金沢市 お野菜たっぷり穀菜食堂 私は自然食料理人ベジにマクロビクッキング

金沢市で自家栽培の野菜を中心に無添加のお料理とお弁当・オードブル・おせちなどを手掛ける植物性100%の自然食ベジタリアン・マクロビオティック、ビーガンレストランの自然食料理人TAKANOブログ。

タグ:健康食工房たかの

IMG_8804
自然食を食べ続けていると変わるもの~
お客様からこのような食事を続けると身体が変わって行くでしょうね?とお話を頂くこともございます。
私の店は、自然食の大きな枠の中でも「穀菜食」を基本としています。
野菜や穀物や海草などで構成され動物性の素材を使わないお料理ですので、日頃からお肉三昧やジャンク三昧されている方はリセット目的で、やさしいものを求めるナチュラル志向の方や、完全菜食主義者であるヴイーガンの方や、ベジタリアンの方々や、ダイエットの中休みの方や、人から見られるお仕事の方や、身体のデリケートな方や、アレルギーなど動物性のものを身体が受け付けない方にも喜ばれてはいるのです。
身体中にタトゥーを入れられているハードロック系のアーティストの方々もお見えになられています。
見かけは「ワイルド」ですが優しい紳士的な方なのですよ!
それで、作り手のわたしはと言いますと「完全菜食主義者:ヴイーガンではありません」何でも食べれるのですが、極めてナチュラルに近い食材を選び生活をしています。
生活基本となる自宅の水周りも、お風呂と台所の蛇口に高性能浄水器をつけて塩素の全くない環境で生活もしています。
一般的なスーパーマーケットにある様な調味料などはここ20年近く自宅にも置いていません。
わたしの奥さんは私の作る様な料理は作れないため動物性のものも使うわけですが国産こだわりの物しか選ばず、動物性素材などを食すのは週の内に数えるほど、しかし、外食や旅の先では何でも食べれる私ではあります。
店でお出しているものは極めて厳格ではありますが、こんな「ゆるい自然食ポイ」日常生活をしているのです。
時にはこだわり、時にはゆるめるがバランスが良いと感じてはいます。
さて、その「ゆるゆる」でも、自然食を食べ続けていると変わるもの~と考えてみました。
・人気店に行っても美味しく感じなくなったこと。
・塩素臭に過敏になり気持ちが悪くなること。
・外食で出される水が喉に絡むように不味く感じること。
・市販のジュースや缶コーヒーなどが異常に甘く感じること。
・市販の甘いお菓子に気持ち悪くなるほど違和感と甘みを感じること。
・市販のパンに美味しさを感じなくなること。
・市販のお弁当類を食べると気持ち悪くなること。
・合成うま味調味料が際立ってわかること。
・外食の油に違和感を感じること。
・白砂糖の「尖った」甘みに不自然を感じること。
・牛肉の独特な匂に吐き気を感じること。
・鶏肉のブロイラーが気持ち悪くなること。
・肌の老化スピードが遅くなること。
・口に運ぶと養殖の魚が気持ち悪く養殖だと直ぐに分かること。
・合成着色料に違和感を強く感じること。
・イライラするなど感情の激高が抑制されるようになること。
・やさしく穏やかに相手を思いやれるように心が変化すること。
・周りからよいしょされても天狗にはならないこと。
・他人をうらやんだり、非難中傷や愚痴などは言わなくなること。
・ひらめきやアイデアが知らずとあふれてくること。
その他・・いろいろ
不自然なものに対して、身体のセンサーが敏感に反応するようになる。
食に普段からこだわらない方でも、本物を見分ける能力を得たい方・真の美食家になりたい方は「自然食」を目指すことでその力を得られやすいかも知れませんよ!

健康食工房 たかの
自然食・ヴィーガン・ベジタリアン・マクロビ対応のお食事
石川県金沢市三口新町3-11-22
電話:076-263-7730
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北陸の金沢人は保守的な方が多いと思われますが、
流行にはとても敏感なのです?

このわたしも例外ではありません。
流行りもの好きな私は・・・・
熟年世代でありながら、試行錯誤で
お店のFacebookページを作りました。

https://www.facebook.com/kiramekitakano

まだカスタマイズしなければいけないかもしれませんが、
とりあえず出来たので、ご報告します。

お店や企業の公式のFacebookページは、
会員ではない人はコメントやいいねボタンなどは使えませんが、
個人のページと違い、Facebookの会員になっていなくても見れるんですよ!

Facebookページは、機能的すぎるブログのようなものですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

facebookが世界中で人気です。

只、日本においては、利用者の殆どが10代の後半から30代の半ばに集中していて、
それ以降の年代の人は齢を重ねるにつれて少なくなっています。

40代に入ると、急に利用者が少なくなり、50代過ぎるとほとんどの方が使っていなかったりする。

年代を重ねるにつれて、個人情報の公開が、好ましくない・・・慎重になるためであると思います。

でも・・・日本でも利用者が増大している状況であり、
若者の注目度に影響されつつ、熟年層にも、facebookが浸透していくことでしょう?

今、熟年層は、様子をうかがっているのだと思います。

と言うことで、日本の企業は我こそはと言うように、facebookの利用を始めています。

自社サイトを持っているのに、facebookでのページを作り始めている・・・運営しているのですね。

近い将来を見ているからです。

それに、facebookは進行形であり、ものすごい速さで進化しているのです。

ブログからfacebookへ home pageからfacebookへ メールからfacebookへ 
世界的なレベルで、利用者が流れているようです。

と言うことで、私のような熟年世代は、勉強しないとついて行けません。

専門書を買いあさり、facebookの作成に入っているわけです。

個人のページは作ったのですが・・・・・まだまだ改良の余地があるようです。

今は、下のリンクhome pageしかありませんが
近いうちに、自然食穀菜食堂 「健康食工房たかの」のfacebookページをお知らせいたします。
http://kirameki-takano.com/



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ