれるのですが、
精進料理や無添加野菜中心の料理と同じものですか?と。

動物性のものを使わないことは似ているけれど、違うと言えば違うのです。

世間一般の人の考える「精進料理」とは、
お寺のお坊さんが修行の中で作る精進料理でなくて、
料理屋の料理人が作る精進料理のことを言っているのだと思います。

お砂糖もいっぱい使っているし、合成着色料や、
化学調味料・・・一般のスーパーマーケットで売っているような大量生産の醤油やみりんなど、
添加物いっぱいの野菜やお米、皮はムキ、下茹でしたり、
野菜の栄養が生かされない料理、健康的とは言えない精進料理。

ベジタリアンの料理もそれとよく似ている場合があり、
動物愛護の平和的な思想から、作られている場合が多く、
料理屋の料理人が作る精進料理のように、食材まではこだわらない事が多い。

お坊さんが修行で作る精進料理は、
全てを無駄なく頂く、皮をムイたり、下茹でしたりしない場合が多い
しかし、とても少ない量で、修行が主として考えられているため、
タンパク質などの栄養素が不足している場合がある。

また、ゴフン抜きと言う、玉ねぎやニラやニンニクなどを使わない場合も多い。

では、無添加野菜中心の料理?

これも違う、マクロビオティックの料理は、
只、無添加の野菜を中心に使えば良いと言うものではない。

それと、手塩にかけて育てたお米、稲作農家の顔が見える「・・・・産」・・ブランド米であっても、
使われるお米は、完全に近く無農薬でなければ意味を持たない。

この主食であるお米は、玄米(健康的な側面から考えると発芽玄米)
他の食材(野菜など)から見ても絶対にグレードを落とすことはできない中心的な存在なのだ。

野菜はともかく、
主食である無農薬の玄米が入荷できなくなった場合は、とても困ることになる。
の農薬でなければ、玄米は食べれない!

食材の組み合わせ方は、
様々な雑穀などの穀物や海草類や野菜を組み合わせて、
バランスを考えて作ることになる。

それと、譲れないものが水、
天然に近い水質(天然名水品質)の水環境で作業しなければいけないのです。

つまり、
ある意味似ているように見えても、なぜ作り、なぜ食べるのかと言う目的が違うことで、
使う食材や、調理工程や食べる意味合いまでも
大きく違ってくるのです。

各々独自のこだわりがあり、全て違う意味合いを持っています。


もっと詳しくは、「たかの オフィシャルサイト」
「おさるさんでもわかるマクロビオティック解説」をお開きください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

健康食工房たかのは、2000年に開業しました。
もう、開業してから十数年がすぎました。
今では、穀物菜食、玄米ご飯屋としても金沢では知名度はあります。
マクロビオティックの店として産声を上げた「たかの」ですが、ビーガン食にも完全対応しています。
ピュア・ベジタリアンにも完全対応しているのです。
このような店は金沢では珍しく、またマクロビオティックとなると、私のお店しか無いのではないでしょうか?
外国からのセレブの方々もこのような住宅街の中ほどにある小さなお店に来て頂いています。
お店の2階のお部屋も、お得にご利用頂けます。
テーブル席と小上がりは、予約は必要ありませんが、
お部屋は、完全予約制で、大人の方5名様以上からが対象です。
2階のお部屋設備 : 
化粧室(浄活水)・洗面コーナー(浄活水)・電子ピアノ(夜間のご使用は除く)・テレビ(ビデオ接続可能)・ホワイトボード
5名様から最大20名様まで、ご利用可能 お食事1000円~コース料理3150円まで。
ご使用例 : 
女子会・婦人会・忘年会・新年会・誕生日会・お母様の集まり・打ち上げ・会食・お食事会・歓迎会・送別会・反省会・・・
(1階は、テーブル席:10席~12席 2畳小あがり:4席 通常は予約はいりません)
使い勝手のある食堂です。

健康食工房たかの
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私が、初めて自然食に出会ったのは、今から十数年前になります。

それも自然食の中では特に健康や自然治癒力を重んじる
マクロビオテイックに出会ったのですから、その出会いは衝撃的なものでした。

動物性の物は一切使わない・・・卵や乳製品(乳由来の発酵食であるチースやヨーグルトまで・・)
豚肉・牛肉・鶏肉・魚貝類など動物性食材は一切使わない料理。

白砂糖や科学的な添加物は使わず・・・・・ホールフード:玄米や雑穀・・・無精白の食材

とても味気なく・・・甘くなく・・・インパクトなるものが感じられなかった。

それ以前の私の食事は、うまい料理屋があると聞くと食べに行き、
お肉・・・魚・・・中華・イタリアン・フレンチ・割烹・・・寿司・・ジャンクフード・・・
高級から大衆まで、仕事が終われば食べまわり・・・・週末には遠出まで・・・
今では考えられないくらい外食に走っていた時期がありました。

半分は勉強として食べに行っていたのですが、
食べ歩きに使ったお金も半端な額ではありません。

そのような時に都会で自然食に初めてであった時、私自身、料理人であったため、
皮をむかない・・あくも取らない・下茹でもしない・・出汁に鰹節も何も入れない・・・・・
甘味も少ない・・・・あまりおいしいとは思えないもどき料理の多さ・・・
精進料理でもない・・・?・・・衝撃的な出会いであったのです。

近くに座っている人は、
これあまーい、美味しい・・・と感動しているが、私はその甘さや美味しさがわからなかった。

「このりんごお砂糖を食べているみたい・・・」

私にとっては普通のリンゴ、それなりに甘いが砂糖を食べているような強い甘さではない。

デザートも甘くない・・・これはおかずか?

出汁に旨みが無い・・・・

それを周りの人は感動の声をあげて美味しそうに食べていた。

私だけが取り残された異世界にでも行ったような感覚だった。

それからしばらく・・・その衝撃的な出会いから元の美食生活にますますのめりこみ、
自然食事態も忘れかけていた時期に、
たまたま、マクロビオティックの長期セミナーを受講する機会を得たのです。

私はもともと免疫力が高く、滅多に風邪をひく事もなく、
暴飲暴食しても太ることもなく、切り傷もすぐに完治してしまい、
信じられないくらいジャンクな生活をしていたが、全くの健康体であって、
その当時、30代でありながら、年齢よりも外見、相当若く見られるほど、
健康に関しては関心が無かったのです。

(今は、若い時のジャンクな生活を続けていたらと思うと怖くなります。
         年齢が上に行くほど太りやすくもなり、免疫も低下して行くからです。)

ですので、そのセミナー自体もあまり関心が無いまま受けたと言うのが本心でした。

そこにはがんの方やアトピーの方や様々な病に苦しむ方々・・・・
健康やダイエットに関心のある方・・・エステやヨガや整体や化粧品のメーカの方や
エコロジー関係のビジネスマンの方々・・・
医療関係の方・・・看護士さん・・・ドクター・・・栄養士さん・・・
有名なホテルのシェフや料理人の方々が多く来られていました。

えっ~こんな有名な方まで・・・

病気で苦しんでいて今にも倒れそうな弱い方でも、
セミナーが終わりに近づくにつれて、顔色も良く何か元気になっているような?

なんかこの食事法は素晴らしい・・・・
ひょっとしてこれから注目されていく新しい食であるように感じられたのです。

それから専門書を読み漁り・・・・セミナーがあるとは出かけて行きました。

今は違いますが、
がちがちにマクロビオティックにはまっていた時期です。

店を始める3年前後、肉も魚も卵もミルクも一切からだに入れない、
マクロビオティックにこだわった生活をしていました。

今は昔に比べれば、がちがちに凝り固まった生活はしていませんが、
肉も魚も、一般の人から見たなら食べないに等しいくらいの食生活です。

そのがちがちにこだわっていた当時、私の子供は食物性のアトピーでした。

痒くなるとステロイドを塗っていました。

でも考えてその子にあったマクロビオティックの食事を食べさせたところ、
とても良い結果が表れたのです。

それ以後、ステロイドを塗ることもなくなりました。

ご縁とはとても不思議なものです。

その当時、外国から年に数回日本に来られる
マクロビオティックの先生を紹介して頂く機会があり、
その先生のセミナーを企画して、数回開くなど・・・かなりはまっていたのです。

その先生は、アメリカでビジネスを成功された方で、
すい臓がんを患っていて、アメリカでマクロビオティックと代替医療で、
それを克服されてきた経験をお持ちの方であり、アメリカの会社を社員に任せて、
年に数回日本に来られてマクロビオティックのセミナーなどをされていた方でした。

今はお付き合いはありませんが、アメリカでご活躍のことでしょう?

その先生に初めて出会った時に、
「ごく一般の食事をしている人はマクロビオティックの料理は美味しくないと
感じるだろう・・・でも料理人なら動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても
美味しく作れるのが当たり前だ・・
・君は動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても一般の人が
普通に食べれる
マクロビオティックの料理が作れるかね?」と言われました。

先生は、私の作る料理をとても好んでいただきました。

美味しい美味しいと食べてくれていたのを思い出します。

アメリカの会社が忙しくなり、今までのように来れなくなると・・
お帰りになるときに、ニューヨークにレストランを出す計画があるけれど、
手伝いに来てくれないかとも言われていましたが、私はお断りいたしました。

とても良い経験をさせて頂きました。

私の店は、ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックを
されている方だけ来るお店ではありません。

都会ではともかくも、
北陸では、ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックや自然派志向をされている方の
人口は極めて少ないのです。

ごく一般の普通の食事をされている方の方が多くご来店頂いています。

肉も魚も使わないおせち・・・・その殆どのリピーターが、ごく一般の方々です。

「ごく一般の食事をしている人はマクロビオティックの料理は美味しくないと
感じるだろう・・・でも料理人なら動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても
美味しく作れるのが当たり前だ・・
・君は動物性の出汁を使わなくても肉も魚も白砂糖を使わなくても一般の人が
普通に食べれる
マクロビオティックの料理が作れるかね?」

お店を開いてから十数年そのアドバイスを今も忘れることはありません。

私のお店には、県内外から週末ごとに通われているお客様や
お店を開業してから十数年間、毎日のようにご利用頂いている常連様、
毎年、おせちを予約して頂いているお客様や、
ベジタリアンやビーガンやマクロビオティックや自然派志向の方はもちろん、
ごく普通の食事スタイルで生活されているお客様にも喜んでご利用頂いています。

しかし、そのように喜んで帰られるお客様がいる反面、
そうでないお客様も中にはおられます。

万人に喜んでいただける料理は難しいものです。

少しでも喜んでいただけるように・・・・
違和感なくからだにすーとなじんでいくからだにおいしい料理を目指して・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ