昨日、県外のお客様より、
金沢市は、放射能に関して安全ですか?
とのお問い合わせがありました。

お客様は、使っているお野菜やお水・・・・金沢市の生活環境全般に於いて、
放射能が安全かどうか?
金沢市へのご旅行を思案されているようでした。

事故原発より、金沢市は数百キロも離れており、
台風も寄せ付けないほど山々が壁となっている地形に位置しており、
風向きも、日本海側から内陸へと流れるなど・・・・
健康嗜好の方々の間でも、「地元の食材を使っていればいいんじゃない~」位の
危機感と言うものはあまり意識していない場合が多いのです。
最近は、事故原発の報道なども少なく、
あまり、放射能について話題になることも少なくなってきました。

私の店では、地元産の野菜やお米・・・(自家栽培のお野菜中心)を使い、
オーサワジャパンやムソーと言った、最も健康にこだわりがあるマクロビオティック食材
の問屋さんが選び抜いた食材を使っており、食材に関してあまり心配はしておりません。

放射能物質に影響されやすいと言う、国内産原木干しシイタケも九州から取り寄せていますし、
水の関しては金沢市は全く心配はいらないのですが、放射能物質をろ過できるという、
粒上活性炭がぎっしり詰まっている浄活水器も導入して、トイレの水まで浄活水させています。

とにもかくにも、地元産の食材と独自の厳格な検査体制が整っている問屋からの
食材を使うことで、ある程度の安心は頂けるのではないかと思っています。

最近、あまり報道されていない、
事故原発の現状ですが、事故原発に近い所にお住いの方にとっては、
危機的な思いと言うものが強いのでしょう?

それと事故原発よりも遠く離れた、海外からの方々や沖縄や九州の方々からすれば、
事故原発より、数百キロも離れており、
台風も寄せ付けないほど山々が壁となっている地形に位置しており、
風向きも、日本海側から内陸へと流れる地域でも、
心配なのかもしれません。

 

リスクを極限まで回避するならば、
選び抜いた食材を使っている完全なるベジタリアン食(完全菜食主義:ビーガン)で、
(ビーガンは動物食は食べないが、その他の食材にまでこだわらない場合が多いので注意)


ビーガン食の場合、場合により、栄養バランスが崩れて体に支障をきたす場合も考えられるので
バランスと安全を考えて生み出された「マクロビオティックの食生活」を始められたら、

リスクは軽減できるものと思います。

 

しかし、こだわれば、こだわるほど、一般の外食などは利用できない事となります。

健康的な食材を仕入れての自らの自炊、手作りの食生活。
外食は、マクロビオティック関連のレストランを利用するしかないと思われます。



tfdfdfdakanomisetennpogaiheki


http://kirameki-takano.com/

http://facebook.com/kiramekitakano
携帯用
(たかの)モバイルサイト
たべログ
(たかの)モバイルサイト